雑録

ゆるキャン△SEASON2 第8話「ひとりのキャンプ」の感想・レビュー

コミュ力お化けなでしこ」とそれに感化された存在でもある姉しこ×志摩リンの話。
「なでしこは電波届かないだけ……」心配になった志摩リンはキャンプ地へ急行。
しかし心配していたのは志摩リンだけでなく姉しこもまたキャンプ場に向かっていた。
キャンプ場では子どもたちと創作キャンプ料理(ホイル焼き)で仲良くなるなでしこの姿が!
警戒していた子ども(姉)がなでしこに影響されキャンプに目覚める場面はホッコリする。
こうして姉しこと志摩リンはなでしこの無事を確認し一安心。
なでしこを媒介にしてフラグ構築した二人は夜の街に消えていくのだった。

なでしこのコミュ力が人々を感化しており、姉しこと志摩リンもなでしこに影響を受けた存在

f:id:r20115:20210226082437j:plainf:id:r20115:20210226082442j:plain

  • コミュ力お化けなでしこ
    • キャンプ場に着いたなでしこはいよいよソロキャンを開始。周囲を散策した後テントを設営しキャンプ実験料理にチャレンジします。それを見ていたのは父親に連れられてキャンプに来ていた姉弟たち。特に姉の方はキャンプに消極的であり、一人でキャンプを楽しむなでしこを訝しんでぼっち扱いします。そんな子供(姉)をも懐柔してしまうのが、我らがなでしこ。コンビニ飯を炊事場に温めに来た姉弟にまるごと野菜のホイル焼きを振る舞います。最初は警戒していた子供(姉)ですが、美味しいホイル焼きを味わううちになでしこに心を開いていきます。なでしこが人の対人障壁にそっと入り込みオープンハートさせてしまうシーンはグッときますね。さらになでしこの優しさは子供(姉)を追撃。なでしこのホイル焼きとコンビニ飯を対比して劣等感を抱く子供(姉)に対し、自分もカップ麺とか好きーといって相手を肯定的にフォローするのです。そんななでしこと接すれば影響されること待った無し!なんと子供(姉)は次は自分も何か作りたいとキャンプに対する興味を向上させ積極性を生んだのでした。マジなでしこ癒し。

 

f:id:r20115:20210226082458j:plainf:id:r20115:20210226082453j:plain

  • 姉しこ×志摩リンのフラグ形成
    • なでしこがソロキャンを楽しむ一方で、心配になってしまったのが志摩リンと姉しこ。「なでしこは電波届かないだけ……」(左手はそえるだけパロ)と自分に言い聞かせる志摩リンですが最終的に居ても立っても居られなくなりキャンプ場に急行します。姉しこもまた同様であり、見守りアプリの位置情報機能が途絶えるとキャンプ場へと車を転がすのでした。二人で同じキャンプ場を目指せば、エンカウントするのは必定!なでしこのコミュ力は見えないところでも他者に影響を与えます。最初は志摩リンなんて孤高のソロキャンパーだったんだぜ。それが野クルたちと交流し、ダチしこ(アヤちゃん)とも孫ライダーズを結成し、今度は姉しことフラグ構築。アニメ1期が志摩リンをオープンハートさせる構造だったとしたら、アニメ2期は志摩リンが世界を広げるという展開であり、それがこの第8話に集約されていることを思うとシリーズ構成の人とかスゲーなと思ってしまいます。それはさておき、姉しこと遭遇した志摩リンは夜景を見に誘います。二人で夜景を見るシーンは姉しこ×志摩リンが際立つ最高に素晴らしいシーンとなっておりますおススメ。そこへなでしこも夜景を見にやってきてバレないように二人で隠れるのも味わい深いですね。なでしこが電波届くところを探している間に逃げ出す二人をお楽しみください。最後はなでしこから送られてきた夜景のシーンを姉しこが志摩リンに見せ、今度は姉しこから夕食に誘い、二人は夜の街へと消えていくのでした。

f:id:r20115:20210226082509j:plainf:id:r20115:20210226082519j:plain

f:id:r20115:20210226082504j:plainf:id:r20115:20210226082514j:plain