雑録

ましろ色シンフォニー アンジェリーナ・菜夏・シーウェル シナリオの感想・レビュー

ましろ色シンフォニーのアンジェシナリオは、メイドがアイデンティティ崩壊するおはなし。
メイドたらんと躾けられてきた少女は、メイドであることにしか自分を見出せなくなっていた。
手段と目的をはきちがえた少女がメイドである本当の意味に気づくためにお手伝い。
シナリオはギャグ中心で鬱ることなくアンジェとの情交を見守る明るい系。

メイドでしか生きられない歪み少女


アンジェは仕える主人を探す野良メイド。技術としてはハイスペックだが、落ち着きがなく騒がしっ娘ちゃんなのが玉に瑕なの。メイドとして絶えず周囲に気を配ろうと努力しているため、主人公の新吾が同類であることに早くから気づき、同属意識を持っていく。新吾の存在に刺激を受けたアンジェは一層奉仕精神をあらわにするが、張り切りすぎて空回り。仕事を全て終わらせてしまったために、自作自演で仕事を捏造しようと水を撒き散らす。そんなアンジェに対し、普段はヒトに踏み込もうとしない新吾は忠告をしてしまう。だってそれは同属のアンジェだったから。新吾に手段と目的をはきちがえてるよと示唆されたアンジェはアイデンティティ・クライシス。メイドじゃなければ一体アンジェは何者なのかしらん?と思い悩む。自己を省みるためメイドを辞めようと思い、その象徴であるヘッドドレスを外してみたら幼児退行。扱ってるテーマは結構深い内容なのに、テキストで明るく感じられることよ。新吾と二人三脚で自己同一性とは何かについて探っていくアンジェ。だけどアンジェはもうメイドでしか生きられない呪縛を持つ歪んだ少女であることが次第に分かってくる。同様に幼少期の喘息経験から周囲に気を使いすぎるようになった新吾も歪んでおり、呪縛同盟ズ結成。ある時新吾が気配りスキルを発動し、荷物を持つおばあさんが危なくないよう周囲に気をつけているところをアンジェは垣間見る。そのとき、アンジェは新吾の呪いに気づくのであった。「常に周囲に気を配ってらっしゃる新吾さんは、きっとご自分自身には気を配られない。空気が悪いのは耐えられないと仰ってた。だから常に気を配ってご自分は一時たりとて安らげない。ご自分以外のために、ああして、ずっと、痛々しく、そしていたわしいその姿勢を、あの方を支えて差し上げたい」と新吾こそが旦那様であるときゅんきゅんしちゃう。「メイドは職業です。それは手段にしか過ぎません。ご奉仕しなきゃじゃないんです。なぜご奉仕するかなんです」と、新吾のメイドとして自分自身を見出すの。慕情と奉仕を混濁してしまう堕メイドアンジェの旦那様になってくださいませんかと。ここの描写はかなり好き。

旦那様ライフでメイド修業


晴れて仕えるべき主人を見つけたアンジェ。だけど、なぜか新吾に対してだけ上手くお仕えできない。学園の仕事はできるのに、どうして?そうこうするうち、後付で事情を知らされた新吾の義妹桜乃との嫁姑バトルも勃発。アンジェはメイドスキルアップを図ることになる。新吾も旦那様としてジェントルマン街道まっしぐら。トイレを済ませたと、便座を下げるのがジェントルマンの証らしいですよ?それはともかく、アンジェがうまく奉仕できないのには、二つ理由があった。ひとつはアンジェが誰か特定の個人に仕えるのは始めての経験であり、レベル1の駆け出しメイドだったからということ。もうひとつは、学園の雑用をアンジェが独りでこなしているため、新吾に仕えたら学園の運営が滞うのでご奉仕に専念できないからということ。アンジェは前者を、新吾は後者を解決していく。アンジェはTO doを作成し、テスト勉強にかこつけながら奉仕&慕情をステップ・バイ・ステップ。まぁいちゃいちゃしあうのを眺めろと。おはようの接吻からひざまくら、そして純潔を捧げる儀式までを漸進していく。他方で新吾は、愛理と隼太に協力を仰ぎ学園のシステムを再編成し、アンジェの個体性能に頼った学園運営を改めていく。ふたりの頑張りは実を結び、テストも終わって処女も捧げたアンジェは、今まで仕えて来た学園全体に恩返しをしたいと思い立つ。勿論、新吾もいっしょにね。終業式のクリスマスイブに、巨大ケーキを作って感謝の意を表明したいの。二人の計画はサプライズ性皆無、次第に周囲からヒトが集まり、ものすごい輪になりケーキづくり開始。どれもこれもアンジェの人徳のなせる業。ケーキも無事完成し、全校生徒の前でケーキ入刀大団円を迎えます。アンジェのメイド力は人々を魅了し、彼女のようなメイドになりたいなとインスパイアをなす。数年後、学園には教員として就職したアンジェと新吾の姿が!!在学中、メイド部を立ち上げ人材育成に貢献した二人は学園長に教員免許取らない?と持ちかけられたのこと。二人の歪みは呪縛ではなく、互いに補い一つの球になるための祝福だったのとハッピーエンド。あとどうでもいいけど、底辺教員養成学校で訓練を積む身として、新吾が社会科教師になっててぐっじょぶときゅんきゅんした。厳密には高校は平成元年に社会科解体されてるから地歴科と公民科なんだけどね。ホント、どうでもいいな。