雑録

君と目覚める幾つかの方法「アイル&マキノ√(DEAD END)」の感想・レビュー

アンドロイドと両足義足少女を巡るサスペンスミステリな本作ですが、1周目DEADでした。
所有しているアンドロイドを抱き、機密データを破棄しないと、このエンドに入れます。
2体の所有アンドロイドはボロボロに破壊され、主人公くんも殺されて幕を閉じます。
このエンドでは大食い婦警幼馴染が超特盛で丼ものを平らげるシーンが印象に残っています。
あと閨房描写ではAIが自主的に学んだ官能小説をモチーフに語り部をしてくれるシーンが笑えます。

DEAD END概要


  • アンドロイドは破壊され、主人公くんは殺される
    • 体験版において、違法人体売買の謎解きものであることが告げられていましたが、思ったより深く事件に巻き込まれていくことになります。おちゃらけキャラゲーではありません。義足少女を暖かく迎え入れ、新生活スタート!と思いきや、少女を巡って、警察、バイヤー、病院が暗躍していきます。尾行されたり、街中のアンドロイドが監視してきたり。そしてついには身内のアンドロイドのAIがハッキングされ主人公くんが襲われてしまいます。命の危険性に及ぶにあたって、義足少女はついに主人公くんの元を去る決意をしたのでした。
    • こうしてメインヒロインが退場となったので、残るは幼馴染たち。幼馴染Aが義肢製作者の年上サイエンティスト。幼馴染Bが体育会系で大食いの婦警。で、二人のうちどっちかを攻略してくんだろーなぁと思っていました。しかし意外や意外!主人公くんは身内のアンドロイドがハッキングされた際のログデータを手元に残しており、犯人の足跡を追うことができたのです。ここで選択肢がでるのですが、勿論、追うでしょうともさとデータを残しておくと・・・ハイ死亡!DEAD ENDに入れます。北海道土産の話で熊肉、トド肉、アザラシ肉ネタが入ったり、直前に婦警幼馴染ヒロインが大食いっぷりを披露してくれたりと小粋なギャグを展開しつつも、主人公くん殺されちゃいます。主人公くんはまたまた身内のアンドロイドを利用され、違和感に気づいた時には後の祭り。急いで自室に戻るも、そこには壊された2体の所有アンドロイドの姿が!!敵サイドから小物扱いされていたので見逃されていただけの主人公くんはログデータを保有していたことから殺害されてしまうのでした・・・。
    • とりあえず、フラグ分岐のデータ破棄yes/noのとこまで戻ってきます!!二つの事件のうち、どちらも幼馴染A(義肢製作者)のアンドロイドが使われたことから、幼馴染Aは敵側に回ってる可能性ありとか?
    • ※追記:選択肢のデータ削除の分岐まで戻りましたが、たとえデータを削除するを選んでも個別に入れません。ノーマルエンド(日常エンド)だったわ。俺らの日常は続いていくけど、そこに初音はいなかった・・・となると。あとアザラシ肉カレーを食べるシーンがあります。なんでも口入れると匂いでオエッくるらしくヒンナではないらしい。