雑録

true tears 第10話における比呂美のフラグ生成過程について

散々周囲を巻き込んでおいて、眞一郎くんと比呂美さんはおさまるところにおさまりましたよ。
結局、乃絵ちんは弄ばれただけだったと。
まぁ、最初から比呂美フラグを阻んでいたのが仲上家の家庭内事情だけだったから、それが解決されれば比呂美エンドまっしぐら。
残りの話数で石動兄妹にケリをつけて比呂美エンドでは面白くないので脚本の人がどう動かしてくれるかに期待。
今回は、比呂美フラグについてまとめるよ!!

比呂美とのフラグの生成過程まとめ

幼馴染イベント⇒異母兄妹説話⇒愛憎劇⇒異母兄妹解消⇒独り立ち&思い出イベント(今回)⇒比呂美エンド



比呂美ちんは幼馴染属性で家族ぐるみの付き合いがあるという存在。しかもそれだけでなく、幼馴染キャラにとって重要な「思い出」を持っていることになる。眞一郎と比呂美にとってその「思い出」は、初めて異性として意識しだした初恋となる要素なの。本来ならさっさとくっついちゃう二人のハズだったが、ここで「比呂美の両親死亡イベント」と「引越し一つ屋根の下イベント」が起こる。両親を喪った寂しさを眞一郎に癒してもらおうとの比呂美の狙いがあったが、そこでママンにより異母妹宣言。比呂美は眞一郎に対するほのかな感情を封印することになる。




そんなことは露知らず「思い出」を大切にし、比呂美の力となりたいと願う眞一郎。だが物語が進む過程によって比呂美に「思い出忘れたよ」&「蛍川の4番が好きなの」をかまされる。比呂美が好きだからこそ、彼女の力になりたいと願う眞一郎によって、周囲の人物のどんちゃん騒ぎが展開し、結局は「異母妹」という事実が解消される。つまり、眞一郎の行動は元から全て比呂美の為のものだったんだよ!!「異母妹」解消により、眞一郎とおおっぴらに関係が持てることを知った比呂美は子宮が疼いて排卵しちゃうの。それで眞一郎の家を出て行くことに。家を出ることは眞一郎と対等な立場に立つということ。眞一郎が比呂美を諦めようとした要因に比呂美の「思い出」忘却があったが、実は比呂美もちゃんと覚えており、大切に思っているということ。引越しトラック追いかけて、はいはい、フラグ成立。