雑録

ゆるキャン△SEASON2 第10話「伊豆キャン!はじまり」の感想・レビュー

ジオパーク巡り。地理と地学のお勉強の時間ですよ!伊豆に行きたくなりますね。
大垣曰く、伊豆キャンでのテーマは伊豆のジオパーク巡りと伊豆グルメとのこと。
早朝、顧問教員の車に乗り込み身延から伊豆へと向かうのですが……
なんと昂奮して夜眠れなかったなでしこは車内で爆睡し午前中イベントほぼスルー。
見どころは犬山姉妹が一緒になってなでしこにホラを吹くところ。
原作でルート変更を知りカピバラショックを受けた犬山(妹)の描写が差し替え。
サプライズ誕生日会イベントに犬山(妹)も加わる演出となった!

なでしこ、まさかの爆睡で午前中イベントをスルーしてしまう

f:id:r20115:20210312075527j:plainf:id:r20115:20210312075544j:plainf:id:r20115:20210312075554j:plain

  • 起きた時には伊豆キャン終了のお知らせを犬山姉妹から告げられるなでしこ
    • 今回はコンテンツツーリズム度が高く、伊豆のジオパークを巡る様子が描かれます。大瀬崎・城山・竜宮窟・爪木崎・細野高原などなどが登場します。各地の魅力がふんだんに描写されているため、行ってみたくなる度が高いですね!コロナ禍じゃなければ多くの人々が聖地巡礼に行きそう。個人的に今回好きだった描写は志摩リンの時間の使い方。先発した志摩リンは、渋滞にはまって到着が遅れる野クルたちから報告を受けるのですが、何ともなしにその辺をプラプラしていると、一人時間を楽しむのです。予定の時間に合わないとカリカリすることもなく、臨機応変に対応し、自分の好きな時間の使い方を見つけられるとか素晴らしいじゃありませんか。錨デケー・ぬくい・海辺の鳥居ってなんかいいよな・黒船じゃー・ちょっとその辺行ってみるかのコンボは大好きです。「海風で冷えた体にミルクティーが染みるぜ……」も挿れて欲しかったよなぁというのはここだけの話。
    • 印象的だったのは犬山姉妹の大活躍。犬子さんはナチュラルにほらを吹きなでしこに誤った知識を植え付けうそやでーをするというネタで一世を風靡しましたが、今回はイモウトとともに大活躍します。車内で爆睡してしまったなでしこが昼前に起きた時、伊豆キャン終了のお知らせを吹き込むのです。もう既に2日後であり、あとは山梨に帰るだけ!というのです。チビ犬子も一緒になってホラを吹くので真実味が一層増し、なでしこは愕然とするのでした。また、トンボロって何?と聞くチビ犬子に姉は豚トロの仲間やでーと息をつくように嘘をつくのですが。そもそもトンボロを知らないこと自体が嘘であるとアフレコされるシーンは見ものとなっています。そして地主の意向でキャンプ禁止となり別ルートに入った時、原作ではカピバラちゃんが延期されてショックを受けていたチビ犬子でしたが、アニメ版ではショックを受けずサプライズパーティーに加わるという演出になっています。果たして、チビ犬子はお姉ちゃんのために何をするのか!?目を離せませんね!

ホッコリする

f:id:r20115:20210312075538j:plainf:id:r20115:20210312075609j:plain

削除された漫画版名シーン

f:id:r20115:20210312075509j:plain:h300f:id:r20115:20210312075513j:plain:h300