NHKスペシャル マネー資本主義 第1回“暴走”はなぜ止められなかったのか〜アメリカ投資銀行の興亡〜

金融危機はなぜ起きたのかについて迫る。今回は投資銀行
原因は金融経済の変質、自己勘定型ビジネスの登場。
レバレッジの拡大と高額報酬が拍車をかけた。


当初、投資銀行は顧客と商品のことをよく知り仲介役に徹していた。だが1970年以降の規制緩和により大きく金融そのものが変容する。金融資本の増大を利用し「債券市場」で「金融商品」や「取引手法」を編み出していったのだ。それは生産業の終焉を意味し、何も生み出さずに利ざやを稼ぐだけのゼロ・サムゲームとなった。投資銀行は株式の発行による自己資産の上にさらに莫大な借り入れをしレバレッジを拡大させた。また、若手役員が給与体系に不満を抱き引き抜き合戦が起こり高額報酬を支払うようになった。このレバレッジの拡大と高額報酬が投資銀行を悩ませるようになった。経営を成り立たせるためにはリスク管理よりも利回りを追求せざるを得なくなり、ついにリーマンブラザーズのサブライムローン焦げ付きが引き金となって、投資銀行は消滅した。