雑録

社畜癒し系漫画『仙狐さん』が三角関係ラブコメ路線になってしまったことに衝撃を隠し切れない

皆さんは仙狐さんの事を覚えていらっしゃるでしょうか。
アニメ化もしており、炉利BBAが活躍する癒し系の漫画で過労死寸前の社畜の強い味方でした。
そんな仙狐さんですが原作漫画では路線の変化が・・・


従来の物語の路線はビター風味。仙狐さんが好きなのは主人公くんではなく、その祖先であり、代償行為として姿を重ねているだけ・・・という少し切ない感じがウリとなっていました。寿命の長さによる別離というのは人外モノでは良くある展開ですが、ようやく第45話(11月29日配信)で仙狐さんがそれを乗り越えることができました→感動!ということで最終回のような感じを呈していたのです・・・

そして今回(12月13日配信の第46話)から新展開へ!なんと仙狐さんのライバルキャラとして狸耳ヒロインが登場してしまうのです。こういう「二人の関係性モノ」は、例え周辺人物が何人増えても三角関係路線にならず、二人の世界観を構築するための要素という配置が視聴者に安心感を与えていたのに・・・物語のマンネリ化を防ぐためとは言え、仙狐さんを裏切ったら心が痛いし、後輩の女の子が叶わぬ恋に惚れているというのも可哀想すぎる。社畜癒し一辺倒では限界があるとは言え、これからどうなってしまうのか・・・。
 
f:id:h30shimotsuki14:20191215214304j:plain:w450

f:id:h30shimotsuki14:20191215214309j:plain:w450

f:id:h30shimotsuki14:20191215214328j:plain:w450

f:id:h30shimotsuki14:20191215214333j:plain:w450