雑録

満鉄記録映画集 【10】~【12】

ケー・シー・ワークスの満鉄記録映画集見終わった。
第10巻は他の巻に比べて満洲国におけるレジャーの娯楽的楽しみがピックアップされている。
満洲国の観光だと忠霊塔の慰霊や戦跡見学、産業や工場の視察や開拓村訪問が強調されがちなので貴重。
娯楽や楽しさ目的での満洲国観光の側面が伺える。

満鉄記録映画集 【10】

『夏のハルビン

f:id:h30shimotsuki14:20190311144243j:plainf:id:h30shimotsuki14:20190311144240j:plain

  • 『夏のハルビン』(製作:満鉄鉄道総局 製作年:昭和12年 約8分)
    • ハルビンの短い夏を楽しむ白系ロシア市民たちの生活スナップ。松花江のヨット遊び、緑陰のピクニックなど。
  • 雑感
    • 松花江が観光資源となっており、レジャー目的で人々を集客する場所として確立されていたことが分かる。松花江に浮かぶ沢山のヨットから多くの人々が水遊びを楽しんでいたことを感じ取れる。



『巴林-興安嶺キャンピング』(製作:満鉄鉄道総局 製作年:昭和12年 約11分)

f:id:h30shimotsuki14:20190311144236j:plainf:id:h30shimotsuki14:20190311144232j:plain

  • 『巴林-興安嶺キャンピング』
    • 満洲の屋根・興安嶺のふもとの巴林(パリン)高原に馬車を駆って釣りや狩猟を楽しむ日本人やロシア人のキャンパー達。
  • 雑感
    • 満洲国でも気軽にキャンプが楽しまれていたことが分かる。特に釣りはたくさんの魚を容易に釣り上げられることが強調されており、その場で揚げ物にして食していた。

f:id:h30shimotsuki14:20190311144417j:plainf:id:h30shimotsuki14:20190311144414j:plain


『北戴河』

f:id:h30shimotsuki14:20190311144410j:plainf:id:h30shimotsuki14:20190311144405j:plain

  • 『北戴河』(製作:満鉄鉄道総局 製作年:昭和12年 約8分)
    • 満支国境の山海関をはさんだ中国側に位置する海のリゾート北戴河(ペイタイホ)にくつろぐ中国在留の欧米人たち。
  • 雑感
    • 欧米人たちのリゾートとして有名。欧米人を被写体として多く映し出している。
    • 当時も海水浴がレジャーとして確立されていたことが分かる。森薫先生の『エマ』で19世紀後半のイギリスでも当時の海水浴のレジャー風景が描かれているが、満支国境でもリゾート開発が進んでいたことを実感できる。

f:id:h30shimotsuki14:20190311144540j:plainf:id:h30shimotsuki14:20190311144538j:plain


吉林の鵜飼』

f:id:h30shimotsuki14:20190311144831j:plainf:id:h30shimotsuki14:20190311144834j:plain

  • 吉林の鵜飼』(製作:満鉄鉄道総局 製作年:昭和12年 約9分)
    • 満洲の京都ともいわれた古都・吉林松花江の鵜飼は、6月から9月までの日中に行われる。鵜縄なしで川に放った鵜が魚をくわえ、鵜ごと網で船にあげて吐かせるという満洲式の鵜飼の様子。※解説と音楽はオリジナルに基づいて再録
  • 雑感
    • 満洲の「京都」である吉林の観光資源の紹介。
    • 鵜匠たちが鵜飼で魚を獲る様子を見て楽しむ観光客の様子が分かる。

f:id:h30shimotsuki14:20190311144840j:plainf:id:h30shimotsuki14:20190311144837j:plain


『東満の狩猟』

f:id:h30shimotsuki14:20190311144535j:plainf:id:h30shimotsuki14:20190311144531j:plain

  • 『東満の狩猟』(撮影:満鉄映画製作所 製作年:昭和14年 約17分)

東満の雪深い山にキジ、鹿、熊、虎を追って仕留める満洲のハンター達。

  • 雑感
    • 観光客関連としては、キジが初心者向けであると紹介されていた。虎は珍重されており、毛皮よりも爪の方が高く売れるとのこと。




満鉄記録映画集 【11】 ・【12】

一応視聴したが、支那事変の記録映像なので満洲とは殆ど関係がない。

満鉄記録映画集 【11】

  • 北支の黎明 前編 (撮影:満鉄映画製作所 製作年:昭和12年 約54分)
    • 満鉄映画製作所員による日中戦争華北戦線の従軍記録映画。
      • [第1集]蘆溝橋及びその周辺、平漢線永定河鉄道、龍王廟、八宝山、天津市の日本租界、塘沽、豊台の防衛。
      • [第2集]北平(北京)市内、宛平縣城砲撃、一文字山日本軍陣地。
      • [第3集]29軍平漢線を南下・撤退、北京廣安門の戦闘、外国通信記者団の現地取材と在北平日本特務機関長訪問、29軍による国際列車転覆、29軍撤退後の郎坊。
      • [第4集]通州守備隊、通州・新南門外の戦闘、天津市国防婦人会、天津義勇隊、満鉄天津事務所長の訓辞、満鉄社員会の天津・北京慰問。
      • [第5集]北京在留日本人の避難、天津空爆と戦闘。
      • [第6集]天津市の輸送・通信復旧作業、日本租界の厳戒体制、天津治安維持会、租界通行許可証の発給、鉄道復旧・天津始発列車、香月支那駐屯軍司令官の戦傷病者慰問。

 

満鉄記録映画集 【12】

  • 北支の黎明 後編[撮影:満鉄映画製作所 製作年:昭和12年 約51分]
    • 満鉄映画製作所員による日中戦争華北戦線の従軍記録映画。
      • [第7集]南苑総攻撃(空・陸)、29軍敗走の跡(大紅門付近)、日本軍北京西苑占拠、日本軍北京入城。
      • [第8集]日本軍の南口進撃・砲撃、八達嶺山岳戦。
      • [第9集]南口鎮陥落、八達嶺の長城砲撃・爆撃、居庸関攻略、青龍橋駅占拠、万里の長城日章旗
      • [第10集]日本軍宣撫班の宣撫工作、牟田口部隊戦没将兵慰霊祭(北京)。
      • [第11集]日本軍津浦線静海を占拠、唐官屯へ進撃。
      • [第12集]唐官屯総攻撃、唐官屯占拠、馬廠へ進撃。
      • [第13集]日本軍馬廠・青縣を占拠、陣中風景。