雑録

2007-07-13から1日間の記事一覧

ヘッセ/高橋健二訳『デミアン』(新潮文庫) の感想

私は何年も試み続けねばならず、結局なんにもなれず、なんの目標にも達しなかったかもしれない。 私は自分の中から一人出て来ようとしたところのものを、生きてみようと欲したにすぎない。 なぜそれが困難であったか。主人公シンクレールがデミアンの手引き…