宿星のガールフレンド3 体験版1.00の感想・レビュー

やっぱ宿ガルの体験版って面白いわ。とてもテンポ良いし。おススメ。
今回はクール系後輩な家庭菜園少女:佐竹鹿子がヒロイン。とても可愛い。
鹿子は両親を魔神に殺害された際、闇堕ちするようになっていました。
エネルギー切れを起こすと無意識に他人を襲ってエナジードレインしてしまうのです。
そんな鹿子の暴走を抑えるために相性の良い主人公くんをドレインタンクとすることに。
こうして本作品のコンセプトである1メートルの関係性がスタートするのであった。

佐竹鹿子のキャラクター表現とフラグ生成過程

f:id:h30shimotsuki14:20190715022455j:plain

  • 体育大会実行委員でフラグ構築
    • 宿ガル3は1や2のフラグがスルーされ学年も進級。このままでは「何もしないエンド」だとクラスメイトにアドバイスされ、体育大会の実行委員に立候補することに。この時、何かと鹿子と協力するようになり関係性を深めていきます。この時のテンポが絶妙で早すぎず遅すぎず、実行委員会ライフを送っていきます。主人公くんが鹿子を気にするようになるのは、魔神に襲われた時に記憶消去光線を浴びたことがきっかけでした。本来ならば抹消されるはずなのに、鹿子の魔法少女服姿を何度も夢に見てしまうのです。そんなこんなで、一緒にクレープを食べに行ったり、コミュ障を克服するための対策本で盛り上がったり、突然地方新聞のインタビューを1人で受けなければならなくなった鹿子を手助けしたりと、高感度蓄積していきます。


f:id:h30shimotsuki14:20190715022459j:plain

  • 貧血事件とエナジードレイン
    • そんな中、ある時鹿子自身が主人公くんを襲ってしまうのです。その原因は鹿子のエネルギー不足にありました。鹿子は自分のエネルギーが尽きかけると闇堕ちしてエナジードレインしてしまうのです。世間での貧血事件の犯人が自分だということが判明し、これには鹿子もショック。さらには両親が魔神に襲われ一人生き残ったため、あらぬ疑いが掛けられてさらにショック。そんな鹿子を庇ってあげる夕里の優しさよ・・・鹿子が夕里に懐くのも当然ですね。
    • 以上により、鹿子と主人公くんは血の相性が良いということで、主人公くんを鹿子専用エナジータンクとすることになります。1メートル以上離れるとエネルギー供給が滞るということで、本作のコンセプトである1メートル恋愛に繋がるという寸法です。こうして、二人の同棲生活がスタート。今回は鹿子の部屋に下宿します。順応度が高い主人公くんは、家事や炊事の手伝い、家庭菜園ライフを満喫していきます。しかし問題になるのは鹿子の性欲について。なんと鹿子はエロ漫画愛好家であり、様々なジャンル・作家のエロ漫画を買い漁るくらい性欲を持て余していたのです。体験版は、鹿子がおなぬーしているところを見てしまい、さらには秘蔵コレクションが暴露されてエンドとなります。見事な構成具合であり、いったい鹿子は秘密がバレてどうなってしまうのかぁー!?とワクワクです。
    • オマケの体験版トークでは、選択肢の「予約しない」を選ぶと、なぜか藤堂高虎押しの歴史人物トークが始まります。

f:id:h30shimotsuki14:20190715022521j:plain

f:id:h30shimotsuki14:20190715022526j:plainf:id:h30shimotsuki14:20190715022531j:plain

f:id:h30shimotsuki14:20190715022536j:plainf:id:h30shimotsuki14:20190715022547j:plain

f:id:h30shimotsuki14:20190715022511j:plainf:id:h30shimotsuki14:20190715022542j:plain