雑録

ひこうき雲の向こう側「綾麗華」シナリオの感想・レビュー

義妹が求める理想の兄を演じ続けていたら、イモウトは親友に寝取られてしまったというはなし。
学生会長から叱咤激励を受ければ寝取られ展開は防げてイモウトルートに入れるのだが・・・。
煩悶や懊悩の結果、精神崩壊しイモウトの友達に救いを求めると綾ちゃんルートに突入する。
イモウトが寝取られて意気消沈する主人公くんを助けるのはイモウトの友達の存在。
仙台まで引っ張り回して元気づけてくれる綾に感謝しながらフラグを立てるのであった。

綾麗華のキャラクター表現とフラグ生成過程


  • 主人公の イモウトの トモダチ
    • 綾麗華は男性が苦手なお嬢様。主人公くんのイモウトを介して知り合う「ひとつとばしれんあい」。日常会話で主人公くんのことを吹き込まれているうちに、兄として慕うようになっていくのだ。シナリオの位置づけとしては、イモウトルートにおいて主人公くんがイモウトを選ばなかった時の派生であり、オマケ程度の扱いである。しかし主人公くんのヘタレっぷりが強調されるので個人的には結構好きだったりする。むしろこっちが正史。※イモウトルートでは寝取られたと主人公くんが思い込んでいただけのことが判明するのでイモウトルートよりも綾ルートを最初にやった方が良い。
    • 主人公くんは誰よりもイモウトを愛するが故に、イモウトの幸せを願っており、近親相姦を決して受け入れることはできない。家族仲が良いフツーの関係を理想視しているうちに、とうとう親友Aに寝取られてしまう。主人公くんは「諾々と日常を送る自分」と「夢に向かって努力する親友A」を度々比較しては自己を卑下する展開にしばしば陥る。そのためイモウトは親友Aと結ばれることが幸せだと思い込もうとするのだが、適応することができない。この様子を表現している場面がナカナカ鬱々しくて良い。そしてとうとう主人公くんは、イモウトが親友Aと仲良くしている姿を見ていることに耐えきれなくなり、メシタイムを中座してきてしまうのである。自己の感情をコントロールできなくてさらなる自己嫌悪に落ち込む。
    • まぁ失恋は時間が全てを解決するのだが、ゲームでは長期的なスパンを描写することがなかなか難しい。故にここで主人公くんのイモウトのトモダチである綾ちゃんが救いの天使として降臨するのである。綾ちゃんは今まで主人公くんに懇ろに接してもらううちに好感度が上昇していたのである。また割とさらっと流されるのだが、綾ちゃんが退部を決めた際の罪悪感を主人公くんは癒している。「悪いシステムの所からは逃げるのが一番だ」との肯定してくれる発言は綾ちゃんが一番求めていたものであった。一般的には逃げることが悪いとされているため、主人公くんのお言葉は精神的に楽にしてくれるものであったのだ。こうし今度は綾ちゃんが主人公くんを救う。現実から逃げ出し仙台デートをすることで、寝取られた悲しみを癒すのである。綾ちゃんの励ましにイモウト寝取られを乗り越えた主人公くんは新しい関係を始めるのであった。