雑録

まおかつ! 体験版の感想・レビュー

アイドルのプロデューサーが異世界召喚され、魔王を懲伏してアイドルにする話。
体験版では3人の魔王を説得し、アイドルとしてスカウトする場面をプレイできる。
素直クール系直情戦士、引っ込み思案な海の巫女、妖艶な年上系を率いてアイドル活動。
召喚主の姫とその女賢者はライバルアイドルユニットとして立ち向かってくる模様。
果たして主人公はアイドル概念が無い異世界で魔王をプロデュースできるのでしょうか!?
あと難点としては立ち絵とCGとデフォルメ絵でキャラの顔が違いすぎて誰?状態となる。

粗製濫造される異世界モノで題材をアイドルにして勝負!

f:id:r20115:20200126114751j:plainf:id:r20115:20200126114805j:plain

  • 魔王たちをアイドルとしてプロデュース!
    • 主人公は現世においてアイドルのプロデューサーとして活躍していました。しかし突如異世界に召喚され世界を救うよう要請されます。数々の異能を手にした主人公はそれを引っ提げて魔王討伐に向かいます。最初に対峙したのは、クール系直情戦士。彼女に対する説得は肉体言語をともなうものであり「分からせる」を行います。主人公は戦士系魔王を圧倒的な力でフルボッコにするのですが、戦いの中で心の葛藤を見抜かれてしまうのです。魔王に同情された主人公は、それだけ力があるのだから、自分の好きなことをやった方がよいという助言に心を打たれます。直接殴り合った相手だからこそ言葉が届いたのです。主人公は魔王軍が統率されたものではなく、魔王という存在は象徴に過ぎないことを知ると、彼女らをアイドルとしてプロデュースしたいという気持ちが湧いてきます。海の魔王は巫女であり、皆に祭り上げられた存在に過ぎないことを知って、共感が芽生えます。最後の魔王は全てを見通すことができ世の中に飽いていたため、主人公の提案に乗ることになります。こうして3人の魔王を仲間にすると、主人公は偽の首を引き渡して世界平和を実現し、ほとぼりが冷めるのを待ってアイドル活動を開始したのでした。

 

f:id:r20115:20200126114759j:plainf:id:r20115:20200126114810j:plain

  • 一番かわいいのは賢者のイーリス
    • OP MOVIEでは異世界召喚した姫と賢者もアイドル衣装を着ており、特典ではライバルのサブキャラも攻略できるディスクがついてくるとされ二人の立ち絵が描かれています。このことから賢者もアイドルになる展開が予想されます。体験版では5キャラしかでていませんが、その中でも屈指のかわいさを誇るのが、この賢者イーリスなのです。主人公を信じて送り出した結果、魔王を討伐したと思っていたら、実はそれは偽の首だったことを明かされ、衝撃を受けます。そしてさらにアイドルとかいう自分たちの世界線では未知の職業に魔王を就けると言い出した主人公を見て唖然とするのです。賢者イーリスはこれ以外にも苦労人ポジションであり、色々と気苦労が多いことがアチコチで記されています。良識ある女性が振り回されて、ついにはアイドルにまでなるのかと思うと、どのようにライバルユニットとして絡んでくるのかが楽しみです。

f:id:r20115:20200126114815j:plain

2020年4月発売 ノベルゲーム感想・レビュー集











cf.ノベルゲー感想・レビュー集