雑録

ひぐらしのなく頃に 卒 第1話「雛見沢症候群を起こす主体が鷹野から沙都子に変わる」の感想・レビュー

ひぐらし「業」は沙都子がクレイジーサイコレズとなってしまう過程が描かれました。
ひぐらし「卒」では沙都子が鷹野に成り代わり雛見沢症候群を任意に発生させ惨劇を引き起こします。
最初の犠牲者となってしまうのはレナ。母の不倫で父子家庭となり父は商売女に引っかかります。
二度目の家庭崩壊を防ぐため自責の念に駆られたレナが発狂していく所がポイントです。
沙都子がどのような意図でなぜレナ√を再現すれば梨花の心を折れると思ったかに注目。

沙都子が梨花の心を圧し折る対象としてレナ√を選んだのは何故か!?

f:id:r20115:20210706142632j:plainf:id:r20115:20210706142704j:plain

  • レナの家庭問題
    • レナは幼少期に両親の離婚を経験しています。母親が不倫して妊娠してしまい、父親と別れることになったのです。この時、レナは自分が不倫相手を拒絶しなかったので、母親が不倫を続けてしまったのだと自責の念に駆られることとなります。これが雛見沢症候群により刺激され何もかも殺し尽くす背景となるのです。レナは聡明で賢い人物であったため、生活を上手く回すために、わざと天然な風にふるまいちょっと不思議ちゃん入っているように見せかけています。しかしそれは全て演技であり、破滅を防ぐための自己欺瞞であったのです。
    • ある時、父親の様子がおかしいことに気付いたレナ。母親の慰謝料が使い込まれ、部屋からは商売女の名刺が見つかります。父親が女に走って金を使い込んでいることに直面したレナは、今度こそ家庭崩壊を防ぐために自分が何とかするんだと息巻き夜の繁華街へと繰り出します。しかしレナが店に入れるわけもなく、途方に暮れて喫茶店で佇んでいると、なんと当事者が同僚を連れて現れたではありませんか。そしてレナの父をカネヅルにしている話を聞いてしまうのです。ハイ、雛見沢症候群発症のトリガーが引かれました。みんなお馴染みのレナ√に突入します。
    • で、ここで疑問となるのが、なぜ沙都子が梨花の心を圧し折る対象として第一にレナ√を選んだのかということ。ひぐらし業前半の各編のバッドエンドは従来のものではなく沙都子が引き起こしたと解釈することもできますが……。よもや手当たり次第に惨劇を繰り返しているだけではないよね!?

f:id:r20115:20210706142649j:plainf:id:r20115:20210706142643j:plain

f:id:r20115:20210706142654j:plainf:id:r20115:20210706142659j:plain