雑録

狼と香辛料 第13幕「狼と新たな旅立ち」 の感想・レビュー

殺戮ショーが始まるよ。やっぱり最後は獣化してなんでも解決。ノーラ編はホント裏技設定に依存しすぎですな。これなら最初から獣化してひとっ飛びして金を密輸した方が早かったのではないかと思わずにはいられない。ノーラ編より金融投機編を映像化して欲しかったなぁ。



狼の群れに侘びに行くホロの様子は一瞬で終わり、手足を縛られ放置されたロレンスも焚き火で縄を焼き脱出。二人が合流する早さは並大抵ではないね。で、向こうが裏切ったからと獣化しちゃうホロちん。ノーラを助けてあげてというロレンスの願いにより、武装集団を片っ端からなぎ払う。圧倒的な破壊力でエメリオ商会の連中をやっつけた…。なんかこう、上手く言語化できないけどこの作品に視聴者が求めているものは、ホロが獣化して大活躍するアクションシーンではないと思うんだよ。寧ろ、お人よしロレンスが騙されながらも巧みな商才を発揮することに醍醐味があるのかと。なんだかんだゴネで極力獣化しようとしなくても、結局はホロ一匹で覆しちゃうの。



で、ロレンスたちが裏切られてしまったのは金があまり買い付けられなかったから。元金100リュミオーネしかないので密輸をしても1000リュミオーネ少々にしかなりません。エメリオ商会は債務を帳消しにするだけで精一杯。ロレンスたちに分け前を与えられなかったの。そこでロレンスは脅しまがいに、即金は勘弁してやるから10年で500リュミオーネをロレンス側の商会に払えと要求。その証書を持って自分の商会に帰ったロレンスちんは、100リュミオーネで買い取らせることに成功。42リュミオーネも借金していたのに、50リュミオーネ以上儲けやがったね。ノーラと山分けしたとしてもまずまずといったところ。しかし、6000リュミオーネの利益が出ると信じ込まされていたノーラは、ロレンスとの山分けのお金でいくら貰ったかはしらないが、あまりにも少ないと感じたのはなかろうか。