倫理 日本思想【7】明治日本のキリスト教受容/国家主義の高まりと社会主義

1.キリスト教の受容

(1)キリスト教と日本人

  • ★背景:1873(明治6年)キリシタン禁令が解かれる→キリスト教の受容。プロテスタンティズムが広まる。
  • 新島襄…「平和の遣い」。聖書に感銘を受け、西洋文明とキリスト教で日本に尽くすと決意。同志社を設立し、キリスト教を基本とする自由自活の精神を持った教育を展開した。教会の寡頭政治を批判して、開かれた教会目指して活躍した。
  • ②植村正久…東京神学社を創立して伝道者の養成にあたり、日本神学界の基礎を築く。教会の自主自立と日本人による伝道を推進。
  • 新渡戸稲造…教会や聖書にではなく、魂の内なる光を重視するクェーカーの信仰に強く共鳴。「太平洋の橋とならん」とのたまい、キリスト教と日本文化との融合、日本文化の海外への紹介につとめた。国際連盟事務次長として『武士道』で日本人の精神を世界に紹介した。

(2)二つのJ 心の灯台!【内村鑑三

  • 札幌農学校(現在の北海道大学)
  • ②二つのJとは
    • エス(Jesus)と日本(Japan)→「われは日本のため、日本は世界のため、世界はキリストのため、すべては神のため」
  • ③不敬事件…教育勅語の奉読式で明治天皇の署名への礼拝を拒否。
  • ④非戦論
    • 「余は日露非開戦論者であるばかりでない、戦争絶対的廃止論者である、戦争は人を殺すことである、そうして人を殺すことは大悪罪である」
  • ⑤日本の伝統とキリスト教の一致
    • 日本の伝統的思想に世界史的な使命を認める→「武士道の上に接木された基督教に由て救はるる」
  • ⑥無教会主義
    • 教会の教義や儀式にとらわれることなく、聖書のみにもとづく信仰を主張し、独立した個人として神の前に立つことを唱えた。

2.国家主義の高まりと社会主義

2-1.国家意識の高まり…軍隊と教育、資本主義→国民統合 →日本国民としての意識の喚起

(0)客分意識(日本人の伝統的な政治意識)
  • 「だれが天下をとってもいいからともかく安心して飯が食えるようにしてくれ」
  • 客分は国家の運命を心配する必要がない。ひとたび戦争となれば、「我々は客分のことなるゆえ、一命を棄つるは過分なりとて逃げ走る」
  • それ故、被治者に国家に対する帰属意識(ナショナル・アイデンティティ)を持たせる必要がある。→オリンピック、ワールドカップ、教育、軍隊、日本史など
(1)国民国家ナショナリズム
(2)天皇崇拝と教育勅語
  • 1889年 大日本帝国憲法 →近代国家の体裁が制度上整う→ 天皇は「神聖ニシテ侵スヘカラス」
  • 1890年 教育勅語…伝統的な儒教道徳と市民的な徳目を、皇室中心の立場から統合した内容で構成される。強い国家的統一を指向する国民道徳を説く。

2-2.社会主義思想

(0)社会主義思想の背景
  • 資本蓄積+労働力の創出+世界市場=資本主義 →労働問題・社会問題の増加
  • 社会主義…資本主義社会の矛盾や欠陥を是正するために、生産手段の私有制を否定し、生産手段を共同社会の所有に移しかえ、万人の利益のために管理するべきだという主張。
(1)キリスト教
(2)民権論系
(3)マルクス主義