雑録

最近読んだ薄い本 COMIC1☆13など の感想

著者名順(今のところ)。

淡夢『私のかわいい指揮官様(お兄ちゃん)』(ゆうさりつかた、2018/04/30)


えかきびと『姉弟子の一番長い日』(サークルフィオレ、2018年4月30日)の感想・レビュー


  • 概要
    • りゅうおうのおしごと!』の姉弟子こと銀子本。えかきびと先生は原作をとても大切にしていらっしゃるとのことで、銀子の人物像の掘り下げが素晴らしいです。銀子の八一に対する複雑な感情。この内面描写だけでも一読の価値ありだと思います。そして八一と向き合うために将棋をしているので、結ばれたら将棋やめちゃうんじゃないかという懸念。銀子の揺れ動く感情と、それを察して慮る八一。長き時間を過ごした二人が結ばれる様子を是非ご覧ください(ダイマ)。


  • 銀子の複雑な感情表現とそれを察して受け入れる八一は素晴らしい!!
    • 銀子は原作における描かれ方に関して、とても表現に振れ幅のあるキャラクター表現なのですが、その揺れ動く感情を同人誌という形で十二分に描き切ってくださっています。銀子は自分よりも後に入門した八一が、自分を凌駕して成長し、遥か彼方の存在になってしまったことを、歯がゆく思っているのです。そのため、八一を将棋の王子様と神聖視し、八一に追いつくために将棋をしている側面があります。恋心を抱いてしまったからこそ、将棋への情熱が不純なものになり、銀子は強くなれなかったというわけさ(原作では桂香さん視点で指摘されています)。八一と肉体関係を持ち、強引に向き合ってもらうという既成事実を作ってしまったら、銀子はもう将棋をやめてしまうのではないか!?この懸念は原作読者なら誰しも抱く思いでしょう。私も思いました。そしてえかきびと先生も思っていらっしゃったらしく、そのイメージ像を破壊しようという意図があったのが、この薄い本なのだとか(あとがきより)。スゲーな!!!
    • それでは、「銀子と八一が向き合うことができた時に銀子が将棋をやめない姿」がどのように描かれているでしょうか。この本が出した答えは、「八一の中に銀子の将棋が生きている」ということでした。幼い時から何全何万局と真剣勝負を繰り広げてきた二人だからこそ、分かり合えることがある!!

  • 八一の将棋の中に銀子が生きている!
    • 本の内容に即して述べると以下の通り。三段リーグに挑戦中の銀子はしのぎを削る中で疲弊しそうになっていました。そんな銀子は無理をして強気に振る舞うのですが、それを察した八一は銀子の奇行の原因をすぐに見抜きます。「三段リーグで辛くともカッコ悪いことではない」と銀子の悩みを受け容れる八一に対し、銀子は八一との才能の差を引き合いに出そうとするのですが、ここで八一のお言葉が炸裂!!!銀子と何万回もVSしてきたことを思い出したからこそ、これまでやってこれたと唱えるのです!これにより、銀子の悩みが解消されていきます。八一の中に自分はいないのであると、一人でしょげていた銀子ちゃん。しかし、八一の将棋の中に銀子が息づいていたと言ってもらえたのです。これには銀子ちゃん即堕ちですとも。
    • そしてイチャラブっくすを展開し、八一に膣出ししてもらう銀子ちゃん。膣堕してもらったからこそ、「八一の中に自分の将棋が生きている」と確信できるという寸法さ!!とてもハラショーだと思いませんか!?これにより、見事、「セクロスしたら八一に向き合ってもらうという目標がなくなって姉弟子将棋やめちゃうんだろうなってイメージ」をぶち壊したというわけです。
    • 八一との性交は銀子が確信を得るためのスイッチとなり、さらに八一とのこれまでの対局が銀子のさらなるエネルギーとなって放出するラストシーンは、ぜひ皆さまにご一読して頂きたいところです。

サエモン『めぐみさんと子作りエッチ』(とんぷぅら亭、2018/04/30)


  • サエモン先生のオリジナル同人誌。
    • 清楚系黒髪ロングで二つ年上の妻とイチャラブ子作りをする話です。結婚して3年目に突入するが、子作りはまだしていなかった夫婦たちが主人公です。実家に帰省した際、姉の赤ちゃんを見た妻が子供が欲しくなっちゃうというわけさ。なかなか言い出さない旦那に痺れを切らした妻が、子作りのお誘い。この清楚系黒髪ロングの奥さんがまた可愛いいのなんの。まぁ現実にはご飯を作ってくれる女性なんて存在しないのでしょうが。結婚記念日に1日中、子作りをして欲しいと恥ずかしそうにねだり、しかも言った後にあせあせする姿が本当に素晴らしいです。しかも、料理に精力剤を混ぜていたという展開も好き。

ささちん『初涼っくす!』(「K+W」、2018/04/30)


  • 艦これの初月、涼月本。
    • 3Pします。姉の涼月が有能で戦闘から料理まで何でもこなす姿を見て、初月は劣等意識を抱いてしまいます。手料理なんてもう何年も食べてないので、とてもうらやましいこと限りなし。それはそれとして、何かできることはないだろうかと悩む初月に対し、涼月は二人でできることがあるとアドバイス!蒲団へGO!奥手な初月に、涼月がやいのやいのと指導していくところはとても微笑ましいですね。あとタイツが良いですね。おだてられたり、お願いされたりすると満更でもなくなっちゃう初月ちゃんもちょろかわいい。

篠川あるみ/古我望棒銀』(セブンデイズホリディ、2018年04月30日)


  • りゅうおうのおしごと!』の銀子ちゃん本。
    • 銀子ちゃんほど原作の中でイメージが変わるキャラも少なくて、当初は主人公くんよりも上位のように描かれているのですが、それはあくまでも主人公くんの主観であって、客観的には主人公くんの方が遥か彼方の雲の上の存在なんですよね。それを銀子ちゃんが一生懸命追いかけているわけで、なんともいじらしいではありませんか。で、本作品は、原作の竜王戦の時に名人に負け越して後がなくなりメンタルクラッシュしている場面での一コマ。弱っている主人公くんを落そうとする銀子ちゃんに対し、ぶちぎれて犯してしまうという展開です。銀子ちゃんはKAWAII