ソーサレス*アライヴ! 体験版-ver.2.00の感想・レビュー

なろう系異世界転生ファンタジー学園魔法剣バトル競技さすおに反革命対クーデタ鎮圧戦。
今まで流行ったシナリオ記号を掛け合わせて、総力戦で大団円に持っていく形式。
序盤はさすおになご都合主義をしながら魔法剣バトル競技の優勝を目指していくが…
体験版終局部では、革命軍にクーデターを起こされ、巻き返しを図る描写が挿入される。
あくまでも予想だが個別でビターエンドを繰り返し、グランドエンドで大団円になりそう。

体験版概要

f:id:h30shimotsuki14:20181214031724j:plain
お皿を4枚持つことでメインヒロインから賞賛される主人公くん

  • なろう・さすおに・ご都合主義
    • 粗製乱造される異世界転生モノ!現代世界とは価値観や評価基準が違うセカイだから、現代ではどうでもいい知識や技能が珍重されて安易に賞賛を得られるというシナリオ記号が発動です。「俺またなんかやちゃいましたかね?」や「さすがはおにいさまですわ」パターン。そんなわけで異世界転生された主人公くんは、相手の魔法に干渉できたり、女性と性交すると生まれた子供が強化されるという特性を持ったりというチート能力を付与されます。さらに、バイトで鍛えたスキルで一気に評価はうなぎのぼりだぜ☆見よ!お皿4枚持ち!!クラスで遠巻きにされれば必殺ペン回し!!!クルクル回せばクラス内カーストも一挙に上昇中!!!ジャムを作ればツンデレはデレ化し、アイスを作ればイジメを受け排斥されていたぼっちがクラスに承認されます!とどまることをしらないご都合主義でファンタジー学園ライフを謳歌します。



f:id:h30shimotsuki14:20181214031715j:plain
魔法剣バトル競技で円陣を組む様子

  • 魔法剣バトル競技
    • で、ファンタジー学園での当面の目標は、主人公くんが監督になって、魔法剣バトル競技でヒロインたち万年最下位チームを優勝に導くこと。チーム戦の監督コーチ作戦立案部門ポジですね。あるある。はい、ここでも現代知識が活躍します。なんと魔法剣バトル競技は主人公くんが現世でやってた戦略スマホゲーとそっくりだったのでした。一応、主人公くんがヒロインたちをゲームの駒のように扱ってしっぺ返し食らって悩んだりもしますが、学園長にそれとなく促されただけで、そのことに気づいて自省し、ヒロインとの情交を深めたりもします。メンバー集めて修行して強くなった主人公くんチームは見事1回戦でかませ犬の中華系チームを撃破!このノリで優勝を目指すぜ、という感じでした。



f:id:h30shimotsuki14:20181214031711j:plain
個別具体的な問題を解決してフラグを構築した後に社会的な問題を解決するパターンになりそう

  • 体験版終局部 反革命・対クーデター鎮圧部隊
    • そして終局部、これからの展開の断片が表示されていくのですが、どうやら革命を起こされクーデターされるみたいです。主人公くんサイドは反革命の立場に立ち、クーデターを鎮圧する立場のよう。騎士団を作って反乱軍を鎮圧していく描写が挿入されます。魔法剣バトル競技という個別具体的なイベントでフラグ構築し、ヒロインとの関係性が結ばれた上で、普遍的・社会的な問題に取り組んでいくというパターンを踏襲しています。この作品がオリジナリティや独自性、新規性を出せるとするならば、「この世界は間違っている」というキャッチフレーズをどこまで深めることができるかでしょう。世界観そのものに挑むという形而上学的な神との戦いもパターン化されている現在、どれくらい面白さをだせるかが問われるかと思います。



f:id:h30shimotsuki14:20181214031718j:plain
種馬ハーレム
f:id:h30shimotsuki14:20181214031706j:plain
タイトル画面