anime

ひぐらしのなく頃に業 第4話「2020年版ひぐらしは「騙し」シリーズで統一するのだろうか」の感想・レビュー

たぶん現段階は祭囃し編でカケラ集め終わってゲーム盤編に突入している最中っぽい? 同人版だと鬼隠し・綿流し・祟り殺し・目明し・罪滅ぼし・皆殺し・暇潰しなのだが…… 2020年版ひぐらしだと鬼騙し・綿騙しと来ているので「騙し」で統一するのか? 古出梨花…

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第3話「二人ならできること」の感想・レビュー

憧れの先輩を崇拝するだけだった少女が先輩の不調を契機に目覚める話。 宮藤芳佳と同じ時間を過ごすことを目標としてきた服部静夏。 しかし部隊入隊後、リーネちゃんから正妻の余裕を見せつけられる(リーネ マウント)。 さらに宮藤芳佳が不調に陥ると気もそ…

ゴールデンカムイ樺太編(3)「満洲が日本である限りお前たちの骨は日本の土に眠っているのだ」の感想・レビュー

鶴見中尉が自分の腹心を作り上げていくシリーズ。今回は月島軍曹回。 「優しい嘘」(甘い嘘)でたらしこみ命を投げ出すことも厭わない部下を作り上げていく。 月島軍曹は「優しい嘘」に気付きながらも鶴見中尉に縋ることしかできない。 生きる意味を喪失した月…

おちこぼれフルーツタルト 第2話「学校空間において新規の人間関係は発生しなかった」の感想・レビュー

今回は新年度の初登校。友達や部活はスルーされるので学校はメインにならない模様。 アイドル活動の方はオリジナルの曲を作ることになるが、第2話内では完成せず。 百合要素推しであるようで、次第に女の子同士の絡みが増えていっている。 特に主人公のピン…

神様になった日 第2話「調べの日」の感想・レビュー

幼馴染関係性変化。「如何にして主人公は伊座並杏子に惚れしか」という話。 伊座並さんは幼少期に母を亡くしたことで内向的になってしまった。 それ以来主人公は伊座並さんを守ってきたが少女は美しく成長していく。 自分の庇護下にいた少女がいつのまにか手…

レヱル・ロマネスク 第3話「東武伊勢崎線茂林寺前駅が登場!よりもい民も大喜び!」の感想・レビュー

東武系列はたくさんあるのに何故か東武伊勢崎線が選ばれるレヱル・ロマネスク。 上電ちゃんも出てるし、製作会社にグンマーの民でもいるのか!? 「分福茶釜の茂林寺」といえば上毛かるただけでなく、よりもいの聖地としても有名。 さらに観光パートでは上電…

ひぐらしのなく頃に業 第3話「教えて知恵留先生!」の感想・レビュー

雛見沢連続殺人事件の概要を大石から説明される話。 転入生の圭一を暖かく迎えてくれた仲間たちが殺人事件を隠していた! 疑心暗鬼に駆られる圭一は、次々と仲間への信頼を失い狂い始めていく。 一大ムーブメントを生んだレナの「嘘だッ!」も登場。 知恵留…

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第2話「結成ストライクウィッチーズ」の感想・レビュー

ネウロイからの人類解放を目指して反攻作戦を取るため501部隊が再結成される話。 実に懐かしいキャラ達の大集合を見られるだけでも懐かしさ満載である。 エイラーニャとか好きだったし、宮藤の最初の友達がリーネだったよなぁとか。 既に前作までで成長して…

おちこぼれフルーツタルト 第1話「東小金井的アイドル物きらら系百合アニメ」の感想・レビュー

売れない芸能志望の高校生たちが東小金井を舞台に5分間のアイドル番組を作る話。 第1回目は東小金井駅でひたすらチラシ配りをする様子を撮影することになる。 それぞれの特技を活かしたチラシ配りをさせることで良いキャラ紹介となっている。 天真爛漫さ、炉…

ゴールデンカムイ樺太編(2)「許してやりなさい。頑張ってるじゃないですか。そんなにボロボロになるまで」の感想・レビュー

杉元が無意識に内包する「役立たず」であるという自罰意識を岩息が救済する話。 暴力による自己表現を尊ぶ岩息だからこそ暴力でしか自罰意識を表現できない杉元を救える。 氷が割れて冷水に落ちバーサク状態から解除されるオチとなるが杉元は確かに救われた…

神様になった日 第1話「降臨の日」の感想・レビュー

自分を神だと称する少女に、30日後の世界滅亡を宣告される話。 当初主人公は生温かく少女に接するが予言の的中を目の当たりにし驚愕する。 少女を神だと信じた主人公は、幼馴染との交際を望むが敢え無く振られる。 半信半疑となる主人公だが親に少女の事を告…

ひぐらしのなく頃に業 第2話「いきなりカケラ集め」の感想・レビュー

冒頭から「欠片集め」ということは祭囃し編なのか? EDテーマの1枚絵でヒロイン達のトラウマ回収を演出している。 ラスボスである鷹野も登場し、第2話からクライマックスだぜ! しかし予告で「鬼騙し編」ということが明らかに。 原作の同人ゲーにはそんなも…

ひぐらしのなく頃に業 第1話「ゼロ年代同人ゲー時代の熱狂」の感想・レビュー

葉鍵の時代の後、型月に続いたサウンドノベルが『ひぐらしのなく頃に』であった。 多くのゲーム系テキストサイトが謎解き・考察に走り、新作が出る度に熱狂を生んだ。 そのオチはループモノであり、様々な因子の欠片を搔き集め、グランドエンドに辿り着いた…

レヱル・ロマネスク 第2話「上毛電鉄ちゃん(深刻な赤字路線)が、鉄道の乗客者数を増やす会議ではないのか?とツッコミを入れるシーンが切実」の感想・レビュー

衰退する公共交通機関を活性化するため観光客誘致による乗車数増加を目指す地方鉄道。 グンマー帝国においてマエバシとキリューを結ぶ上毛電鉄は深刻な危機にあった(ホントウ)。 それを打開するためわざわざ北関東の田舎から熊本まで遠征してきた上毛電鉄ちゃん…

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第1話「アルプスの魔法少女」の感想・レビュー

いわゆる萌えミリ/百合ミリの先駆的作品であり、艦これ・ガルパンと共に角川三大軍事モノ。 突如謎の兵器が世界を侵略し始めたため第二次世界大戦が起こらなかった世界線。 昔流行ったセカイ系の系譜を継ぎ、敵が侵略してくる理由等を描く事は目的ではない…

ゴールデンカムイ樺太編(1)「大泊は樺太の玄関口」の感想・レビュー

北海道アイヌの少女を北方少数民族独立闘争の旗手とするため樺太に渡ったパルチザンの話。 元日本兵の杉元は鶴見中尉一派に下り、樺太先遣隊としてアイヌの少女アシㇼパを追跡する。 当初は半信半疑であった杉元だが聞き込みの結果アシㇼパが樺太へ渡ったこ…

レヱル・ロマネスク 第1話「コンテンツ産業を活用した観光振興による地域活性化事業」の感想・レビュー

「蒸気機関車」による地域活性化の取り組みを題材にした『まいてつ』の派生作品。 『まいてつ』が地方鉄道とコラボしようとして失敗した黒歴史をどう扱うかに注目が集まる。 コンテンツツーリズムの研究史上、失敗事例として必ず触れなければならないのが『…

アニメ版『この世界の片隅に』を見た感想

戦時下における呉に嫁いだ女性の銃後生活を描いた話。 原作漫画は読んだことがあったが、アニメ版は未読だったので履修した。 朝日遊郭の話がアニメ本編では丸々カットされてしまっているのが驚きであった。 原作ではすずと周作がそれぞれ過去の男女関係に囚…

『聲の形』を見た感想

聾唖少女モノ。自殺未遂の少女が主人公の人生に必要とされ生存理由を肯定される話。 主人公は小6の時、転入してきた聾唖の少女をイジメて転校させてしまう。 だが今度はイジメの主犯格に祭り上げられた主人公がイジメの対象となる。 主人公はそれを罰だと受…

『放課後ていぼう日誌』(全12話)感想・レビュー集

百合系アニメ。JK×専門分野モノ。釣りが題材で熊本県芦北町が舞台。 コンテンツツーリズムの分類としては「作品の舞台(ロケ地)」系。 動画工房は熱心な現地取材で有名だが熊本県芦北町の雰囲気がとても良く感じられる。 また釣り描写も未経験者に釣りの基…

プリコネ第13話「ぺコリーヌのトラウマ解消で最終回」の感想・レビュー

存在忘却モノ。修行の旅から帰ってきたぺコリーヌは皆から忘れ去られていた。 自分の存在は挿げ替えられており愛する両親ですら自分のことを覚えていない。 愛するヒトから認知されず誰何されたぺコリーヌは絶望して精神崩壊。 そんなぺコリーヌを救うのが慈…

プリコネ第12話「姫君ぺコリーヌの憂鬱」の感想・レビュー

本来の姫はペコであったがランドソル王国はユースティアナに王位を簒奪されていた。 ランドソルの治安は悪化の一途を辿り、国民の不満も徐々に高まっていく。 そんな中ぺコリーヌは自分一人ではどうすることも出来ず歯がゆい思いをしていた。 美食殿は民衆を…

【アニメ版】『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』第12話「友情エンドで破滅フラグ回避成功!」の感想・レビュー

カタリナの慈愛により生徒会長も救われハッピーハーレムエンド! ゲームでの最終イベントではマリアが誰とも結ばれずに終わります。 カタリナ自身は友情エンドと結論づけますが実質はカタリナハーレム。 破滅フラグを回避するために奮闘してきた努力は報われ…

プリコネ第11話「周回プレイにおける前√で攻略したヒロイン達について」の感想・レビュー

箱庭世界のバッドエンドを回避すべく記憶リセット状態でn周目に挑戦中。 アニメ版の周回では美食殿のギルドですが今回は前√のヒロインズが登場。 新旧ヒロイン対決。コッコロちゃんに負けず劣らずバブミっぷりを発揮してくれます。 話の大筋としてはキャルの…

【アニメ版】『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』第11話「幼馴染の絆!トラウマ救済カタリナハーレム」の感想・レビュー

トラウマ救済ゲーの真骨頂。過去にカタリナに救われたキャラ達が今度はカタリナを救う。 各々が如何程カタリナに救われたかを想起するシーンがグッとくる演出となっています。 やはり破滅フラグを回避するため試行錯誤する幼少期編が一番面白いよね! カタリ…

プリコネ第10話「ようやくぺコリーヌ√の始まり」の感想・レビュー

プリンに執着し成仏できないままでいる霊を除霊する話。 ドタバタギャグコメディが展開される一方でペコ√はシリアスの伏線。 国内統治においてユースティアナ様なる人物が大衆娯楽を潰しているとのこと。 その噂を聞いたぺコが憂いの表情を浮かべるというこ…

【アニメ版】『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』第10話「生徒会長√」の感想・レビュー

破滅フラグが立っていないのにカタリナ断罪劇場は強制イベントだった!? だがしかし開始数分でカタリナハーレムの仲間たちが駆け付け形勢逆転。 窮地を凌いだカタリナは破滅フラグをへしおることに成功したのだが・・・。 その一方で今度は闇魔法に気付いた…

プリコネ第9話「水着回」の感想・レビュー

海に行ってギルド内の親睦を深め絆を強める話。 いつものペコキャル百合友情展開は「秘密の共有」で尊い。 さらに今回はコッコロちゃんの心情描写も深められます。 しかし主人公とペコ及びキャルとの関係性深化は殆ど無い。 原作ゲームでも主人公ってこんな…

【アニメ版】『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』第9話「メイドのアン=シェリー√」の感想・レビュー

テスト勉強会前編・後編に続き、ついにメイドにまでスポットライトが当たります。 今回の語り部はメイドのアンで、彼女もまたカタリナに攻略された一員だったのです。 アンは男爵の私生児であり周囲の顔を伺い自我を消して生きてきました。 そんなアンを救っ…

プリコネ第8話「キッズたちの疑似クエスト体験」の感想・レビュー

炉利回。ギルドの真似事をする炉利達に疑似クエストを体験させる。 地元の平和を守りたいという炉利達に対し、欲望に塗れたヒロインズは絶望する。 結局主人公が引率を買って出るのだが、主にキャルが綿密な計画を立てる。 そしてその計画や準備がソッコーで…