雑録

ハイスコアガール

ハイスコアガール DASH①の感想・レビュー

28歳独身の教師になった日高小春が再び格ゲーへの情熱を取り戻す話。 時間軸は2007年。日高小春は教師になったがただ淡々と生きていた。 しかし中3の担任となり問題児ばかり押しつけられ精神的に疲弊していく。 そんな中、担任生徒がゲーセンに入り浸るよう…

ハイスコアガール「ROUND12」の感想・レビュー

なんという「あのね商法」!続きが観たい人は、OVAを買ってね!!中途半端に終わる。 単行本のオマケページの小話をアニメ化して、A-partで終局させた方がシナリオとしては良かったのでは? 折角前半で大野さんとイイ感じに終わるのに、後半は日高さんの告白…

ハイスコアガール「ROUND11」の感想・レビュー

1995年6〜7月。厳格な家の躾に鬱屈する大野さんを救い出すのは、いつだってハルオ。 疎遠と親密を繰り返しながらも、大野さんのピンチの時には必ず駆け付けるハルオが良い味出してます。 ハルオが自己のプライドに拘った挙句、空回りして一人相撲となるパタ…

ハイスコアガール「ROUND10」の感想・レビュー

1995年6月。挫折回。第一志望に落ち、好きな女に引け目を感じ、さらにはゲームでもフルボッコ。 挫折から立ち上がるという構図はどの作品でも大好物なのですが、本作も屈指の名場面となっています。 劣等意識に駆られ諦めかけるハルオが、ゲームキャラから発…

ハイスコアガール「ROUND9」の感想・レビュー

1994年8月〜1995年2月。中学生編最終回。ハルオが明確に大野さんと一緒にいたいと認識する話。 お嬢様の息抜き役と誤魔化していたハルオが、自分が一緒にいたいんだ!と覚醒する場面が見所。 川崎デートの後、進路選択で離れ離れになることを改めて感じたハ…

ハイスコアガール「ROUND8」の感想・レビュー

1994年6月修学旅行編その2。大阪梅田のスパ2X大会に参加する話。インド人を右に。 1年以上に渡る別離と再会、2ヵ月に渡る原因不明のいがみ合いは、文字通り戦いを通して和解に至る。 決勝で舐めプをされたと勘違いしたハルオが、大野さんへの思いの丈を叫…

ハイスコアガール「ROUND7」の感想・レビュー

1994年6月修学旅行編その1。ゲームにばかり夢中のハルオが無意識に日高さんとイチャコラし、大野さんを怒らせてしまう話。 原作だと大野さんの無表情から怒りを読み解くことが求められましたが、アニメ版では明確化されている。 大野さんはハルオの「ご」と…

ハイスコアガール「ROUND 6」の感想・レビュー

1994年4月。中三に進級。スパ2X及び帰って来た大野さんの巻き。ゲーム紹介も充実していて楽しい。 ハルオが大野さんに相手にされず、劣等感を抱きながらの協同ファイナルファイトで悔し涙を流す所がおススメ。 大野さんは大野さんでハルオに貰ったおもちゃの…

ハイスコアガール「ROUND5」の感想・レビュー

1994年中2編年明け〜3学期。自分の趣味にのみ熱中する男に惹かれてしまった恋する少女の揺れ動く感情を描いた話。 全くブレないゲーム好きな男に対して、女性が勝手に下がったり上がったりとヤキモキする。 しかしそれは今まで退屈な日常を送って来た日高さ…

ハイスコアガール「ROUND4」の感想・レビュー

1993年中2編2学期〜年末。当て馬噛ませ犬枠ヒロインの日高さんが登場。ハルオの漢気に触れあっという間に好感度鰻上り。 日高さんの目線を通して、ゲーム馬鹿と劣等分子扱いされるハルオが如何に魅力的かを紹介する回でもある。 ほれ、不良雨の日子猫ミーミ…

ハイスコアガール「ROUND3」の感想・レビュー

1991年小学生編夏休み〜2学期。感動の最終回。大野さんが海外へ転校する話。原作で一番面白い小学生編がもう終わってしまった・・・ 今回のメインはAパートが遊園地回、Bパートが空港への見送り。 私生活(ゲーセン)では仲の良い二人が、公の場(学校空間)では…

ハイスコアガール「ROUND2」の感想・レビュー

1991年小6夏。習い事漬けにされている窮屈なお嬢様とそれを慮るハルオの魅力が光る話。 前半は家庭用ゲーム機を買ってもらえない大野さんにPCエンジンをやらせてあげる。 後半は終業式後の憂さ晴らしに都市伝説ゲーセンで80年代アーケードゲーに興じる。 特…

ハイスコアガール「ROUND 1」の感想・レビュー

1991年小6から始まる90年代ゲーセンラブコメ。たくさんレトロゲームが出てきて20世紀末の風俗史とか蘊蓄などが興味深い。 世間で社会的な現象が巻き起こっていても、我関せずとゲームに没頭するその生き様が光る! しかし原作ストックの物凄い消化っぷり。第…