【レポート用メモ】ヘリテージツーリズム×ピースツーリズム(3)~検疫所があった「軍の島」似島~

広島港から船で20分、似島(広島市南区)へと渡ることができる。
ここはかつて軍の検疫所が置かれていた「軍の島」であり、戦争遺構が数多く残っている。
今回は検疫所に関する戦争遺構を回ってきたので、案内板やパンフレットなどをメモしておくこととする。

【目次】

似島と戦争

広島市南区似島には、戦争にまつわる遺構が数多く点在している。日清戦争終戦直後の1895年には現在の似島学園の位置に第一検疫所が、日露戦争中の1905年には元少年然の家の位置に第二検疫所が、第二次世界停戦中の1940年には馬匹検疫所が建設された。

検疫所は戦地から帰還した兵士に対して伝染病の検疫・消毒を行う施設で、終戦まで検疫の仕事が続けられた。原爆投下後は多くの被災者が運び込まれて臨時野戦病院となる。原爆投下直後から20日間に約1万人の負傷者が運び込まれ、その殆どが死亡し、火葬が間に合わなかったので、多くは土中に埋葬された。1947年の発掘では1500体、以降4回の発掘で2602体、遺灰100人分、多くの遺品が大量に発掘された。

広島港から船で行く(所要時間20分程度)

似島の略年表

1895年4月 日清戦争終結
1895年6月 陸軍検疫所(第一検疫所)を設置(現似島学園)
1904年2月 日露戦争宣戦布告
1904年10月 第二陸軍検疫所を設置(現少年自然の家)
1905年1月 捕虜収容所を設置、ロシア兵2891名収容(現似島学園)
1914年7月 第一次世界大戦、第五師団青島出兵
1917年2月 ドイツ軍捕虜545名を収容
1919年 陸軍弾薬庫を設置(現似島学園)
1940年 陸軍馬匹検疫所設置(現似島小・中学校)

観光案内所ではレンタサイクルを1日500円で借りることができる(全15台)。

第一検疫所関連

第一検疫所跡(現似島学園)

1895年6月1日開設。第一検疫所の建設は地元住民の土地を強制買収し、通常なら3年かかると言われていた工事を、地元の人々を「徴用」でかり出し、わずか2ヶ月で完成させた。戦後の昭和21年、似島学園が戦災孤児・原爆孤児の施設として開設された。また周辺には桟橋が残っている。日露戦争時に戦地から帰還する兵士等の検疫・消毒を行うため、未消毒の兵士を上陸させた桟橋と、無事に検疫を終えた兵士等が帰途につくために乗船する船の消毒桟橋跡が見られる。

第一検疫所跡(似島学園)

第一検疫所焼却炉煙突

1895年建造。検疫所の汚物を焼却した赤レンガ煙突。火葬場は別場所に存在していた。

第一検疫所焼却炉煙突

後藤新平

後藤新平似島検疫所創設のため尽力した人物。日清戦争終結が近づくにつれ、帰還兵のコレラ等難病感染を水際で食い止める「国際戦争における防疫」が大きな課題となる。そのため民有林・原野19919坪を買収し、2ヶ月で完成させた。似島学園内にあるブロンズ像は昭和10年代に製造され別の場所に建立されていたが、第二次大戦中の金属類回収令を逃れるために3つに分割して防空壕内に保管していた。1992年4月、ゆかりの地である学園内の敷地に移設・建立された。

後藤新平

第二検疫所関連

第二検疫所跡(現似島臨海少年自然の家)

1904年10月設置。第二検疫所の土地は、もともとは島の人々の食料を補給する畑であったが半強制的に取り上げ検疫所を建てた。戦地から帰還する何十万の兵士が国内へコレラを持ち込まないようにする役割があった。また被爆当時は救護・野戦病院として機能した。第一次大戦時の1917年2月から1920年4月までの間、検疫所の山側半分の区域をドイツ俘虜収容所として使用した。

第二検疫所跡(現似島臨海少年自然の家)

バウムクーヘン伝説

第二検疫所は第一次大戦時にドイツ軍の俘虜収容所となった。その中にマイスターの資格を持つ菓子職人カール・ユーハイムがおり、市内の物産陳列館(現原爆ドーム)でドイツ人俘虜による展示即売会が開催された際、バウムクーヘンを販売した。これが日本におけるバウムクーヘンの始まりとする説がある。

バウムクーヘン伝説

第二検疫所「似島臨時野戦病院」跡(現平和養老館)

被爆当時は「似島臨時野戦病院」が開設され、途切れなく運ばれてくる被爆者の診療看護を行う。戦後は原爆で身寄りを失い一人になった老人の施設として養護老人ホーム「広島平和養老館」が建設された。建物の前庭に原爆被爆者の慰霊碑が建立されており、碑の中には遺品と新聞記事がタイムカプセルに入れられて埋蔵されている。

第二検疫所「似島臨時野戦病院」跡(現平和養老館)

第二検疫所井戸

構内に現存する唯一の井戸は臨時野戦病院開設時に使用され、末期の水となった。現在、この井戸水は平和記念式典で献水されている。

第二検疫所井戸

馬匹検疫所関連

馬匹検疫所跡(現似島小・中学校)

1940年、軍用場検疫所が増設された。被爆当時、人間の火葬が行われることとなった。1992年8月馬匹焼却炉の一部が発見され、被爆犠牲者が埋葬されたという証言に基づき発掘作業が行われた結果、大量の骨片が出現。小さな骨片のため正確な数は不明だが、1000人近い人を火葬したという証言も残っている。この焼却炉は現似島臨海少年自然の家の敷地に移設された。

馬匹検疫所跡(現似島小・中学校)

移設「馬匹焼却炉」(現似島臨海少年自然の家)

上述した通り、現似島小・中学校にあった馬匹検疫所では被爆当時運ばれて来た人々を焼却炉で火葬した。発掘調査により出現した多くの人骨や遺品は現在広島平和記念公園内にある供養塔に合祀されている。焼却炉の遺構は1990年9月に発掘され、翌年2月に少年自然の家に移設された。

移設「馬匹焼却炉」(現似島臨海少年自然の家)

慰霊関係

慰霊碑

1971年10月、似島中学校農業実習地から遺骨7体が発見された。その後の調査では517体分もの遺骨と遺品が発掘された。1972年11月にこれらの原爆犠牲者の冥福を祈り、慰霊碑が建立された。

慰霊碑

慰霊の広場・似島平和資料館

慰霊碑の道路を挟んで向こう側にある広場。多くの遺体が埋められているとの証言に基づき発掘調査が行われた結果、85体の遺骨と遺品が出現した。2021年には広場内に平和資料館はオープン。館内には軍都広島を支えた似島の歴史に関する資料や写真、遺品等が展示されている。

慰霊の広場・似島平和資料館