雑録

社会変革

抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?「文乃グランドエンド」の感想・レビュー

多文化共生モノ。価値観が異なる様々な人々が共存できる社会体制の創出を目指す。 革命に必要なものはいつだって大衆のエネルギー。どんな大義を掲げても大衆と結び付けられねば失敗する。 革命ゲーでは大衆に訴えかける「演説」が見せ場だが、本作でも文乃…

抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?「片桐奈々瀬」シナリオの感想・レビュー

多様性を認めようとせず、社会的マイノリティを抹殺しようとする社会を変革するはなし。 際限が無い人間の欲望を煽り続け、賭博や性産業に特化した資本主義が行きついた末路を風刺。 イメージとしては『火の鳥』の望郷編の終局部を彷彿とさせる(望郷編は秩序…

『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』(体験版)の感想・レビュー

既成の価値観を押し付けてくるマジョリティに対し、自らの思想信条を掲げるマイノリティが変革を唱える。 利潤追求至上主義に陥り、偏った法律を無批判に尊び、多様性を認めようとしない社会をぶっ潰せ。 処女崇拝の主人公くんが同性愛妹、純情処女ビッチ、…

『車輪の国、向日葵の少女』の感想・レビュー

社会的に排除されてしまっているおにゃのこたちを救うべく社会を相手に反逆を企てる少年のおはなし。シナリオはほぼ一本道で5章から成り立っている。1章がプロローグ、2章がさち、3章が灯花、4章が夏咲、5章が革命編。 さち 怠惰に為替取引だけで金を稼ぐ生…