雑録

CLANNAD

CLANNAD AFTER STORY 第23話「番外編 一年前の出来事」の感想・レビュー

今回のCLANNADは渚が順調に進級した一回目の3年生の学園生活描写。 話の中身は、友達作り。そういえば渚って3回3年生やってんだよなぁ。しみじみ。 CLANNAD AFTER STORYってかなり最終場面で駆け足気味だったのに今回次回と枠がある・・・ 番外編の学園生活…

CLANNAD AFTER STORY 第22話(最終回)「小さな手のひら」の感想・レビュー

今回のCLANNADは奇跡が起こって家族三人ハッピーエンド。 幻想世界の描写や最後の風子のところは原作ではぼかしていたのにね。 過酷だからといって目を背けるのではなく向き合う強さが奇跡を起こしたと。 ご都合主義っぽいけど、まぁこれはこれでCLANNAD AFT…

CLANNAD AFTER STORY第21話「世界の終わり」の感想・レビュー

汐御臨終→並行世界はいります→光の玉で渚死亡回避→家族3人エンドという流れ。 並行世界の自分たちの想いが報われない岡崎一家を救うという展開。 並行世界ループ多元宇宙をどう描けるか注目されたがこれでCLANNADだけじゃなくリトバスもいけるな。 CLANNAD A…

CLANNAD AFTER STORY 第20話「汐風の戯れ」の感想・レビュー

今回のCLANNADは朋也と汐の父子家庭生活編。 しかし汐と一緒の穏やかな暮らしは、1話しか持たなかった・・・ 汐死亡フラグでCLANNAD AFTER STORYを脚本さんがどう終結させるかに注目がいきます。 親たちへの報いも一段落し、いよいよ本格的に父子家庭生活の…

CLANNAD AFTER STORY 第19話「家路」の感想・レビュー

今回のCLANNAD AFTER STORYは「親たちの労苦への感謝」というおはなし。 早苗さん、アッキー、直幸たちに感謝してもしきれない朋也。 娘を亡くした古河夫妻、擦り切れてしまった直幸の労苦をいたわります。 そうそう、今回のCLANNADでは風子もいつのまにか復…

CLANNAD AFTER STORY 第18話「大地の果て」の感想・レビュー

今回のCLANNAD AFTER STORYは朋也が父親になるお話。 朋也の問題は父親との不和による渚への依存から生じていたの。 故にCLANNADの根幹であった「父親との和解」により渚への依存を乗り越えることが出来た。 父親としての責任が渚の死を乗り越えさせ、朋也に…

CLANNAD AFTER STORY 第17話「夏時間」の感想・レビュー

数日遅れでCLANNADの第17回は、汐お目見えのおはなし。 私が一番好きな朋也頽廃ライフが数十秒で終わったのは残念だ。 扱いようによっては丸々一回CLANNAD AFTER STORYかけてやっても良かったんじゃないか? 渚依存症の朋也が頽廃から立ち直り、父親としての…

CLANNAD AFTER STORY 第17話「白い闇」の感想・レビュー

今回のCLANNADは渚ご臨終。冥福をお祈りいたします。渚依存症の朋也にとって、渚が居なくなるという事は虚無に等しい。渚が命と引き換えに産んだ子どもを前に、出会わなければ良かったと運命を呪う。CLANNAD AFTER STORYのポスト渚は、そんな廃人状態から朋…

CLANNAD AFTER STORY第15話「夏の名残りに」の感想・レビュー

渚死亡直前に並行世界ループで涼を起用したことからして藤林姉妹ルートやるのかな。 今回のCLANNADは渚出産の決意。家族崩壊していた朋也の団子大家族合唱による家族の幸せとその欠落。秋生過去話により、苦しいときには家族がいると朋也を励ます。CLANNAD A…

CLANNAD AFTER STORY 第14話「新しい家族」の感想・レビュー

今回のCLANNADは新婚生活の幸せを描く。 しかしその傍らで朋也は着実に精神崩壊寸前。朋也のこの渚への重度の依存体質。朋也が仕事を頑張り平静を保っていられるのは渚がいるから。CLANNAD AFTER STORYの醍醐味は、極度の渚依存により渚死亡後廃人になりそこ…

CLANNAD AFTER STORY 第13話「卒業」の感想・レビュー

今回のCLANNADは、渚を嫁にするはなし。 女を娶るためには父親との対決は不可避。その勝負方法が野球対決。 病弱フラグが発生するが朋也の力で擬似卒業式ハッピーエンド。 CLANNAD AFTER STORYは新婚生活から出産までが幸せ絶頂です。 女と籍を入れるまでの…

CLANNAD AFTER STORY 第12話「突然の出来事」の感想・レビュー

今回のCLANNADは禍福は糾える縄の如し。 人間何がわざわいで何がしあせかなんて分からない。 芳野さん然り朋也然り、挫折したときに聖母に出会う。 朋也にとって聖母:渚を喪うことは生きることを喪うこと。 このCLANNAD AFTER STORY は鬱展開スキーにはたま…

CLANNAD AFTER STORY 第11話「約束の創立者祭」の感想・レビュー

今回のCLANNADは渚に支えられて仕事に打ち込む朋也のおはなし。 朋也が職場で社会的に認められるようになりつつある一方で、渚の負担は大きくなる。 学校では「は〜い、二人組み作って」で見られるように、二留で友達も作れずひとりぼっち。 さらには心の糧…

CLANNAD AFTER STORY 第10話「始まりの季節」の感想・レビュー

今回のCLANNADは現実の辛さと、朋也と渚の相互依存の関係。 2留して学校にさらに馴染めなくなった渚。 朋也は職を見つけて社会人として働き出すが、困難の連続。 CLANNAD AFTER STORYは鬱展開満載です。 学校というところは異質なものにたいしては、過剰なま…

CLANNAD AFTER STORY 第9話「坂道の途中」の感想・レビュー

今回のCLANNADは卒業式。夢も目標もない腐ったような学生生活。朋也はこれまで渚が周囲に馴染めないながらも留年してまで学校に固執する姿にココロ打たれ救いとなってきたが、実は救われていたのは朋也の方で惚れた女に自己肯定されてきたという傷の舐めあい…

CLANNAD AFTER STORY 第8話「勇気ある闘い」の感想・レビュー

今回のCLANNADは聖母ゆきねぇ編後編。いやはや渚公認でゆきねぇと膝枕で乳繰り合いますよ? 不良グループは一見すると社会のダニのように見えるが、実際は彼らは現代社会に適応できずレールを踏み外してしまった社会的弱者な人たちの集団。その集団はそれな…

CLANNAD AFTER STORY 第7話「彼女の居場所」の感想・レビュー

今回のCLANNADは光の玉回収;聖母ゆきねぇ編(1) 聖母ゆきねぇは社会の掃き溜めを照らす唯一の希望。 家族の解体により底辺に佇む人々のセーフティーネットワークを形成だ。 ゆきねぇは使われなくなったものたちがぶち込まれる資料室を管理する影の帝王。…

CLANNAD AFTER STORY 第6話「ずっとあなたのそばに」の感想・レビュー

今回のCLANNADは光の玉回収編;美佐枝さんシナリオ最終章。 美佐枝さんを縛り付けるのはかつての思い出。 果たせなかった過去から解放するために猫又は朋也に思いを託す。 学園の男子寮として奮闘する美佐枝さん。その美佐枝さんはどこか人生に達観したとこ…

CLANNAD AFTER STORY 第5話「君のいた季節」の感想・レビュー

今回のCLANNADは「光の玉回;収美佐枝さん」シナリオ。化け猫・猫又・恩返し。 過ぎ去った青春を懐古しながら、若者の世話して暮らす美佐枝さんの人生っぷり。 散ってしまった想いを心に抱きてその想い出があるから今を生きていけるとか云々。 アバンの幻想…

CLANNAD AFTER STORY 第4話「あの日と同じ笑顔で」の感想・レビュー

「駄目なやつらは駄目なやつらでつるんでろ」それがCLANNADのコンセプト社会的敗残者の連帯。 今回は「兄のためと言いながらも理想像を勝手に押し付けヒロイニズムに浸る」妹が登場する。 芽衣ちゃんはただ春原にかまって欲しかっただけなんだ!! 「兄と妹…

CLANNAD AFTER STORY 第3回「すれちがう心」の感想・レビュー

今回のCLANNADは春原兄妹ルートの2回目。芽衣がお兄ちゃんの気を引こうと頑張ります。 しかし、その行為は自己の理想像を勝手に投影しているだけに過ぎない。 幼少の頃の完璧超人無敵兄の幻影は遠き日の想い出となり、現実のままの春原がいるだけであった。 …

CLANNAD AFTER STORY  第2話「いつわりの愛をさがして」の感想・レビュー

早苗さんじゅうななさい!! 今回のCLANNADは春原が妹の芽衣ちゃんを安心させるため彼女を作るというおはなし。 しかし鬱台詞「3年の2学期になってもまだ進路も決まってない」にやられて集中して見られません。 本格的な2期の最初ということもあり、春原が各…

CLANNAD AFTER STORY 第1話「夏の終わりのサヨナラ」 の感想・レビュー

野球しようぜ!! CLANNAD2期の第1話はみんなで野球。登場人物の整理と顔見せ、キャラクターの性格や行動類型について復習しましょうねという演出。朋也ファミリーズを集めてみんなで勝利をもぎ取り大団円。古傷を痛めて右肩が上がらないので小技に徹する朋…

CLANNAD 番外編「夏休みの出来事」の感想・レビュー

今回のクラナドは、まさに「名前呼び」のおはなし。 古来より名前を晒す事は相手に支配されることを前提とした特別なイベント!!原作では渚ルートに入ると名前呼びイベントが発動しますが、アニメ版ではフラグクラッシュ編をやったため発動しなかった。その…

CLANNAD 第22回(最終回)「影二つ」の感想・レビュー

クラナドもいよいよ最終回。両親の夢を壊してしまった渚。演劇部の為に、チーム岡崎の個人的な時間を奪い取ってしまった渚。 自分だけ夢を叶えてしまうそれで良いのかという罪悪感がのしかかる。 そんな渚が自分の考えは間違いだと気づき両親と仲間たちの声…

CLANNAD 第21回に見る「リトバス化するクラナド 〜友情・人の輪・性善説〜」について

この作品の原作の主題は「みんなで力を合わせて演劇を成功させる」ではないと思うんだ。 原作はみんな全然演劇に対して協力しないしね。 アニメ版では、本格的に役割分担とか決めて、渚を中心に人の輪が出来ていくという風に演出されている。 この流れはリキ…

CLANNAD 第20回「秘められた過去」の感想・レビュー

今回の主題はただひとつ。それは朋也が渚、いや古河家を受け入れたということ。 この要因となったのが、義父になる存在である秋生と腐っても親友である春原の後押し、後ゆきねぇ。 やはり女の子を娶る際には父親との対決は必須、また煮え切らない朋也に的確…

CLANNAD 第19回「新しい生活」の感想・レビュー

今回のメインテーマは、家庭崩壊している岡崎家とあまりにも「家族家族している」古河家の対比。人間ってーのは、案外忘れやすい生き物で、特に青年時代には幼少の頃の家族に対する記憶は淡いものになってしまう。それは今を生きるのが精一杯で過去を回顧で…

CLANNAD 第18回「逆転の秘策」 の感想・レビュー

今回は作品の分岐点にとって重要なおはなし。それすなわち、渚ルートの固定化が行われたということ。 椋の占いトークの時の選択肢分岐による並行世界のたとえが象徴的。おそらく作品的に今回のお話がセーブポイントになり、渚DEAD ENDを迎えた後に今回に戻っ…

CLANNAD 第17話「不在の空間」 の感想・レビュー

三年になっても何も考えてない・・・ 三年になっても何も考えてない・・・ 三年になっても何も考えてない・・・ 鬱ゲーの最高峰のクラナドは、アニメ版になっても最高潮の鬱っぷりを発揮するぜ・・・ 個人的には中島敦『狼疾記』、有島武郎『生まれいずる悩…