らぁめん城ヶ崎で「もつ煮」を食べた時の話

グンマーのオオママにある「らぁめん城ヶ崎」は店主がデレマスの城ヶ崎(姉)をリスペクトしている。
当初この店は固定メニューが何と1種類だけだったのだが、限定で色々なメニューにチャレンジしている。
最近は何と「もつ煮」を出していたので、数日前に訪問した際、思わず注文してしまった。
印象としてはけんちん汁のような感じであったし、いつものタマネギのインパクトが凄かった。
あとラーメンを注文しないともつ煮を注文できず、汁物の味の混在。白いご飯が欲しかった。

らぁめん城ヶ崎の「もつ煮」

もつ煮

ラーメン屋でもつ煮って珍しい気がする。そうでもない?大衆食堂か!1日〇食限定とか書かれるとつい食べたくなってしまうのは人のサガというものよ。そんなわけでつい注文してしまったらぁめん城ヶ崎の「もつ煮」。その味はなんかけんちん汁に近いような気がする。豊富な根菜類にコンニャク、そして肉。らぁめん城ヶ崎は通常のらぁめんに生タマネギをどかどか乗せることで有名だが、もつ煮も生タマネギがどかどか乗る。最初に汁を啜った時、もう一口目から生タマネギでそのインパクトは強い。そしてその生タマネギに大根やニンジンがホクホクしていておいしい。それにグンマーの民ならコンニャクは大好きである。このように何かモツがメインというよりかはけんちん汁の中にモツが入っているように感じられた。当然の如く白いご飯が欲しくなったのだが、なんとこのもつ煮はらぁめんとセットでないと購入できないのである。らぁめん城ヶ崎のらぁめんはどろり濃厚スープなので、もつ煮と一緒に食べると、舌の中でビッグバンが生まれそう。白いご飯が食べたいです。腹の中がスープでタポタポになりながら、帰途についた。

ラーメンを注文しないともつ煮を頼むことができない