ヘイズマン-THE LOCAL HERO- web体験版の感想・レビュー

宇宙から地球を調査しにきたヒロインと合体変身しご当地ヒーローとして活躍するはなし。SFギャグモノ。
イメージ的には『中の人などいない』に近い。あと魔力供給と称してお手軽お気楽に体液摂取させる。
体験版では物語の明確な目的は提示されておらず、宇宙人ヒロインを取り戻そうとする男宇宙人を撃退するのみ。
だが男宇宙人は、わざと主人公くんの幼馴染を襲撃者として仕立てあげ戦わせるという回りくどい手段をとる。
一方で主人公くんの雇用者は襲撃事件を地域復興に利用しようと目論んでおり、ずっと戦い続けろとのたまう。
果たして、宇宙人たちの真の目的は?地域復興はできるのか?といったところで体験版はお開きとなります。

雑感


  • SFギャグ系変身ヒーローもの
    • 主人公くんは武術家の貧乏フリーター。借金を返すために日々バイト三昧の生活を送っている肉体系熱血系青年です。ある日、バイトの帰り道にチンピラに絡まれた女の子を救ったのが運の尽き。ナイフで刺殺されかけてしまうのでした。しかし救った女の子は地球を調査しにきた宇宙人であり主人公くんと契約を交わし合体変身して命を救います。こうして一命をとりとめた主人公くんでしたが、変身合体するには魔力供給すなわり体液摂取をさせることが必要であり、契約とは夫婦となることだというのです。戸惑う主人公くんでしたが、なし崩し的に唾液、精飲、中だしに至ります。
    • 一方で地球調査員には宇宙人ヒロイン以外にあと一人いて、その男宇宙人が宇宙人ヒロインを取り戻そうと襲撃してくるのです。その時にとった手法が主人公くんの幼馴染を宇宙人の力によって変身ヒロインにして襲撃させるというものでした。こういう系でいつも思うのが主人公くんは相手が幼馴染だと気が付かないのだろうか?ということ。男宇宙人の意図は分からぬものの、変身して主人公くんと戦うことにノリノリとなる幼馴染。主人公くんは、もし宇宙人ヒロインが捕縛されたら裁判で極刑になることを知り、全力で迎え撃つことになります。しかしここで伏線となるのが、どうして男宇宙人はこんな回りくどい手段を取るのかということ。一応端々には宇宙人ヒロインを戦わせて能力を引き出そうとしているような感じがします。幼馴染は正体を隠しながら、主人公くんとも接近し、宇宙人ヒロインとの情事に自分も混ぜてと複数プレイを志願します。主人公くんのパンツをクンカクンカしながら処女を奪ってもらいます。さらには中だししてもらった精液を宇宙人ヒロインに吸い出させて魔力供給成立☆とかいうトンデモない話となります。
    • 宇宙人ヒロイン、幼馴染とつづいて最後のヒロインとなるのが主人公くんの雇用主。これまたブットンだギャグテキストを担当する役として設定されています。雇用主さまは商店街の地域振興リーダーとしても活躍されており、主人公くんが変身ヒーローとして活躍するところに目をつけるわけです。相手が宇宙人ヒロインの奪取を諦めない程度に撃退しなさいとのたまいご当地ヒーローとして仕立て上げようとしていくのでした。このままでは水戸黄門アンパンマンタイムボカンシリーズよろしくネバーエンディング勧善懲悪モノになってしまう予感もします。そこからどの程度SFに絡められるかで面白さが変わりそうですね。