雑録

Harem Kingdom(ハーレムキングダム)体験版 Ver1.00の感想・レビュー

SMEEお家芸のおバカ系ギャグテキスト枠。今回の作品は異世界ハーレムモノ。
主人公は幼馴染によって女性不信となった結果、その反動で女性に幻想を抱く童貞。
その場のノリと勢いで行動する快楽主義者で就活もせず能天気に過ごしていた。
異世界に召喚された主人公は突如として王位を継承するよう要求される。
そして女性を抱いて快楽を得ないと死ぬと宣告されハーレムが築かれることとなる。
小難しいことは考えず、様々なハーレムの種類を楽しむことがウリのようである。

粗製濫造される異世界ハーレムモノでどこまで戦えるか!?

f:id:r20115:20200118021732j:plain

  • SMEEのお家芸のギャグテキストで異世界モノをやってみましたというノリ
    • SMEE作品の主人公はぶっとんだ異性観の持ち主であることがよく知られていますが、今回は女性不信の反動で幻想を抱いた童貞です。日常系百合作品をひたすら眺めて尊いと言っていれば満足なタイプであり、そこに男が介入する余地などないとするタイプ。主人公が女性不信になってしまったのは、ハイパー素直になれないツンデレ系幼馴染の存在が原因でした。主人公にひたすら好意を寄せ散々チラつかせながらも、ここぞというところでフラグ空かしをするのです。それゆえ、小中高大と同じ学校だったのにズルズルと気心の知れた仲を続けてしまったのでした。また主人公は自分の容姿や性格を弁えており、なぜハイスペックな幼馴染が自分を好きになるか理解できず、もっとふさわしい男性がいると思っていたのでした。そのような中でSMEE作品ではお馴染みのテンションの高いギャグテキストを読み進めていくと、トートツに異世界転生発動。王国の後継者として召喚された主人公と、なぜか一緒についてきた幼馴染は異世界で高い地位を得るのでした。

 
f:id:r20115:20200118021738j:plain

  • 体験版の時点ではツンデレ幼馴染と腹黒貴族令嬢が印象深い
    • 異世界転生モノだと現代科学の知識を使ったチート無双が見どころとなるパターンが多いですが、この作品はヒロインとの関係性構築が主眼となります。前国王が評判の悪い人物という設定にすることで、主人公がフツーにしているだけで好感度は爆上がりさ。攻略ヒロインは全部で5人で、ツンデレ幼馴染に加えて、女宰相、天然系姫君、腹黒貴族娘、奴隷出身魔術師という属性です。体験版の時点だと一番絡みがあるのが幼馴染キャラであり、SMEE独特の掛け合いは健在です。主人公を好きになるのは自分だけと余裕でいた幼馴染が、突如ハーレムに巻き込まれることで焦燥感に駆られるというパターンが発動しそう。そしてもう一人キャラが立っていたのが貴族令嬢。この人物は腹黒であり、当初は主人公に取り入ろうと猫なで声でお兄様と近寄ってきます。しかし主人公はこれまで幼馴染に散々弄ばれてきたので、女性の猫かぶりやぶりっ子、カマトトにはなれており、サクッと、その本性を見抜いてしまうのです。独自の恋愛観を説く主人公に対し、貴族令嬢は「だったらこれから私を夢中にさせれば良い」とモーションをかけてくるのでした。

 
f:id:r20115:20200118021748j:plain

  • 現代知識チートも少しある
    • 終盤部では最後のヒロインとして奴隷少女を買い取ります。この少女は主人公が異世界転生直後に負った傷を治してくれた恩人の人物。奴隷主から逃げ出したのですがあまりの空腹に耐えかね窃盗犯として捕まったところを助けます。相場の100倍の値段で買い取り、尚且つ奴隷売買そのものを廃止させ、その見返りとして王妃のグッズ販売独占権を付与するのでした。一応現代知識チート部門もちょっとだけあり、ソシャゲガチャ商法で暴利を貪る要素を扱う選択肢が用意されています。ラストは主人公が女宰相から女性を抱いて快楽を得ないと死ぬと告げられ、早急にハーレムを作れと促されます。果たして気高き童貞である主人公はハーレムを作れるのか!?といったところで体験版は終了。最後にどのようにハーレムを表現するかという命題に5つのパターンで応えた選択肢を選ぶことができます(上記のソシャゲガチャによる搾取もこのルートのひとつ)。

f:id:r20115:20200118021743j:plain

SMEE作品の感想一覧はこちら


【関連】2020年2月発売 新作ノベルゲーム体験版 感想・レビュー集










【まとめ】2020年発売 新作ノベルゲーム体験版の感想・レビュー