教科教育

  • 文献・研究: 歴史教育-文献歴史教育-雑考
  • 授業用ネタ: センター国語受験世界史受験日本史巡検
  • レジュメセット: 日本史| 世界史( 欧米史| 欧州文化史| アジア史| アフリカ史 )| 倫理
  • 歴史学

  • 文献・研究: 歴史-文献満洲-文献満洲研究近現代北海道史海事
  • 講義録(人文系): 国史概説史料判読極東蘇聯史文献調査博物館学(断片)
  • 観光学

  • 講義録(観光系): Heritage Tourism/ Contents Tourism (A-partB-part)
  • 『北へ。』研究: 観光学における『北へ。』の位置づけWI個別√感想DD個別√感想
  • 【レポート】 コンテンツツーリズム「らぁめん城ヶ崎」
  • コンテンツ産業

  • 各種媒体: 文学映画animemangalight-novel
  • ノベルゲームの最前線: 全般/ 体験版/ 過去作50音順/ 2020発売月順/ 2020製品版/ 発売前予想
  • ノベルゲームの回顧と展望: 2019/ 2018/ 2017/ 2016/ 2015/ 2014/ 2013/ 2012/ 2011-2000
  • topic

  • 2020秋アニメ: ゴルカム/ おちフル/ ストパン/ ひぐらし/ まいてつ/ 神様/ しまむら
  • 【11月新作】 2020年11月新作ノベルゲーは何を買ったらいいですか!?
  • 『まいてつ Last Run!!』の「シナリオ」は本当に低評価だったのか?~その原因を探る~
  • 『ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう』の感想・レビュー


  • ヘッセ/高橋健二訳『クヌルプ』(新潮文庫)の感想

    ヘッセの小説は主人公がアウトサイダーなものが多いので、大好きです。
    『クヌルプ』もご他聞に漏れず、主人公はアウトサイダー

    定職に着かず放浪しながらも、旅人としての天分により旅先ごとに定住者に暖かく受け入れられる男:クヌルプ。職を持ち家族を持つ定住者が感じる幸せとそれから生じる惰性と倦怠の中に、旅人としての外の風を持ち込む稀人信仰。彼目線の定住者を眺める傍観者的立場で描かれる我々一般市民の生活は抉られる思いがある。そして傍観者で「生活」を軽蔑するが故に、溶け込んでいけない態度も悲哀を感じる。最後に病に冒され散りゆくシーンで、放浪者としての生存価値を神と対話するところは神々しい。結局、後悔しながらも自分の生涯に満足して死んでいくその姿には自己肯定がうかがわれる。