雑録

月がきれい 第7話「惜しみなく愛は奪う」を見た。

遊園地回。お約束のパターンである主人公くんとヒロインが他のメンバーから抜け出す展開が発動。
二人がイチャコラするシーンを眺めましょう。ほらチューしろチューって感じ?
今まで周囲に交際を黙っていたが、ヒロインが寝取られそうになると主人公くんが立ち上がる!
寝取ろうとする男の前に立ちはだかり、付き合っているからと宣言するのであった。
川越の伝統芸能目当てで見始めたのに、伝統芸能要素は変化したOPだけ・・・。
OPから主人公くんがメインヒロインの陸上を題材にした小説を書くことが分かった。

NTR展開になるかと思ったのは私だけではないはず・・・


  • 当て馬ヒロイン策士やなと。
    • シナリオ進行上、ヒロインと主人公くんの関係性変化に味付けをするために、いつの時代でも登場するのが当て馬ヒロイン!この作品ではヒロインが所属する陸上部の親友がヒロインと同じ人を好きになっちゃったのというパターン展開ですね。あるある。そんなよくあるパターンの中でも、この作品を見て特に感じたのが、当て馬ちゃん策士やなということです。当て馬ちゃんは主人公くんに告白するために遊園地に遊びに行こうと提案するのですが・・・。まぁフツーに誘ったら文学少年の主人公くんはこなそうなので、彼を釣るためにしっかりとメインヒロインちゃんを撒き餌にしています。そしてメインヒロインちゃんを好いている陸上部男子も召喚し、彼に相手をさせている間に、主人公くんと既成事実しようとするのです。
    • 主人公くんもメインヒロインちゃんもお互い付き合ってるのに別の異性とイチャコラするシーンを見せられてヤキモキするのです。ここからどうシナリオライターがどう捌くのかなーと眺めていたら主人公くんを頑張らせた!!メインヒロインちゃんと二人でしけこもうとしている陸上部男子の前に立ちはだかり、付き合ってるから彼女だから俺のだからと遮ります。メインヒロインちゃんもまんざらではない様子。そんなわけで主人公くんとメインヒロインちゃんはグループからおてて繋いで離脱し二人の時間を楽しむのでした。しかし普段あれだけ食ってるメインヒロインちゃんがお腹すいたとか言ってたこ焼き1パックだけ?とかツッコミつつも、ほら、「あーん」しろ「あーん」と思いながら見ていました。
    • 一番哀れなのは陸上部男子ですかね。当て馬ヒロインちゃんにまんまと利用される形になってます。好いていた女が何時の間にかポッとでの冴えない男に食われていたのですね。それでも気丈にふるまう様子には合掌です。そして1話分で片付くと思っていた当て馬ヒロインちゃん問題は何も解決しなかったぞい。メインヒロインちゃんと当て馬ちゃんの友情はどう処理されるのでしょうか?