game

ブルーアーカイブ「才羽モモイ(メイド)」絆ストーリーの感想・レビュー

メイド服を手に入れたモモイが掃除・食事の支度・休息を通して先生と遊ぶ話。 掃除は執務室の掃除に来たがソファで寝てしまいスナック菓子まみれで鼻ちょうちん。 食事の支度はゲーム脳。料理をゲームのアイテムに例え、食べると●●の効果!とかやる。 休息は…

ブルーアーカイブ「才羽ミドリ(メイド)」絆ストーリーの感想・レビュー

ゲームのキャラデザでメイドを描くとになったと称するミドリが先生とメイドプレイを楽しむ話。 才羽ミドリはゲーム開発部のイラストレーターで、メイドキャラをデザインすることになったという。 だが日本のエンタメ系コンテンツには多量のメイドがいるため…

ブルーアーカイブ「キララとエリカのキラキラな日」の感想・レビュー

青春を求めて部活に入りたくなったキララが美味しい所だけ味わうキラキラ部を結成する話。 帰宅部のキララはその場限りの享楽に耽り、刹那的な快楽を得て毎日楽しく過ごしていた。 だがある日部活モノのコンテンツに触れ、自分も部活がしたくなり、体験入部…

ブルーアーカイブ「夜桜キララ」絆ストーリーの感想・レビュー

「性を意識しない」がために距離感の近かった女子が「性を利用して」距離感を詰めるようになる話。 夜桜キララは所謂「ヲタクに優しいギャル」をブルアカでも用意しましたよ!というキャラ。 そのため先生のキモヲタ童貞ムーブがキツく普段女子生徒と接して…

ブルーアーカイブ「like no tomorrow」の感想・レビュー

学祭バンド物語。少女たちが楽器練習・理論勉強・協同訓練・糖分補給を行い入選を目指す話。 イベスト「-ive aLIVE!」において栗村アイリは自分を変える為に仲間達と学祭バンドを組んだ。 そこではアイリのアイデンティティ拡散と精神的成長、仲間達との絆が…

ブルーアーカイブ「栗村アイリ(バンド)」絆ストーリーの感想・レビュー

垢抜けた少女が「変わることのできた自分の姿」を見せようとして息巻いている姿を描く話。 栗村アイリは自分が無個性で平凡であることにコンプレックスを抱えていた少女であった。 だがそんな自分を変える為にバンドを始め紆余曲折を経て、ライブを成功させ…

ブルーアーカイブ「伊原木ヨシミ(バンド)」絆ストーリーの感想・レビュー

反抗期真っ只中のツンギレガールが自己の努力を経て先生の優しさを受容できるようになる話。 伊原木ヨシミは本能的に物事の本質を良く捉え一件複雑な問題でも確信を突ける才があった。 だが反抗期の最中でもあり、大人(先生)の言葉を素直に受け入れることが…

【感想】ブルーアーカイブ「-ive aLIVE!」(2024.04.24-05.08)

栗村アイリを用いて「アイデンティティの確立」と「友人との比較による劣等意識」を題材として描く話。 ブルーアーカイブのテーマとして「青春」を掲げているし高校倫理「青年期の思想」で扱われる分野。 栗村アイリは自分が個性の無い平凡な人間であるとし…

ブルーアーカイブ「杏山カズサ(バンド)」絆ストーリーの感想・レビュー

カズサとカラオケデートしてお家デートあーんして専属マネージャーになる濃厚重圧イチャラブ話。 学生ガールズバンドでボーカルをやることになった杏山カズサと乳繰り合う様子が描かれる。 責任をとって欲しいというカズサとカラオケに行き、そこから二人で…

【感想】ブルーアーカイブ Vol.1_3章「夢が残した足跡」Part1

ノノミの実家ネフティス家が債権者団体を傀儡に砂漠横断鉄道関連の利権を買収した話。 ネフティス家はかつてアビドスで栄華を誇ったが砂漠化の進展と共に衰亡を始める。 逆転を狙い砂漠横断鉄道の建設を試みるが資源も無く要衝でも無い地での鉄道への投資は…

ブルーアーカイブ「里浜ウミカ」絆ストーリーの感想・レビュー

お祭り大好きヲタクの田舎出身少女が先生のためだけにお祭りを開催する話。 里浜ウミカは田舎出身の女の子。娯楽がお祭りくらいしかなく、それを待ち望んでいた。 成長するにつれウミカは誰よりも積極的にお祭りの準備をするお祭りヲタクになっていった。 進…

【感想】ブルーアーカイブ「にぎにぎと ゆきゆきて」(2024.03.27-04.11)

里浜ウミカ曇らせ劇場。ウミカを闇落ちさせることだけを主眼にして描かれた感がある。 突如ゲヘナ学園が百鬼夜行へ修学旅行に来ることになり、その準備と運営で大慌て。 しかも担当は適当にルーレットで決められお祭り運営委員会が割を食うことになる。 その…

ブルーアーカイブ「春日ツバキ(ガイド)」の感想・レビュー

ひたすら先生と一緒に寝ようとするツバキと、とうとう一晩を過ごしてしまう話。 だがスチルではどうみても屋内(ソファ・本棚)なのに、外で寝てしまったとか言い出す。 つまりは、なぜかご休憩場で一緒に寝ていたはずなのに途中で外にワープするという珍事に…

ブルーアーカイブ「鰐渕アカリ(正月)」絆ストーリーの感想・レビュー

大食いな御令嬢アカリと新年大食い大会・餅つき・年越しうどんツアー等の年末年始グルメを楽しむ話。 気品があり優雅だがとにかく大量の食事を摂ることに目が無いのが御令嬢鰐渕アカリという少女。 新年大食い大会では過去に総なめしたため今年は出禁になっ…

ブルーアーカイブにおけるシナリオの研究(2)「ブルアカ バレンタインストーリー」一覧まとめ

ブルアカのバレンタインイベントでは、生徒一人ひとりが先生に対してプレゼントを贈るために個別のストーリーが用意されている。このチョコが実に個性溢れるものであり、キャラの人格や先生との関係性を踏まえた上で、各生徒が先生を想いながらあれこれと悩…

【ニンテンドウカップ2000】第4回ポケモンリーグ~最強55ケンタロス(ビクトリー)率いる熊本代表中村彰くん(高2)を、宮城代表佐藤祐希くん(高3)がむし!(ヘラクロス)のこらきし戦法で3縦してミラクル大逆転した思い出~

今でこそポケモン対戦はメジャーなものとなり、世界大会が行われe-sportsの名の下に極光を浴びるようになった。だがゲームボーイや64時代はまだまだ環境も未整備で、手探りながら、研究が進められていたのである。そのためテレ東の夕方に渡辺徹がやってたマ…

【感想】ブルーアーカイブ「陸八魔アル(ドレス)」 絆ストーリー

仕事が上手く行かなったアルが先生に誘われ大衆的な飲食店で「打ち上げ」をすることの意味を知る話。 高級ドレスを経営の足しに売り払おうとしていたアルだが先生の助言で一張羅の必要性を説かれる。 実際仕事でステイタスシンボルのため高級ドレスが必要と…

【感想】ブルーアーカイブ「鬼方カヨコ(ドレス)」 絆ストーリー

フォーマルな服装をして、好きな人と一緒に、二人だけの時間を過ごすことの喜びを描く話。 「特別な事の中にある変わらないもの」と「日常の中を特別にすること」が対比的に描かれる。 前者では格式高い会場から路地裏へ抜け出し、二人で夕焼けを見ながら穏…

【感想】ブルーアーカイブ「0068 オペラより愛をこめて!」(2024.02.21-03.06)

連邦生徒会の依頼で教材用BD製作を頼まれ劇場にオペラを見に来たらマフィア抗争に巻き込まれた話。 本イベストの主役は便利屋で、彼女たちは依頼としてマフィア連合のトップの誘拐を受ける。 劇場には便利屋以外にも同業者たちがたくさんおり全てを爆弾で吹…

ブルーアーカイブ メインストーリー&イベントストーリー実装順感想まとめ

ブルアカのメインストーリーにはVol.1(対策委員会)、Vol.2(パヴァーヌ)、Vol.3(エデン条約)、Vol.4(カルバノグ)、Vol.5(百花繚乱)及びFinal(あまねく奇跡)が存在しているが、実装順はバラバラであった。簡潔に記すと、対策委員会1章-2章→パヴァーヌ1章→エデ…

【感想】ブルーアーカイブ「Get Set,GO! ~キヴォトス晄輪大祭~」(2022.10.26-11.09)

体育祭本番。エデン条約もそうであるが先生がいない時の学校代表はギスギスしまくり。 体育祭ではミレニアムのユウカ、ゲヘナのアコ、トリニティのハスミが運営代表を担うのだが… 彼女たちの関係性は非常に悪く、陰湿な雰囲気が漂い、自校贔屓の利益誘導が横…

【感想】ブルーアーカイブ「ON YOUR MARK @MILLENNIUM~キヴォトス晄輪大祭~」(2022.09.28-10.12)

仕事を人に振れず全てを一人で抱え込みがちなユウカのためにノアが采配をとる話。 学園都市全体の合同体育祭を前日に控え開催校であるミレニアム学園は問題を抱えていた。 だが早瀬ユウカはこれを一人で解決しようとしたため、疲労が限界を迎えていた。 そん…

【感想】ブルーアーカイブ「放課後スイーツ物語 甘い秘密と銃撃戦」(2022.08.24-09.07)

宇沢レイサ物語。中学時代の知人に声をかけたら関係性を黒歴史にされておりショックを受ける話。 ウザ絡みをすることでしか他人と接することができない宇沢レイサには友達がいなかった。 それ故、中学時代の喧嘩相手にシンパシーを感じており、JKになってか…

【感想】ブルーアーカイブ「出張!百夜堂海の家FC計画」(2022.07.20-08.03)

河和シズコ物語。事業拡大を目指すが偽の権利書を掴まされ骨折り損のくたびれ儲け。 お祭り運営委員長河和シズコは悪徳業者の詐欺に引っかかるが何とか対処しようとする。 バラまかれたリゾート使用権を全て回収し、統合したリゾート経営を目指すのである。 …

【感想】ブルーアーカイブ「アビドスリゾート復旧対策委員会」(2022.06.22~07.06)

小鳥遊ホシノの過去における重要な要素「アビドス砂祭り」の伏線が張られる話。 ホシノは「おじさん」を自称しいつも気だるい気でサボり魔に見せかけ昼行燈を気取る少女。 だが眠そうなのは病気だからと推測されており過去のトラウマに苛まされている。 ホシ…

【感想】ブルーアーカイブ「不忍ノ心」(2022.04.27~05.11)

自己肯定感が低く好きなモノに自信を持てないミチルが仲間たちに肯定される話。 千鳥ミチルは忍術研究部の部長。だがしかし忍術研究部は正式な部では無かった。 部への昇格には活動実績と他の3つの部からの推薦が必要だったのである。 活動実績は定期的な動…

【感想】ブルーアーカイブ「シャーレのハッピーバレンタインパトロール~狐坂ワカモの沈黙と祝宴~」(2022.01.26~02.09)

先生を慕うワカモが二人きりでチョコを渡すため先生の傍にはべるセナを除外しようと大騒動を巻き起こす話。 バレンタイン当日、問題が起こりがちな学園都市で、先生は生活安全局の二人とパトロールをすることになる。 だが先生に告白したいワカモにとって、…

【感想】ブルーアーカイブ「新春狂想曲 第68番」(2021.12.29-2022.1.12)

便利屋の初詣。願いが叶うと噂される神社の賽銭箱がマネーロンダリングに使われていた話。 我らがアル社長はSNSのブームに乗り便利屋メンバーを引き連れて願いが叶うという神社に行く。 アルは社員たちに用意できるだけの金を用意するように命じており惜し気…

【感想】ブルーアーカイブ「227号温泉郷の運営記録!~白い吐息は寄り添って~」(2021.11.30~12.15)

粛清により極寒の僻地へ流刑となり辺境で耐え忍んできたが突如温泉が湧きバブル景気となる話。 今回の主役は天見ノドカ。先生の視姦を趣味としておりストーキング行為により流刑となった。 僻地は事務局にも忘れ去られ、貧窮問答歌な生活を送っていたが、突…

【感想】ブルーアーカイブ Vol.1_3章「夢が残した足跡」プロローグ

数多のバッドエンドに至る世界線の記憶を継承していると思われる新たな敵「地下生活者」が現われる話。 ブルアカの世界観はn周目のセカイでありバッドエンドを迎えた連邦生徒会長に「託される」所から始まる。 また託された後の先生も1周目ではなく、多くの…