雑録

SSSS.DYNAZENON 第5回「恋人みたいって、なに?」の感想・レビュー

水着回かつ伏線ばら撒き回。メインヒロインは姉の水死がフラッシュバックしPTSDが炸裂。
無職ニート氏は、結婚したことを後悔している人妻と不倫に走る。
そんな無職ニート氏を大好きな不登校少女は、不倫現場を目撃。さらにリスカフラグも立っている。
怪獣優性思想の人々はサルトルの「人間は自由の刑に処せられている」的なことを言いだす。
最後はメインヒロインの姉の変死は自殺であることが匂わされ幕を閉じる。

姉が水死しているメインヒロインがプールに行ってトラウマ発動

f:id:r20115:20210502214256j:plainf:id:r20115:20210502214302j:plain

  • 一見するとバラバラのような伏線が一つに収束するのだろうか?
    • 第5話時点における物語の主なテーマは3つ。それは①メインヒロインの姉の変死、②怪獣優性思想問題、③社会不適合(無職ニート不登校少女)の3点として現れています。全体的にダウナー系で重くて暗く各テーマがとっちらかっててまとまりのないような感じで提示されています。これらが一つに収束していったら見ものかと思われますが、果たしてどうなることやら。
    • 怪獣優勢思想の人たちは実存主義サルトルのようなことを言いだします。人間は自由を求めながらも本質的にはその重荷に耐えられないので枷を求めるのだと。サルトルだったら不安を乗り越え、自由にともなう責任を貫けとか言うでしょうが、なかなかそうはできないもの。また主人公たちの情動を感じるとかも言い出すのでした。
    • メインヒロインは姉が水死してるっぽいし、さらには自殺であることが匂わされています。主人公は色気づいてメインヒロインにくっついて回ってますが、面白半分に性的によこしまな気持ちで関わったことを後悔するとかいう展開になるのかもしれません。さらに主人公のバイト先の先輩で結婚したことを後悔している人妻が無職ニートと大衆酒場で酒盛りをしたり、それを見た不登校少女が気を揉んだりと伏線が張り巡らされたのでした。不登校少女はリスカしてんのか?怪獣優勢思想がセカイ系であり所与のものとかだったりしたら残念かもしれない。

f:id:r20115:20210502214319j:plainf:id:r20115:20210502214324j:plain