雑録

【感想】少女☆歌劇 レヴュースタァライト

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第12話「レヴュースタァライト」の感想・レビュー

少女から新たな可能性を引き出すべく不幸を与えるキュウべえやキリンは消費者自身なんだよ! 需要と供給。作品は制作者だけでは成り立たず消費者が必要で、両者がいるからこそ成り立つ。 誰も見たいと思わなければ、シナリオが綴られることは無い。 それ故消…

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第11話「わたしたちは」の感想・レビュー

ひかりの失踪により煌めきを喪失した華恋をバトルロイヤルした仲間が励ます話。 キリンによるバトルは敗北者の煌めきを代償に優勝者の望みを叶えるものであった。 ロンドンでそのことを実感していたひかりは優勝しても燃料を望まじ失踪することになる。 これ…

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第10話「されど舞台はつづく The Show Must Go On」の感想・レビュー

神楽ひかり・愛城華恋VS天堂真矢・西條クロディーヌのタッグバトル。 ひかりと華恋は東京タワーで髪飾りを交換した土産屋を訪れ更なる絆を獲得。 その一方でクロの激しい嫉妬羨望憧憬を天堂真矢は全て包み込み昇華させる。 ひかりがパートナーを選ぶ際に愛城…

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第9話「星祭りの夜に」の感想・レビュー

スタァライトの内容を紹介しつつ、大場ななのループが打ち破られていく話。 バトルロイヤルに勝利し続けることで高1の学園生活をループさせてきた大場なな。 その理由は中学時代に演劇を志しながら空中分解し孤独になったことに起因していた。 高校に進学し…

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第8話「ひかり、さす方へ」の感想・レビュー

青春時代の少女の感情・その煌めきを利用するのは、やっぱりキュウべえシステム! レヴューは優勝者の願いと引き換えにその他の参加者の煌めきを奪うものであった。 イギリスでレヴューに参加し敗れたひかりは華恋と交わした情熱を忘れてしまう。 しかし皮一…

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第7話「大場なな」の感想・レビュー

いきなりループもの。成功体験に囚われた少女が繰り返し高1時の舞台を繰り返す話。 憧れのエリート学校に入りみんなで舞台を成功させ絶頂の快感を得た大場なな。 だがしかしそれは持てる者の論理であり裏では敗北者たちが負の感情を拗らせていた。 それを目…

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第6話「ふたりの花道」の感想・レビュー

才能に胡坐をかき努力することを怠り煌めきを喪失した京都人の話。 日舞の家元の家系である花柳香子は血統によりもたらされた才能を枯らしてしまう。 一方で香子の使用人であった石動双葉は努力を続け、ついに香子を凌駕する。 ずる賢く立ち回る事しかしてこ…

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第5話「キラめきのありか」の感想・レビュー

百合的な関係に依存していた少女が自己の初志を思い出し再起する話。 露崎まひるは北海道の辺境の地から東京の名門演劇系高校に進学する。 上京する前には抱いていた煌めきは都会の喧騒で霞み自己を喪失していく。 そんなまひるが見出した人生の意義とは同じ…

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第4話「約束タワー」の感想・レビュー

かつて交わした幼き日の約束を胸に抱く主人公と幼馴染が絆を新たにする話。 主人公の愛城華恋と幼馴染神楽ひかりは二人でトップスターになる夢を描いた。 時は流れ、再開した二人だが、ひかりは自分だけが過去に縋っていると恐れていた。 東京を彷徨うひかり…

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第3話「トップスタァ」の感想・レビュー

いきなりラスボスバトル。トップは孤独で良いとする思想の持ち主:天堂真矢。 2番手であり真矢をライバル視するフランス人を物ともせず次いで主人公にも勝利する。 フランス人は子役時代にトップだっただけに現況において余りにも真矢に固執しすぎている。 一…

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第2話「運命の舞台」の感想・レビュー

メガネ回。第1話で主人公の割り込みを受け倒された少女の話。 これまで勉強一筋だったメガネは幼少期に舞台を見たことで人生が変わる。 勉強で良い成績を取ることが全てなのではなく役者に煌めきを見出したのだ。 しかしいくら努力してもトップとの差は大き…

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第1話「舞台少女」の感想・レビュー

役者を養成する学科に通う高校生の少女たちの悲喜交々を描く作品? 前半は中ランク程度の主人公の視点で役者養成の紹介が丁寧に映し出されていく。 そんな中、主人公の幼馴染が突如転校してくることで物語が動き出す。ガールミーツガール。 なんと幼馴染は転…