雑録

manga

漫画版仙狐さん第48尾の感想 後輩編決着「仙狐さん大勝利!後輩の狸は愛人となる」

社畜系癒し漫画であった仙狐さんですが、第46尾から新展開に入り、三角関係篇に突入していました。第46尾から始まった後輩編がとうとうフィナーレ。後輩編は、主人公の会社の後輩が実は化けタヌキであり、主人公といい感じになってしまって仙狐さんがヤキモ…

漫画原作版『恋する小惑星』第2巻内容まとめ

第2巻は先輩方の進路問題、世代交代による新体制、あおの転校問題が扱われる。 内容 pp.4-8 巻頭カラー 水着を買いに行く話 pp.9-16 水着回で海へ行く pp.17-24 鉱物・化石の展示即売会 pp.25-32 バイト回 pp.35-42 VS新聞部 pp.43-50 文化祭準備① 桜井先輩…

漫画原作版『恋する小惑星』第1巻内容まとめ

『恋する小惑星』の漫画原作版の第1巻まとめ 目次と話数の表示が無いので、ここではページ数で分類してある。 電子で買ったんだけど、紙版のカバーの折り返しの所に目次があることに今気づいた・・・ 電子書籍だと一番最後のページに紙の本のカバーがあった…

社畜癒し系漫画『仙狐さん』が三角関係ラブコメ路線になってしまったことに衝撃を隠し切れない

皆さんは仙狐さんの事を覚えていらっしゃるでしょうか。 アニメ化もしており、炉利BBAが活躍する癒し系の漫画で過労死寸前の社畜の強い味方でした。 そんな仙狐さんですが原作漫画では路線の変化が・・・ 従来の物語の路線はビター風味。仙狐さんが好きなの…

Contents Tourism Planning & Management 2019(009-010)「『動物のお医者さん』に出て来る偽ポプラ並木はどこ?」

今回のコンテンツツーリズム論演習はH大構内でした。 皆様は『動物のお医者さん』を御存じでしょうか? 移転した畜魂碑と作中の畜魂碑『動物のお医者さん』とは架空の大学H大獣医学部を舞台とする大学・専門職モノのマンガです。この漫画では実際のH大がたく…

Contents Tourism Planning & Management 2019(006)「コンテンツ・ツーリズムの問題を乗り越えるためのツアーコースの検討」

コンテンツ・ツーリズム論演習6回目。 今回は各チーム(①ゴールデンカムイ、②H大、③アイドル、④雪)が作成したツアーコースの検討会でした。 講義で毎回言われているコンテンツ・ツーリズムの大切なこと コンテンツツーリズムはSITすなわち「special interest…

(ほとんど覚えていないが)メガドライブの思い出

『異世界おじさん』の「メガドライブ ミニ」発売記念特別編を読んだら分かりみが過ぎる。 comic-walker.com むかし、なぜかロッテリヤにメガドラがあっての まだ私が年端も行かない坊やだった頃、何故だかフレッセイ(スーパーの名称)の近くにあったロッテリ…

非生産的行為により時間を無為に浪費し虚無感に陥った時に見ると良いテキスト

とりあえずコチラをご覧ください。夢見県立わかりみ博物館だろこれ pic.twitter.com/M2x5NTH9zL— ゆず⌬☕️⏣ (@Yu_Tzu5346) 2019年9月15日 何かをするわけでもないのにただダラダラとインターネットを眺めてズルズルと寝る時間が遅くなってしまう。さっさと寝…

小箱とたん先生の『スケッチブック』も終わってしまった。

ネットではマグコミに毎月25日に掲載されていた小箱とたん先生の『スケッチブック』。美術部四コマだが殆ど美術をせずに、寧ろ細かすぎる虫ネタや日本語の言葉遊びが多かった印象。ストレスとは無縁で延々とマイペースなネタを提供してくれていたのでかなり…

普段レジグナチオンを気取っている少女Bが、だからこそ実は一番自我に囚われている。それに対して、家業の経験から厳しい現実を知っている少女Aは、どことなく達観した思想を持ちつつも、それ故に物事を悲観的には捉えない。少女Aの人生観が少女Bを救う。

デレマス/デレステの二次創作漫画のはなし。 断片的なキャラ情報からプレイヤーが人物像を解釈し、二次創作により大衆がイメージを共有することで、実際にキャラクターが創り上げられていく現象。ザコメンタル×蒼メンタル×強メンタル pic.twitter.com/BsBPR…

「やりたいことや得意分野で生きればいい」ことは分かっているが、「得意なことなんてそもそもないし、やりたいことも別になく」結局は「個人の努力など無駄」であることを痛感している。

デレマス/デレステのはなし あきら 「やりたいこと」「得意なこと」で勝負すればよい。 りあむ 「得意なこと」なんてないし、そもそも「やりたいこと」なんてない。 ンゴ 結局、自然災害等の大きな力(時代構造や社会情勢)の前には「個人の努力など何をして…

還暦直前の部長が部下に嵌められ腐女子文化に染まっていくコメディ漫画が面白い。

この漫画読んだら笑い転げて、嫌な事(しかも結構引き摺ってた事)を忘れて、癒されたわ。 僻地で孤独で娯楽もなく研究しかしていないと気が狂いそうになってくる。人生には笑いが必要だ。 このギャグコメディの漫画は、すごくテンポが良くて、思わず全話読…

佐々木倫子『動物のお医者さん』(白泉社) 各話の舞台・内容のまとめ

コンテンツツーリズム論演習のツアー開発で『動物のお医者さん』をテーマにすることが決まったが・・・ 作品の描写と現実の場面を比較するため、各話の舞台と内容をまとめておく。 動物のお医者さんは高3冬〜D2の12月までを全119回で描いている。コミックス…

『世話やきキツネの仙狐さん』の第17話を読んだ。

心が砕け散ると、もう二度とは修復できず、たとえそれが見かけ上修復できたとしても、いびつでゆがんでしまう。 そんな人々を救済するのは炉利BBAであるという話。 中二病患者なら誰しも自己の存在意義について煩悶したことがあるかと思う。しかしそれは麻疹…

日本式労働慣行のしんどさについて

【死】今回の業務では、以下のようになった。ここから読み取れるのは、仕事を振る際にはきちんと明確な指示が必要だということ。 事前連絡もなく、唐突に仕事を投げてきて、指示語による曖昧な命しか出していないのに、失敗したら糾弾される。 ちゃんと事前…

ゴールデンカムイweb公開100話を読んだ。

見どころポイント 金塊争奪戦 本作品の目的。アイヌの隠し財宝を巡り様々な勢力が争奪戦をくりひろげます。眼病を患う幼馴染人妻の治療費確保のために戦う杉本。金塊を見つけて父親の仇を討とうとするアシリパさん。蝦夷共和国に囚われる新撰組生き残りの土…

さぐりちゃん探検隊 北海道へ行くの巻きを読んで

観光ツーリズム系が大人気の世情ですが、各地へ赴き実体験することの価値を説く漫画の一つに『さぐりちゃん探検隊』があります。 産業遺産を取り上げてくれることもあるので結構好きで毎回眺めているのですが、今回は北海道へ! (※今回も産業遺産はありませ…

「あべななさんじゅうななさい」を見て勝手に励まされる気分になる。

原作は知らなくても二次創作によってキャラのイメージが作られることはよくあることです。 (むしろ二次創作しか知らなくて後で原作のキャラを知りギャップに驚くことも多々あります。) そんな中、ぼんやりと眺めているうちに無意識のうちに崇拝の念を抱く…

web版ゴールデンカムイ(第31話まで)を読んでの感想

アニメ化記念でweb(ジャンプ+)にゴールデンカムイが公開されていましたが期限は2月いっぱいまでだったようです。 結構楽しみに眺めていたのですが、ちょうど区切りが良い所で終わったのでひとしきり満足。 シカのウコチャヌプコロで話題となって以来、アイ…

ミヤスリサ『それでもおにいちゃんの彼女になりたい』(D・N・A.Lab.、2017)の雑感

押せ押せJK妹によるリーマンお兄ちゃん攻略モノ。 年齢差があり幼少期から可愛がってきたイモウトとレッツ背徳します。 幼少期を振り返るページが1頁あるのですが、そこがもう破壊力抜群となっています。 あとデフォルメ絵がとても可愛い。そしてミヤスリサ…

『りゅうおうのおしごと!』関連の薄い本

買ったのリスト 溝口ケージ『りゅうおうのおすまい』(NtyPe、2017年8月12日) とら→http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/55/84/040030558452.html?rec=circle メロン→https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=270482 えか…

三上ミカ先生様の歪んだ兄妹関係モノ『As your mind.』兄の懊悩とイモウトの狡猾さがみどころ!!

歪んでる人間関係の煩悶のなかにこそある愛憎悲喜こもごも。 Let's 背徳 イモウトモノの物語の原動力の一つに「背徳感」というものがあります。周囲から受け入れられないことを前提にしたうえで、人間は社会的動物であるとしてその関係を断ち切るのか、それ…

『りゅうおうのおしごと!』関連の薄い本

溝口ケージ『りゅうおうのおすまい』(NtyPe、2017年8月12日) 銀子&供御飯さん本。前半4頁が姉弟子編、後半4頁が供御飯さん編となっています。 話の前フリと終局部分に一応あいも出てきます。 原作で主人公くんを攻略しようとする女性陣は多々あれど供御飯さ…

C93薄い本雑感その3

アイマス系 しおこんぶ『LET』(LAMINARIA) しおこんぶ先生の楓さん本。竿役プロデューサーが渋いクール系やもめジジイ。楓さんのデビュー日と亡妻の命日が一緒なため良い雰囲気が毎年台無しになってしまいます。そんな中で楓さんが取った方法とは!?酔った…

C93薄い本感想・レビュー「バーチャルYouTuber」について編

C93の注目点のひとつ。バーチャルユーチューバー C93では中国産スマホゲー『アズールレーン』の台頭が歴史的現象の一つでしたが、その他にも「バーチャルユーチューバー」も散見されるようになりました。この「バーチャルユーチューバー」もまた文化的発展・…

C93薄い本感想・レビューメモ(随時追加)

毎度おなじみの艦これ、アイマス、東方。それらから少し遅れて流行ったFGO。旬のものとしてはラノベ原作や時事系消費アニメ。ここら辺は例年と同様です。今回の注目点はアズレンとバーチャルYouTuberと言えるでしょう。 アズールレーン 今回から特に躍進した…

さぐりちゃん探検隊 第10回「晴海埠頭」の雑感

ヒッキー気味ゲーマーだった主人公くんが幼馴染の影響で立派な探検マンに成長していて感慨深いの巻き。(→→公式) 自分の足で行って 自分の目で見て 新しいことを知ったり ワクワクしたり そういうことがやりたいんだ… 今回のお話では新キャラ登場。しかし探検…

宇河弘樹先生がwebコミックの作画をしていたことを遅まきながら知る。

昔、宇河弘樹先生の『朝霧の巫女』が好きだったのですが、偶然ネットを見てたら今は「なろう系小説」のコミカライズの作画をやっていることを知りました。と、いうわけで無料公開されている分は読んできました。原作の内容そのものはよくある異世界転生厨二…

さぐりちゃん第9回も高度経済成長の残り香が感じられてノスタルジック!!

明日行ける探検コメディがキャッチフレーズのさぐりちゃん探検隊。単なる観光スポット紹介もさることながら、かつて日本で栄えた産業遺物が度々紹介され、人間の工業生活の成れの果てがポストアポカリプスの世界を感じさせて実に良いのです。今回は四日市が…

たわわシリーズの前髪ちゃんを見て、小宮裕太先生の素直クール黒髪を思う

たわわシリーズの前髪ちゃんの話は、センセが前髪ちゃんの好意を拒み続けフラグをへし折りまくる話だ。見所は、小悪魔的な前髪ちゃんがセンセをおちょくり、センセが懊悩するという展開である。特に前髪ちゃんが第三者に告白されたにもかかわらず、努めてそ…