雑録

ポケモンXY サトセレ

毎週というわけではありませんが、結構能動的に見ていたXYシリーズ。割と楽しく見てました。

今回の話は物語の終局部にあたり、旅を通してヒロインが将来の進路選択をした展開でした。
オッサンになると涙もろくなって、こういうパターンは切なさを感じてしまうのですよ。
あと新シリーズに移行してしまうのでサトセレ終焉のお知らせの一方で今回もアラマノ盛りだくさん。

雑感

思い起こさば、セレナ(XYシリーズのヒロイン)は母親から家業を仕込まれて育つも、それが嫌で家を飛び出し旅に加わったのでした。明確にやりたいことが見つからないままでもサトシさんにくっついていくうちに、次第にインスパイアされて自分の適性などを見出していったのです。XYシリーズはサトシさんのバトルがメインだったので、セレナは捕獲したポケモンも三匹で少なく、そんなにバトルもしませんでしたが。それでもサトシさんが功名心に焦ってバトルに敗北し落ち込んだ時には発破をかけて雪玉をぶつけたはなしは印象に残っています。そしてママンとの進路相談タイム。家業が嫌で逃げ出した娘が、何かやりたいことを見つけて、それでも進むことに躊躇している姿を見て、アドバイスをしてあげらるなんて良い親だのー。で、サトシさんとファイナルバトル→大文字を炸裂→サトシさんの説教カウンセリングタイムを経て、自分の意志で進路決定をできたセレナは、新たな旅へ進むのでしたとさ。