雑録

恋嵐スピリッチュ 体験版の感想・レビュー

みけおう先生の原画ゲー。中二系退魔師異能バトルモノだが中身はほぼ無い。
みけおう先生の原画も最近のものはキャラデザが太ましくなったように感じる。
シナリオはギャグが滑ってるキャラゲーで単なる「みけおう先生原画集」になりそう。
2019年5月発売作品だとタマユラミライと路線が同じだが、こちらはラノベ風な抜きゲー。

みけおう先生原画集」

f:id:h30shimotsuki14:20190517104520j:plain

  • 中二系退魔師異能バトル
    • 主人公くんの学校は最近怪異に悩まされるようになり、生徒会長でもあった主人公くんにその解決が委託されます。冒頭の怪異や学校の雰囲気の描写の時点で、バカゲー風味が漂うので、早々にこの作品はみけおう先生の原画ゲーなんだなと頭を切り換えた方が幸せになれるかと思います。そんなわけで、路上のポケットティッシュ配りから退魔師の連絡先を得た主人公くんは早速依頼を出し、妖怪退治に乗り出します。待ち合わせをしていた深夜の学校に現れたのは、腹ペコ炉利巨ぬーコンビの退魔師と使い魔の猫神。雑魚妖怪を蹴散らし、敵の親玉の所に辿り着きます。ボスは死後200年の炉利死霊であり1回目は敗北。この作品は乳の大きさが霊力の高さを示しているとかで、炉利巨ぬーコンビの退魔師と猫神は力を奪われ貧ぬーとなってしまいます。炉利死霊は主人公くんの正体が鬼の子孫であることを知っており、その精を得るために行動しているのだとか。そして主人公くんがお口で搾精された後三人は解放され、力を取り戻したくば明日また来いと告げられるのでした。


f:id:h30shimotsuki14:20190517104518j:plain

  • 異能バトルよりもバカゲー風味の方が強いかも知れない
    • で、新キャラ登場。貧ぬーエクソシストであり、退魔師たちからは霊力の低さを馬鹿にされています。しかし元・巨ぬーであった炉利退魔師たちも霊力を吸い取られているため共闘することになり、再び炉利死霊の所に辿り着きます。ここで炉利死霊の目的が判明。200年前に処女のまま死んだので初めてを捧げる人を探しており、それが主人公くんだと分かったとか言い出します。そして、自分は知識がないから行為をする所を見せて欲しいということで、所謂「セクロスしないと出られない部屋」に、主人公くんとエクソシストさんが閉じ込められるのでした。ここでキャラの掘り下げタイム。ハーブティーを飲んで落ち着いたエクソシストさんから心情吐露がなされます。霊力が低い貧ぬーであることから今までの人生で色々と不都合なことが多かった云々と苦労話が語られます。そして主人公くんと結ばれる決意をして閨房シーンへ・・・。行為後、部屋から解放され、集結したメンバーが目にしたものとは!!なんと今まで貧ぬーだったエクソシストがたわわに実っていたのでした。なんと主人公くんの力は霊力増強=豊胸効果だったのかー!!といったところで体験版はお開きになります。と、まぁこんな感じでシナリオはスッカスカでギャグも滑っていますが、みけおう先生の原画を眺めるゲームだと割り切って、絵師さまが好きならば買えばいいのではないでしょうかね。

f:id:h30shimotsuki14:20190517104516j:plain

f:id:h30shimotsuki14:20190517104513j:plain

f:id:h30shimotsuki14:20190517104510j:plain