教科教育

  • 文献・研究: 歴史教育-文献歴史教育-雑考
  • 授業用ネタ: センター国語受験世界史受験日本史巡検
  • レジュメセット: 日本史| 世界史( 欧米史| 欧州文化史| アジア史| アフリカ史 )| 倫理
  • 歴史学

  • 文献・研究: 歴史-文献満洲-文献満洲研究近現代北海道史海事
  • 講義録(人文系): 国史概説史料判読極東蘇聯史文献調査博物館学(断片)
  • 観光学

  • 講義録(観光系): Heritage Tourism/ Contents Tourism (A-partB-part)
  • 『北へ。』研究: 観光学における『北へ。』の位置づけWI個別√感想DD個別√感想
  • 【レポート】 コンテンツツーリズム「らぁめん城ヶ崎」
  • コンテンツ産業

  • 各種媒体: 文学映画animemangalight-novel
  • ノベルゲームの最前線: 全般/ 体験版/ 過去作50音順/ 2020発売月順/ 2020製品版/ 発売前予想
  • ノベルゲームの回顧と展望: 2019/ 2018/ 2017/ 2016/ 2015/ 2014/ 2013/ 2012/ 2011-2000
  • topic

  • 2020秋アニメ: ゴルカム/ おちフル/ ストパン/ ひぐらし/ まいてつ/ 神様/ しまむら
  • 【11月新作】 2020年11月新作ノベルゲーは何を買ったらいいですか!?
  • 『まいてつ Last Run!!』の「シナリオ」は本当に低評価だったのか?~その原因を探る~
  • 『ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう』の感想・レビュー


  • ヘッセ(山本洋一訳)「クラインとワーグナー」『ヘルマン・ヘッセ全集』第11巻 臨川書店 2006

    現実逃避のために読む。
    話の筋書きとしては、良識的な市民であることに苦悩するクラインが身を委ねることに人生を見いだす話だと思われる、というか思った。


    主人公のクラインは金を横領して家族を捨てて逃亡する。良識的な市民であるという人生に耐えられなかったのだ。そこで、彼は自分が良識的な市民であったときに、若き日にワーグナーに熱中したが故にワーグナーを批判する。それはワーグナーを批判しているのではなくワーグナーに熱中した過去の自分が嫌だったからだ。また、教師でありながら殺人を犯した別のワーグナーに対して、良識的な市民としてコメントを述べるが、そんな狂気的な側面もまたクラインも内包しているのだった。そんなこんなで、クラインは苦悩する。苦悩しながら悟ったり心のへ平穏を得たり女と寝たり発狂しかけたする。そして、ボートから水面へ投身したとき、身を委ねることに人生を見いだした。

    秘策はこれに尽きた。わが身を投げ出すことなのだ!それは彼の人生の結論として、彼の本質全体を貫いて明るく光り輝いていた。身を投げ出すということだ!それを一度実行していたら、一度自らを犠牲にしていたら、身をゆだね、献身していたら、すべての支えと自分の足もとの堅固な地盤を、一度ことごとく放棄していたなら、そして自らの心の内にいる導き手の声だけに完璧に耳を傾けるならば、すべてが得られるのだ。そうすればすべては良く、もはや何の不安も、何の危険もなくなるのだ。