雑録

スズノネセブン! 鷹取柚子里シナリオの感想・レビュー

スズノネセブン!の柚子里シナリオは魔法少女で勧善懲悪。
柚子里先輩が魔法少女に拘る理由を一緒に支えたい!!
相変わらずシナリオは尻つぼみだが恋に悶える柚子里は読んでてニヨニヨ

鷹取柚子里のキャラクター表現とフラグ生成過程


柚子里先輩は、金髪ツインテお嬢様。しかしテンプレのようなツンデレではなく、気高く高潔タイプ。主人公:幸村の補習課題「魔法で誰かの大切な願いを叶える」を達成するため二人三脚。魔力のない幸村がどのように「魔法で」願いを叶えるの?という手段をめぐっての解釈を手伝ってもらうことから柚子里先輩ルートへ突入です。柚子里先輩ルートでは、魔力のない工学科の幸村に実際に魔法をつかわせろとのことで、教師陣から柚子里先輩にお達しが下る。二人で魔力開発の特訓をしながら好感度が積み重なっていく。柚子里先輩は可愛い後輩に次第に異性を感じてしまってドキドキしちゃうの。知り合っていくうちに柚子里先輩はなかなかの人格者で成績優秀なことが判明。そんな柚子里先輩が補習メンバーに選ばれたのはどうしてなの?



なんと柚子里先輩は夜な夜な警邏と称して、魔法少女ジャケットに身を包み、自警団の真似事をしていたのだ。それがセンセに見つかって補習行きとなっていた。それでも先輩の魔法少女活動は止まらない!!最初は隠していた先輩だったが、一蓮托生、幸村を連れ街の平和を守ります。先輩にとって幸村は自分を慕ってくれる可愛い後輩。特訓で疲れて寝ちゃった幸村のほっぺをつつこうかな?やめようかな?と一人悶えちゃう様子はニヨニヨ。幸村のことが好き好き大好きになっていく柚子里先輩のキャラクター表現がこのルートのウリなんでしょうね。さて、先輩が自警団もどきをしていたのは、幼少時に親友;莉理先輩が両親を殺されたことの仇を討つことであった。先輩の魔法で幸村は使い魔小動物に具現化、魔法が使えるようになり先輩の願いを叶え見事合格。さらに取ってつけたかのように柚子里先輩・莉理先輩と共に殺人犯を勧善懲悪!!三人で魔法警察の内定もゲットしハッピーエンド。シナリオの失速っぷりは否めないよなぁ。