雑録

言の葉舞い散る夏の風鈴「百花奏」シナリオの感想・レビュー

「完成度を求めて妥協するか、理想を追い求めて挑戦するか」問題について。
声優グランプリで奏が選んだ脚本は、足を怪我した陸上少女の百合友情リハビリ物語。
足が動かない車椅子少女の奏は自己の境遇に鑑み、そのシナリオに惹かれたのだが・・・
リハビリをしても治らなかった奏は、リハビリに成功した演技を上手く表現できない。
最後まで理想を追い求める奏と妥協を求める詞葉は大会直前に対立してしまう。
それでも奏は信念を貫き見事MVPに輝く。諦めなかったのは「足」ではなく「声」だったのだ。
ヒロインを攻略することを通して真ヒロインの詞葉が声優業として再生していく物語でもある。

百花奏のキャラクター表現とフラグ生成過程

f:id:h30shimotsuki14:20181226184300j:plain

  • 車椅子少女の奏は、演技は抜群だけど人生経験が乏しいの
    • 体験版の声優コンテストで一人三役こなし特別賞を受賞した百花奏。演技力は申し分なく、その実力は人気声優であった詞葉にも認められるほど。そんな奏は声優グランプリの課題シナリオのうち、陸上少女の百合友情リハビリ物語を選びます。車椅子少女である奏は、脚本中の陸上少女がリハビリに成功し再び走れるようになる奇跡に惹かれたのです。奏は一生懸命練習していくのですが、もう既にある程度の技術がある奏に必要だったのは、様々な経験だったのです。車椅子少女であった奏は幼少の頃から映画や芝居、舞台の鑑賞を生き甲斐としており、好きな言い回しや台詞をコピーできるほどに成長していました。しかし、その技術は自分の心のうちから出たものではなく、物真似にすぎなかったのです。それ故、自分の心のうちから湧き出る演技を要求され、それを求めて主人公くんと共に色々な経験を積んでいきます。声豚の主人公くんに導かれてアニメムービーを見たり、海の砂浜でお姫様抱っこをしてもらったりと盛りだくさん。こうした経験を経て、演技を行う課題シナリオの陸上少女たちは、敵対関係というよりももっと百合百合しいのではないかという解釈を導き出し、一皮剥けていきます。
    • 主人公くんに支えられて着実に声優のスキルを向上させていく奏は、それとともに好感度も蓄積していきます。そして詞葉に唆されて主人公くんに告白しフラグが成立!主人公くんが関係性を真剣に考えるために1週間も返事を先延ばしにしたため、足が悪いことをコンプレックスに持つ奏がネガティブスパイラルに陥る描写をお楽しみください。



f:id:h30shimotsuki14:20181226184257j:plain

  • 奏と詞葉の百合友情
    • そしてフラグ成立後に起こる問題が、脚本のリハビリ成功をどのように演ずるかの解釈と表現。当初、奏は陸上少女がリハビリに成功する「奇跡」と「嬉しみ」を前面に押し出して演技をしていました。しかし途中から怪我をする以前は「普通」であったことが、怪我を契機に「特別」なものへと変わったという解釈をすることに、演技の方針を変えるのです。しかし、リハビリに失敗し二度と歩くことができない奏は、どうしてもリハビリに成功した脚本の中の登場人物を表現できないのです。そんな奏に対し、詞葉は妥協して今まで上手に演技できていた前者の解釈でいこうと提案するのですが・・・どうしても奏は譲らず対立してしまうのです。
    • この問題を解決するためには、なぜ詞葉が妥協に拘るのかを知らねばなりません。人気声優であった詞葉が何故、心折れたのか。それは理想を求めて溺死したからでした。ある程度の演技で妥協できれば良かったのですが、最善を求めてしまったがゆえにちぐはぐとなり、役を演じられなくなってしまったのです。つまりは理想を求めすぎたために自滅したのでした。詞葉は奏には自分の失敗を繰り返させたくないと、身勝手な思想を押し付けていたのです。しかし、ここで奏は自分の理想を貫くことを決意。本番でその姿勢を示すのです。奏は「足」ばかりに拘っていたため、陸上少女の演技ができませんでした。しかしここで問題だったのは「足」ではなく、「譲れない思い」とか「不屈の精神」とか「諦めない心」とかそういうやつ。故にここでの陸上少女の「足」の本質は、奏の「声」だったというわけです。今まで奏にとって普通のことであった「声を出すこと」が、声優グランプリを目指したことによって、特別なものとなったというオチ。こうして課題シナリオの陸上少女の百合友情リハビリ物語は、そっくりそのまま奏と詞葉の声優友情物語であった!という構造になります。
    • 詞葉は今まで才能だけで声優をやってきたためアイデンティティ崩壊に陥り声優を辞めることになりましたが、絶対に妥協したくないことが辞めた原因だったことが明らかになり、声優業への熱い思いをもっとるやんけ!!となり自己の掘り下げに成功するのでした。

f:id:h30shimotsuki14:20181226184253j:plain
f:id:h30shimotsuki14:20181226184249j:plain