雑録

『レイルロアの略奪者 体験版』の感想・レビュー

いつもの中二系異能バトルでおなじみのメーカー3rdEyeの作品。
正義感にかられる武士娘と無感情系男子がファンタジー世界で捕り物活劇。
異能を用いて治安の維持を図るギルド的な機関に所属して大活躍!
無感情系男子は武士娘の許可が出た時だけバーサクし戦闘狂状態となる。
凸凹コンビのやり取りを中心に、都市で暗躍する一味の捜査が開始される。
体験版は、人質をとった逃走犯を追跡中に、幕を閉じることになる。

正義感に駆られるせわしない武士娘を眺めるのが主眼か?

f:id:h30shimotsuki14:20190901192438j:plain

  • ファンタジー世界でギルドに所属して異能使って治安維持活動
    • 体験版第1弾でスポットライトが当てられるのが、正義感に駆られるせわしない武士ガール。無感情系男子と凸凹コンビを組んで、治安維持活動に励んでいます。体験版では彼女等の異能と世界観と当面の目的が提示されます。武士ガールの異能は電気属性を利用した剣術。無感情系男子は大剣使いであり「略奪者」と呼ばれておりバーサクすると好戦的な性格に一転して戦闘狂となります。体験版の冒頭から序盤ではこの二人の捕り物活劇を見せられることになります。そして中盤からようやくシナリオが動き出します。二人が遭遇するのが「横流し事件」。本作品の世界には、ダンジョンに異物が散在しており、その異物は集積されると危険であるため、ギルドで買い取っています。しかし、ギルドよりも高額で異物を買い取る組織が現れ、商人たちはそちらに品物を横流しするようになるのです。で、この横流し事件を追っていくうちに犯人に接触するのですが、この犯人がめっぽうしぶとく武士ガールは始終翻弄されっぱなし。挙句の果てには人質まで取られてしまい、追跡中に武士ガールは返り討ちに遭って、無感情系男子に後を託すのだった・・・といったところで体験版はお開きとなります。
    • 率直に言ってギルドでの治安維持活動パートはダルダルな感じ。なんかカッコいい描写をしようとするのだけど、滑ってる感があります。武士ガールと寡黙男子のギャップと凸凹コンビがウリなのでしょうけど、会話のやりとりのパターンが一緒でマンネリ化しがちに感じてしまいました。中二的な世界観設定や中二系カタカナ用語を受け入れられるかどうかで評価が分かれるかと思います。

f:id:h30shimotsuki14:20190901192444j:plain
 
f:id:h30shimotsuki14:20190901192451j:plain
 
 

2019年10月発売 新作ノベルゲーム体験版 感想・レビュー集

h30shimotsuki14.hatenablog.com

h30shimotsuki14.hatenablog.com

h30shimotsuki14.hatenablog.com

h30shimotsuki14.hatenablog.com

h30shimotsuki14.hatenablog.com

h30shimotsuki14.hatenablog.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー