雑録

ひぐらしのなく頃に 卒 第12話「ループ殺しの剣の破片・沙都子の頬の傷・羽生VSエウア」の感想・レビュー

今回のお話では梨花が沙都子を倒すための要素が3つ提示されました。
一つ目が梨花が沙都子を殺す手段を手に入れたこと。それがループする者を殺せる剣の破片。
二つ目がループ殺しの剣で沙都子が若干の傷を負ったこと。このダメージが伏線になりそう。
三つ目が羽生がエウアの空間に介入したこと。羽生はどれだけ食い下がれるのかが見どころ。
これまで延々と沙都子の狂気を見せられてきたので、ようやく梨花サイドの物語が動いたかという感じ。

梨花は沙都子を倒せるのか。エウアと羽生はどのような存在なのか。

f:id:r20115:20210910174048j:plainf:id:r20115:20210910174052j:plain

  • 梨花が沙都子を倒すための3つの要素
    • 延々と沙都子の狂気を見せられている視聴者たち。これだけやられても沙都子の狂気の根本原因は、梨花のせいなので(雛見沢を捨てるため沙都子を踏み台にし、新しい環境では関係性を切って捨てたため)、梨花に対して全く共感できない不思議。しかしこのまま沙都子劇場を見せられてもなぁと思っていましたし、そろそろ梨花にも反撃の狼煙を上げて貰わないとシナリオ進まないやんけとも感じられていました。と、いうことでついに物語が動き出します。今回梨花が沙都子を倒すために紹介されたのは以下の3つ。一つ目はループ殺しの剣。永遠のループを繰り返す者を殺すことが出来る剣の存在が明らかになり、それを知った沙都子は先回りして剣を回収したものの、その破片が残ったというわけ。この破片を梨花は運よく入手することができました。梨花は自殺するための手段しか思い浮かびませんでしたが、もし惨劇を起こしている張本人が沙都子でありループしていることが分かれば、梨花が主体的に沙都子を殺す手段を得たというのは大きいですね。二つ目はループ殺しの剣で沙都子にダメージが入ったということ。剣を引き抜く際、勢い余って沙都子の頬が傷つくのです。傷口としては取るに足りないものでしたが、ループ殺し特攻が本物だとしたら、次のループでは何がしか沙都子に不具合が起こるはずです。これが今後の展開にどうかかわってくるのか?結構伏線となりそうな感じがするのですがいかがでしょうかね?三つ目はエウアに羽生がどれだけ食い下がれるかということ。これまでエウアの掌の上で転がされてた一連の登場人物たちですが、今回ついに羽生がエウアの空間に割り込みをかけました。羽生がやられてしまうのは必定でしょうが、梨花のためにどのように羽生が散って逝くのかに注目されます。

f:id:r20115:20210910174039j:plainf:id:r20115:20210910174044j:plain

ひぐらし業&卒感想まとめ