雑録

2010-02-11から1日間の記事一覧

ヘッセ(山本洋一訳)「クラインとワーグナー」『ヘルマン・ヘッセ全集』第11巻 臨川書店 2006

現実逃避のために読む。 話の筋書きとしては、良識的な市民であることに苦悩するクラインが身を委ねることに人生を見いだす話だと思われる、というか思った。 主人公のクラインは金を横領して家族を捨てて逃亡する。良識的な市民であるという人生に耐えられ…

ヘッセ(山本洋一訳)「クラインとワーグナー」『ヘルマン・ヘッセ全集』第11巻 臨川書店 2006

現実逃避のために読む。 話の筋書きとしては、良識的な市民であることに苦悩するクラインが身を委ねることに人生を見いだす話だと思われる、というか思った。 主人公のクラインは金を横領して家族を捨てて逃亡する。良識的な市民であるという人生に耐えられ…