教科教育

  • 文献・研究: 歴史教育-文献歴史教育-雑考
  • 授業用ネタ: センター国語受験世界史受験日本史巡検
  • レジュメセット: 日本史| 世界史( 欧米史| 欧州文化史| アジア史| アフリカ史 )| 倫理
  • 歴史学

  • 文献・研究: 歴史-文献満洲-文献満洲研究近現代北海道史海事
  • 講義録(人文系): 国史概説史料判読極東蘇聯史文献調査博物館学(断片)
  • 観光学

  • 講義録(観光系): Heritage Tourism/ Contents Tourism (A-partB-part)
  • 『北へ。』研究: 観光学における『北へ。』の位置づけWI個別√感想DD個別√感想
  • 【レポート】 コンテンツツーリズム「らぁめん城ヶ崎」
  • コンテンツ産業

  • 各種媒体: 文学映画animemangalight-novel
  • ノベルゲームの最前線: 全般/ 体験版/ 過去作50音順/ 2020発売月順/ 2020製品版/ 発売前予想
  • ノベルゲームの回顧と展望: 2019/ 2018/ 2017/ 2016/ 2015/ 2014/ 2013/ 2012/ 2011-2000
  • topic

  • 2020秋アニメ: ゴルカム/ おちフル/ ストパン/ ひぐらし/ まいてつ/ 神様/ しまむら
  • 【11月新作】 2020年11月新作ノベルゲーは何を買ったらいいですか!?
  • 『まいてつ Last Run!!』の「シナリオ」は本当に低評価だったのか?~その原因を探る~
  • 『ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう』の感想・レビュー


  • 講座「米国史料からみた呉軍港~米軍の眼差しから捉えなおす~」

    本論の趣旨 戦艦大和の存在や呉軍港の様子がアメリカに綿密に分析されていたことを米軍資料から明らかにした 1.大和について 2.呉について 2-1.呉に関する情報収集 2-2.戦争開始後 2-3.1945年 3.質疑応答 3-1.海軍兵学校が空襲のターゲット外になったのは何…

    ひぐらしのなく頃に業 第7話「世界線を放棄したため梨花の化けの皮が剥がれた」の感想・レビュー

    祭具殿に忍び込んだのでバッドエンドが確定したため梨花は世界線を放棄。 幾重ものループを積み重ね精神年齢的には老成した梨花の神髄をとくと見よ。 今回の話では雛見沢の伝承としてオヤシロ様のカニバリズムを回収。 人肉食が許容されており、綿流しはハラ…

    倫理 西洋思想【4】民主社会における人間のあり方(社会契約論:ホッブズ・ロック・ルソー)

    倫理はニンゲンとは何か、ニンゲンはなぜ生きるのかを考える科目。ほとんどの先進国でニンゲンは民主社会に生きている。民主社会は勝手にできたものではなく、形成するには社会契約という背景思想があった。 1.民主社会の原理 1-1.人権の尊重と社会契約説 2.人権思想…

    ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第6話「復讐の猟犬」の感想・レビュー

    バルクホルンお姉ちゃん回。撃墜されたエーリカを救うため憤怒の鍛錬を積む。 ベルリン攻略の足掛かりとすべくキール軍港を目指すウィッチたちだが手痛い反撃を受ける。 エーリカが堕とされ、バルクホルンも敗北してしまったのである。 バルクホルンのメンク…

    おちこぼれフルーツタルト第5話「黄色が一番の常識人かもしれない」の感想・レビュー

    百合属性の桜衣乃がこれまた百合である同級生及び後輩にストーキングされる話。 一番まともに見えるのは貫井はゆであり黄色担当なのにツッコミ役に回る程。 幼児退行、中二病、小テストの勉強をちゃんとする、歌が下手と多彩な活躍を見せる。 周囲が強すぎる…

    まいてつ Last Run!!「仲国ルート」の感想・レビュー

    中国(大陸)からの誘致で視察に行き、鉄道復権のための観光国策を提言する話。 しかし中国における鉄道制度やその位置づけに関する説明は一切なし。 中国経済を扱うのに社会主義市場経済と共産党一党独裁も完全にスルー。 「ぼくの かんがえた さいきょうの …

    ゴールデンカムイ樺太編(6)「尾形回:異母弟殺し編」の感想・レビュー

    発熱した尾形がウィルタ民族の霊媒師の治療により過去の因果を想起する話。 尾形は満鉄反対派である花沢幸次郎の私生児であり嫡男誕生後は棄て置かれていた。 だがしかし日露戦争に従軍すると、異母弟が無邪気に尾形を慕ってくる。 旗手である異母弟は父の命…

    まいてつ Last Run!!「グランドルート」の感想・レビュー

    全九州周遊鉄道構想を実現することで主人公が事故のトラウマから解放される話。 ヒロインたちと向き合うことで観光鉄道に関する諸問題の解決策が浮かぶという形式。 解決方法は極めて杜撰なご都合主義で、詳述されずに成功するので、割り切りが必要。 「鉄道…

    まいてつ Last Run!!「凪ふかみアフター」の感想・レビュー

    選ばれなかったヒロインの心情描写を展開した挙句、両方選ぶエンドもある。 ノベルゲーで「選ばれなかったヒロイン問題」は割とテーマとして扱われる。 本作は凪orふかみを選ぶことで切られてしまったヒロインの心情を読まされる。 (それでなくとも非ハチロ…

    神様になった日 第5話「大魔法の日」(Summer Pockets Alternative)の感想・レビュー

    母と死別し冷え切った父子家庭となったメインヒロインの家族を再生する話。 佐藤ひなの導きで伊座並(父)の心を癒し、娘に母が残したビデオメッセージの存在を知らしめる。 父が遺言ビデオをひた隠しにしていたのは、母の記憶を忘れると示唆されていたからで…

    倫理 西洋思想【3】自然や科学技術と人間のかかわり(経験論と合理論)

    1.自然への目と科学的なものの見方 1-1.近代科学の誕生 (1)近代科学 (2)天文学 2.事実と経験の尊重 2-1.知は力なり【ベーコン】 (1)経験論…観察と実験をもととして法則や原理を導く点を強調する科学的思考 (2)学問の目的…学問の目的はその学問を身につけるこ…

    レヱル・ロマネスク 第6話「肥薩おれんじ鉄道とJR東日本高崎支社」

    A-partが肥薩おれんじ鉄道のグッズ開発、B-partがJR高崎線のキャラ紹介。 肥薩おれんじ鉄道は薩摩切子を利用した水筒を提唱。ガラス水筒というジャンルがあるのね。 JR東日本高崎支社のキャラはぶっ飛んでいたが公式のSL兄弟もぶっ飛んでいた。 9人キャラが…

    まいてつ Last Run!!「日々姫アフター」の感想・レビュー

    富裕階層向け超高級食堂車を熊本県人吉市から大分まで走らせる話。 気動車内に調理スペースが無い問題を駅から地元特産料理を搬入するという形式で解決。 姉の真闇と実家の酒屋の従業員長から認められて日々姫は承認欲求を満たす。 ご都合主義とさすおに展開…

    まいてつ Last Run!!「ポーレットアフター」の感想・レビュー

    人見知りが激しい娘に経験を積ませるべく家族で東北雪景色鉄道旅行をする話。 鉄道ならではの旅情と人との交わりを家族の成長に繋げて巧みに描き出している。 娘の対人関係の克服もさることながら主人公やポーレットも親として成長する。 最初から親なのでは…

    ひぐらしのなく頃に 第6話「魅音と詩音は別個体」の感想・レビュー

    ミスリードの種明かしその1。魅音と詩音は同一人物ではなく二人いたという話。 圭一は魅音が女らしい側面を誤魔化すため詩音と名乗っていたと思い込んでいた。 だが実際には魅音と詩音は双子であり、別個体であったのである。 (この魅音と詩音もさらに入れ…

    まいてつ Last Run!!「ニイロク」ルートの感想・レビュー

    蒸気機関車から電車への転換が行われず国鉄が民営化しなかった世界線の話。 巨大赤字を垂れ流した国鉄は一部の区間を除きほぼ全てが廃線となった。 その背景にはアメリカによる交通インフラへの介入と市場独占があった。 それでも連帯して立ち向かえばどうに…

    ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第5話「クイーン・オブ・ネーデルラント」の感想・レビュー

    宮藤芳佳が温室の温度管理を経験したことにより魔法圧を制御できるようになった話。 坂本さん式脳筋トレーニングを繰り返す宮藤芳佳を心配したペリーヌは気分転換に誘う。 それはオランダに飛び、チューリップを咲かせるという任務であった。 宮藤芳佳たちは…

    まいてつ Last Run!!「ハチロクアフター(実質オリヴィ√)」の感想・レビュー

    経年劣化し寿命を迎えつつある炉利BBAロボットの最期を看取る話。 「子孫を残せなくとも後世に伝えられるものがある」という事がコンセプト。 最後の鉄道業務を全うしながらオリヴィが息を引き取るシーンは感動を生み出す。 泣きゲー。お婆ちゃんが死ねば泣…

    おちこぼれフルーツタルト第4話「水着回」の感想・レビュー

    今回は新メンバーが加入して百合営業しながら水着撮影する話。 サイズの大きさを気にする貧乳組のコンプレックス描写テンプレを楽しめば良い。 学校生活編ではついにアイドルであることが認知されファンが出来る。 個人的おススメは喪失感に駆られたはゆ(黄…

    倫理 西洋思想【2】人間の尊厳(ルネサンス・宗教改革・モラリスト)

    0.人間の尊厳 1.自己肯定の精神 1-1.ルネサンスとヒューマニズム (1)ルネサンス(文芸復興)…本来は「再生」を意味する。 (2)ヒューマニズム…直訳すると人文主義。 (3)ルネサンス期における具体的な人物たちの活躍 1-2.新しい人間観[ピコ] 2.宗教観の転換 2-…

    ゴールデンカムイ樺太編(5)「樺太には3つの少数民族が生活している」の感想・レビュー

    アシㇼパさんを少数民族の独立運動の指導者に育てるシリーズ。 主権国民国家体制に呑み込まれて消滅していく文化を目の当たりにしていく。 ウィルタの天葬が改宗により土葬に変えられていく衝撃がアシㇼパさんを襲う。 こうしてアシㇼパさんは少数民族の生き…

    吉田裕、森茂樹『アジア・太平洋戦争(戦争の日本史23)』、吉川弘文館、2007

    参考になった箇所をまとめておく。 帝国日本の欠陥 明治憲法体制の問題点 「統帥権独立」の始まり 明治憲法の分立制に対する井上毅の説明 明治憲法体制下におけるリーダーシップ 陸海軍の対立、陸軍省と陸軍参謀本部の対立、海軍省と海軍軍令部の対立 陸海軍…

    レヱル・ロマネスク 第5話「名鉄蒲郡線で三河織物の刺し子」の感想・レビュー

    今回のお話は名鉄蒲郡線。この路線も存続問題が出ていて危うい模様。 蒲郡市の産業は三河織物が有名で繊維ロープ製造業では日本有数。 刺し子は布地に別糸で刺し縫いをしたもので柔道着とかに使われる。 話の中で紅が火消し装束を着ていたのは刺し子織が耐火…

    神様になった日 第4話「闘牌の日」の感想・レビュー

    敏腕女性弁護士の知己を得るべく麻雀大会に参加する話。 4話にてOPの登場人物を全員回収し、世界滅亡まであと13日。 このペースだと半クールで1回世界滅びてn+1周目に突入か? 野球、映画とピアノ、ラーメン、麻雀をこなしていく主人公。 一方鈴木パートでは…

    アインシュタインより愛を込めて「有村ロミ」シナリオ(個別→GRAND)の感想・レビュー

    「世界の真理」へと至る道を捨て「日常への回帰」を選ぶ話。 主人公は有村ロミを救うために自らの肉体を犠牲にし魂だけの思念体となる。 そこで真理への到達という欲望に惹かれるが魂魄を二分化することで対処する。 愛を知る魂Aは父が残したロボットに憑依…

    アインシュタインより愛を込めて サブヒロインズシナリオの感想・レビュー

    サブヒロインの個別シナリオは、全体における章立ての一部という構造。 PROLOGUEが終了するとMAINが出現するが、そこで個別√に入ることになる。 サブヒロインの個別シナリオはどれを選んでも「CHAPTER2」という扱いである。 佳純√はヒロインに生存を望まれた…

    ひぐらしのなく頃に業 第5話「魅音に人形を渡して破滅フラグ回避」の感想・レビュー

    破滅エンドを回避すべく奮闘する古出梨花。レナ√は失敗に終わりループして魅音√へ。 それでも古出梨花は破滅を回避することを諦めず、圭一を啓発していく。 魅音√で重要なのは景品の人形を圭一が渡せるかどうかにかかっています。 古出梨花のアドバイスで人…

    【試論】『神様になった日』OPにおける歌詞と映像から類推する内容読解

    key的泣きゲー要素とセカイ系文脈から『神様になった日』のOPの読解を試みると、以下のような展開を類推することができる。 1.君と同じ世界を見る それはどうか美しいか 君と同じ時を刻む それはどうか許されるか 2.知らないままの方が 良かったことなんて山…

    ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第4話「200マイルの向こう」の感想・レビュー

    シャッキーニ回。雨降って地固まる的なノリで喧嘩して仲直りする話。 喧嘩する二人を見て大活躍するのがバルクホルンお姉ちゃん。 1期ではシスコンの名を欲しいままにしたように傷心のルッキーニを励まします。 シャーリーのピンチに颯爽と駆けつけますがジ…

    『神様になった日』のコンテンツ産業史上の意義「<セカイ系>と<セカイ系の否定>とその先にあるもの」

    「セカイ系」と「セカイ系の否定」の誕生 90年代後半からゼロ年代にかけてセカイ系というものが流行りました。これは社会や集団といったものを拒否し、主人公とヒロインだけの人間関係、または主人公の周辺の人間関係が全てであるという考えを提示しました。…