教科教育

  • 文献・研究: 歴史教育-文献歴史教育-雑考
  • 授業用ネタ: センター国語受験世界史受験日本史巡検
  • レジュメセット: 日本史| 世界史( 欧米史| 欧州文化史| アジア史| アフリカ史 )| 倫理
  • 歴史学

  • 文献・研究: 歴史-文献満洲-文献満洲研究近現代北海道史海事
  • 講義録(人文系): 国史概説史料判読極東蘇聯史文献調査博物館学(断片)
  • 観光学

  • 講義録(観光系): Heritage Tourism/ Contents Tourism (A-partB-part)
  • 『北へ。』研究: 観光学における『北へ。』の位置づけWI個別√感想DD個別√感想
  • 【レポート】 コンテンツツーリズム「らぁめん城ヶ崎」
  • コンテンツ産業

  • 各種媒体: 文学映画animemangalight-novel
  • ノベルゲームの最前線: 全般/ 体験版/ 過去作50音順/ 2020発売月順/ 2020製品版/ 発売前予想
  • ノベルゲームの回顧と展望: 2019/ 2018/ 2017/ 2016/ 2015/ 2014/ 2013/ 2012/ 2011-2000
  • topic

  • 2020秋アニメ: ゴルカム/ おちフル/ ストパン/ ひぐらし/ まいてつ/ 神様/ しまむら
  • 【11月新作】 2020年11月新作ノベルゲーは何を買ったらいいですか!?
  • 『まいてつ Last Run!!』の「シナリオ」は本当に低評価だったのか?~その原因を探る~
  • 『ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう』の感想・レビュー


  • ソルジェニーツィン/木村浩編訳『クレチェトフカ駅の出来事』(岩波文庫『ソルジェニーツィン』短篇集内収録)

    そして、きのうの女たちがそうだったように、きょうも、夫を戦場へ送り出したばかりの若い人妻たちは、いや、娘たちも、みながみな操を守り通すことができずに、明りの届かない片隅で、若者たちと抱き合って寝ることになるのだろう。

    舞台は第二次大戦中のソビエトロシア。後方勤務で列車の指令をゾートフ中尉が主人公。
    前線に出ることを望みながらも、後方支援に廻されたはがゆく思うゾートフ中尉。そんなゾートフ中尉に対して前線兵士が抱く感情が推し量られる。国家の為に尽くそうとする男と戦時中でも日々の生活のことしか頭にない女との対比も伺われる。勤務後、映画にも行かずディナーにも顔を出さないゾートフ中尉がやってるいることは学生時代に読めなかった『資本論』を読むこと。下宿先で夜な夜な読書に励むが、オンナにモーションをかけられ、戦時中の男女関係について思考をめぐらせもする。ある時、列車に乗り遅れた兵卒が遅延証明書を持ってやってきた。最初は好意を持って接していた中尉だが、その兵卒がスターリングラードの名を知らずと分かると態度が一変。よもやスパイかと拘留してしまう。その後、ゾートフは兵卒のことを生涯忘れることはできなかったのだが、その謎は解説の通り。スターリングラードという呼び名が知れ渡ったのはスターリングラードの戦いのあとのことで、当時はツァリーツィンの呼び名の方が一般的だったということ。つまり中尉はスパイでもなく本当にソビエトの為に戦ている男を拘留してしまったからだと。