雑録

ひぐらしのなく頃に業 第17話「沙都子もまたループする存在」の感想・レビュー

これまでの梨花は何度ループして世界をやり直しても破滅エンドから逃れることはできませんでした。
その理由はループから脱却した世界線梨花が雛見沢を捨て都会へ出て行ったからでした。
梨花が雛見沢を受け入れたことにより呪縛から解き放たれ鷹野とのラスボスバトルに辿り着きます。
しかし今回の放送では鷹野とのバトルが瞬時に決着しいきなりハッピーエンドとなるのです。
あまりにもご都合主義であることに違和感を拭いきれなかった梨花はある可能性に辿り着きます。
世界を動かしているのは自分ではなく第三者の存在だと。そしてそれが沙都子であったのだと。

ループ能力のバーゲンセールみたいだぜ!

f:id:r20115:20210131155949j:plainf:id:r20115:20210131155954j:plain

  • いつどこでどのようになぜ沙都子はループ能力を手にしたのか
    • 前回の放送で梨花が雛見沢を捨てようとしたことがバッドエンドの因子であったことに気付き、それを除去することでついにラスボスバトルに辿り着くことができました。視聴者はハイハイ鷹野戦ねーと思っていたことでしょうが、なんと鷹野が勝手に罪を告白しすべてがご都合主義的に解決してハッピーエンドとなります。惨劇など起きなかった!
    • あまりにもトントン拍子にことが進むので、違和感を拭いきれなかった梨花は、まるで自分ではない誰かが世界を動かしているのではないかと推測し始めます。マァ前回の放送で梨花の内臓を抉り出してクチャクチャやっていたのは沙都子でしたし、なんで沙都子が未来の世界線梨花が雛見沢を捨てることを知ってんじゃい?と伏線が張られていましたし。視聴者はまさか沙都子もループしてんじゃね?と思っていたことでしょうが、まさにビンゴだったようです。
    • このすべてがうまく行った世界線では梨花が沙都子を炙り出すことになります。沙都子のお誕生日会を画策することで沙都子もまたループしているのではないかという推測を確かめるのです。梨花の推測は大当たりのようで、周回しなければ知り得ない情報(びっくり箱)を沙都子が知っていることを確かめます。ボロをだしてしまった沙都子を問い詰めると沙都子は豹変。銃器を梨花に向けるのでした。ついに完全に原作(同人版)のひぐらしと違う展開になってきました。

f:id:r20115:20210131160002j:plainf:id:r20115:20210131160008j:plain