雑録

プレイ日記SNOW 澄乃発病編 2/19(火)〜3/3(日)

2月19日火曜日

宴会の一夜が明ける。今朝のご飯は、にがり豆腐と鶏の雑炊。
そして今回も1クリックで水汲み終了。前半部分で時間をかけていたのが嘘のようだね。帰宅すると小夜里さんはトラックで配達に。二人きりでまったりする。
結婚したら彼方さんの実家にも挨拶に行かなくてはなので、そこで花見をする約束をする。つか、ホントに展開まったりだな。ここらでおそらく『それ散る』のようにヒロインが記憶喪失になったり、『ONE』のように主人公の存在が抹殺されたり、前世からの何チャラが出てきたり、犯人はメイドだったり、聖杯戦争をしないと間が持たんぞ・・・


おおっと!!なんと澄乃が3回連続でご飯に同じメニューを出し始めたぞ。これこそ何かの前兆か!!そして夜、澄乃は布団の中で泣きじゃくり、それをあやす彼方さん。澄乃さんは記憶吹っ飛びシナリオなのだろうね。これが、龍神村の悲恋とどのようにかかわってくるのか。

2月20日 水曜日

嗚呼、なんつーか、バグった、フリーズした。
ショック!!データ吹っ飛んでるし・・・ orz

まぁ、気を取り直してもう一度!!どのファイルが一番新しいのやら。
うわ・・・20日と21日抜け落ちちゃってる・・・
今確認してくら。・・・スキップしてきました!!

まとめると、澄乃が記憶喪失&幼児退行化

2月21日 木曜日

症状が激しくなる一方なので心配する小夜里さんと彼方さん。
いったい澄乃はどうなってしまうのか!?
お風呂に入っているときは意識がまともで、彼方さんに早く赤ちゃん欲しいよとねだる。

2月22日 金曜日

回覧板を頼まれ村をぐるっと一周コース。だが、旅館に帰宅してみると、澄乃が行方不明に。あわてる小夜里さんを落ち着かせ、彼方さんは捜索隊へ。

どこを探すか選択肢。ここは澄乃が好きだった龍神湖へいくべきか芽依子さまのところに行くべきか・・・竜神さまの伝説なら、龍神湖だろ!?
ドンピシャで竜神の社にいました。

怖がる澄乃を抱きしめる。澄乃は若年性痴呆症のごとく何もかもを忘れ去っていくことを自覚し、怯えているのであった・・・

2月23日 土曜日

橘診療所に行くと、澄乃は記憶がなくなっていく症状で、その様子は一種の痴呆症であることが判明。ああ、このショックは分かるよ。私の祖母がまさに痴呆症というか認知症で私のことを忘れてるのだもの。しかも近くに住んでいるから段々と忘れていく様子が手に取るように分かり、まるで死神に宣告されているかのようで・・・・おばあちゃんっ子だったから余計に悲しかったよ。今もまだ、耄碌しながら徐々に全てを忘れ去っていきつつ生きている。リアルでもあるから辛いね。

嗚呼!早いところ、竜神の謎を解かなくちゃ!!
ちなみに医者は澄乃は治らないと宣告。
さてこれからこの解決をどう描くかが見物だ。

2月24日 日曜日

どんどん悪化する澄乃。
病院から自宅へ、自宅から旅館へと転々とする。
今はまだ、彼方さんの記憶を覚えている・・・
澄乃は彼方さんに対し、病気なの?問う。
ここは、本当のことをいうべきだろう・・・
本当のことを言う彼方さんだが、軽く病気といって誤魔化してしまう。
そして夕飯を食べたことを忘れ、小夜里さんにイチャモンをつける。
母子家庭の由縁か、食べ物で困るという我が子を突きつけられ動揺する。
小夜里さんも段々・・・狂っていく・・・

2月25日 月曜日

とうとう澄乃はあんまんを食い散らかし、お腹がすいたと彼方さんを襲い、雪まで食べ始める始末。そして・・・高熱をだして・・・倒れた。
うたたねをしてしまい真夜中に。気がつくと澄乃がいない。ようやく見つけるが、彼方さんといった水汲みのポリタンクさえ覚えていなかった。
彼方さんは今まで追いかけてくれた分まで、澄乃を追いかけようと決意する。
おそらく、今度は彼方さんがお百度を踏むのかな?

2月26日 火曜日

芽依子に電話をかける。
薬を使うのは副作用が危険だからであり決して見放したわけではないと説明される。
明日に見舞いにくると聞き電話を切った。
それを澄乃に報告するが、彼女は芽依子のことを覚えていなかった。
そして深夜。お腹がすいたと徘徊する澄乃。
そしてとうとう、彼方さんがあげた指輪まで捨ててしまった・・・
二人の幸せの象徴の指輪・・・
彼方さんは池にダイブして必死に探すが出てこない。
そのうち意識は朦朧としていき・・・
ここで、指輪のいきさつの回想
で、最後まで諦めなかった結果、指輪を発見する。
澄乃の熱は、下がらない・・・

2月27日 水曜日

辛い現実を受け入れようとする彼方さん。
だが、ついに、その存在さえ忘れられてしまう・・・

2月28日 木曜日

どうすればいいのか分からない・・・
彼方さんは、落石事故で助からなければよかったと苦悩する。
落石事故のことを想起し、ついにお百度をすることを決意する!!
で、お百度中・・・

3月1日 金曜日

百度続行中・・・

3月2日 土曜日

きづいたら旅館の中に。
そしたら普通に澄乃登場・・・
願いが・・・通じた?

きぃっと、神様に感謝です。
彼方さ曰く「忘れていたことを、忘れてくれていたほうが、俺も、澄乃も、小夜里さんも幸せだ。」

で、快気祝いにスケッチをしにいく。
龍神湖でスケッチをし、その絵を記念に貰う。
そして再び、指輪は嵌める。二人の幸せの象徴として・・・

だが、夜中に澄乃は微熱をだしてしまう・・・

3月3日 日曜日

本当ならドレスを取りにいく日なのに・・・
奇跡が起こったのは一日だけなのか・・・
ついに澄乃は41度3分の高熱をだす・・・

ま、まさか・・・澄乃の命は今日だけどかいう展開か?
それを知っているからこそ、高熱なのにドレスを取りにいきたいというわがままを

そして、ついに澄乃は彼方さんの背中の上で・・・目を閉じ・・・る。
彼方さんは、死体を背負って歩く・・・

で、彼方さんの目の前が真っ暗になっていきなり竜神の社に飛ばされ、階段を上っていくとそこには、桜花と澄乃が慈愛あふれる庭に佇んでいた。

そして「おかえりなさい」といわれて、エンド!!ぉぉぉぉ

・・・・
いや、なんつー終わり方だ?バッドエンドじゃないっぽいし。
え・・・皆死亡天国エンドですか?