雑録

シスプリ回顧録「90年代~ゼロ年代の時代閉塞的な状況」と「当時のシスプリ二次創作作品群」について

ベビプリの時にもシスプリ回顧が行われたが、2019年現在本家本元がVtuberとしてメディアミックスするとのことでシスプリ回顧が話題になっている。便乗して私もシスプリ回顧をする。

【目次】

当時の社会的背景

日本が衰退していく過程を体感した時代

  • シスプリから振り返る90年代~ゼロ年代の時代閉塞的な状況
    • 90年代からゼロ年代にかけて流行したコンテンツ群は、ネットの普及もあってか、当時青春時代を過ごした多感な時期の若者の多くを、沼に引きずりこんだと言える。
    • しかしこういったコンテンツ群が流行った一因にとして、社会的・経済的背景があったことも忘れてはならない。90年代~ゼロ年代は本当に社会が不安定だったのである。今ここで思いつくものを適当に列挙するが、ソ連崩壊、バブル崩壊55年体制崩壊、オウム事件阪神大震災アジア通貨危機2000年問題、9.11テロ、イラク戦争、小泉新自由主義改革、リーマンショック等々が挙げられる。(さらに2011年に東日本大震災が起こり「六重苦」と民主党政権の崩壊、アベノミクストリクルダウン理論で現在に至る)
    • 本当にこの時期の日本社会には深刻な空気が蔓延しており、そういった時期に青春時代を過ごさざるを得なかった人々は、「時代の閉塞的な状況」及び「失われた30年」という経済状況が醸し出す雰囲気に抑圧されていたのである。こういった社会状況だったからこそ、90年代からゼロ年代にかけて時代状況を反映するような「狂気」のコンテンツ群が生み出されていったのだ。今でこそフツーであるが、イキナリ妹が12人できるとか狂気の沙汰と言えよう(厳密には初期のシスプリは9人で関係性も兄:妹=1:1だったが、のちに新妹として春歌・四葉亞里亞の3人追加されたり、兄:妹=1:12になったりした)。
    • そして今、90年代~ゼロ年代のコンテンツ群が次々と20周年を迎える時期にあると言える。この現象はシスプリだけでなく時代の狂気にさらされた人々の青春の回顧なのだ。

二次創作がオリジナルコンテンツを盛り上げる現象

  • シスプリと二次創作に関すること
    • 私は基本的にオリジナルから入ることは少なく、流行っている作品のパロディや二次創作を眺めるのが好きというタイプである。昔は個人ニュースサイトやCG定点観測でリンク貼られていたものを見ていたし、現在も尊敬する方々が紹介している絵を眺めている。スマホゲーもやったことはなく、艦これ、FGOアイマス(デレステ、ミリシタ、シャニマス)などは、たまたま目にする二次創作を楽しんでいるという状況だ。n次創作がオリジナルのコンテンツを盛り上げる要素であることはこれまでも指摘されているが、私はその影響をモロに受けていると言えよう。
    • さてシスプリについても同様であり、シスプリそのものよりも二次創作漫画やSS、同人誌を見て楽しんでいた口である。そのため、当時どのような二次創作作品があったのかについて掘り起こしてきたので、ここに記しておく。現在まで生き延びている作家先生たちの作品もある。

二次創作群

和泉つばす作品

和泉つばす『Love&Peace』翡翠亭、2001.8、(C60作品)

f:id:h30shimotsuki14:20190911173613j:plain:h300

  • 概要
    • かの有名な和泉つばす先生によるシスプリ咲耶本。和泉つばす先生の初期の絵柄が分かる貴重な歴史的史料。あとがきによるとネームは妹原案。内容としては、幼少期のお祭りの指輪を持ってきた咲耶が、その指輪をお兄様から直接つけてもらいたいとおねだりする。さらにそこから指輪だけでなく接吻の跡も身体につけてと要求し、濡れ場に突入するという展開である。今の作画と比較すると和泉つばす先生が後にどれほど成長したかを実感できる。この作品からは現在の作画との関係を微塵も感じ取れないが、2002年には現在の和泉つばす先生のタッチが生じてきているので1年間でどれほど成長したかが分かる。
和泉つばす『ぷちめいど』 琥珀亭、2001.12、(C61作品)

f:id:h30shimotsuki14:20190911173617j:plain:h300

  • 概要
    • 和泉つばす先生の咲耶本。和泉つばす先生は2001年は夏コミに続いて冬コミ咲耶に嵌っていた模様。咲耶人気ありましたからね。内容としてはバイトをすることになった咲耶がメイド服を見せびらかすものの、他の男に見られることを嫌がったお兄様が暴走してやっちゃうという強姦的な展開となります。途中で和姦になりますが。咲耶にメイド服を着せたかったものだと思われる。
和泉つばす『遠愛進化論』翡翠亭、2002.10、(Cレヴォ32作品)

f:id:h30shimotsuki14:20190911173621j:plain:h300

  • 概要
    • 和泉つばす先生の衛本。衛から外国の学校に行くことになったと告げられたあにぃは動揺して情緒不安定になる。衛が明るく笑顔で振るまう姿を見て、あにぃは発狂し、ガラス窓を殴り始めるというドメスティックバイオレンスな展開になっている。この頃の和泉つばす先生は強姦に嵌っていたようで、あにぃが衛を無理やり手籠めにしてしまうのであった。別離に対して衛は別れるからこそ笑顔で居ようとしたのに対して、兄は別れるのにどうして笑顔なんだ!と憤怒する「すれ違い」がウリになっている。あとがきではシスプリ2期(プリピュア)の決定よりも、月姫のアニメ化に喜ぶ和泉つばす先生を見ることができる。
和泉つばす『幸せのクローバー』翡翠亭、2003.4、(Cレヴォ33作品)

f:id:h30shimotsuki14:20190911173625j:plain:h300

  • 概要
    • 和泉先生ご本人曰く、ラブラブもの。「チェキ」で一世を風靡した四葉がヒロイン。土曜日に惰眠を貪る兄チャマの所へクローバーを届けにくるのだが、身体を求められてしまう四葉。先にシャワーと言って逃げるも、乱入されて風呂場ックスという展開になる。風呂から出てもベッドでくんずほぐれつする。キャラの顔が各段に進化を遂げており、後記を見ると同人だけでなく商業でも仕事を貰えるようになっていることが分かる。

みけおう作品

みけおう『電撃シスプリパラダイス』PINK CHUCHU、2001.12、(C61作品)

f:id:h30shimotsuki14:20190911194437j:plain:h300

  • 概要
  • みけおう先生のシスプリ元気っ子本。表紙は四葉と衛だが、巻頭カラーで亞里亞ほのぼの漫画が読める。メインは四葉、オマケ程度に衛漫画である。メインの四葉漫画は、兄チャマの部屋をチェキしに行った四葉がAVを発見してしまい一人遊びを始めるといった展開。途中で帰宅した兄チャマに見つかり濡れ場シーンとなる。衛漫画は、バイトのメイド服を見せられたあにぃが衛に襲い掛かり着衣プレイする。まぁ同人誌なので、ありがちな展開。みけおう先生は2019年現在も原画をやっておられますが、作画がふとましくなっており個人的にはゼロ年代初頭のスタイリッシュな方が好きだったりする。
みけおう『電撃フリシス』PINK CHUCHU、2003、2月

f:id:h30shimotsuki14:20190911194442j:plain:h300

  • 概要
    • みけおう先生のシスプリ衣装特化フリフリ本(イラスト集)。亞里亞を筆頭にフリフリ系が似合う妹たちが書かれている。ついでに貴重な「じいやさん」のイラストもある。亞里亞は従者の呼称を「じいや」だと思い込んでいるので、若いメイドも「じいや」と呼ぶ。そのため全国の兄やも敬意をこめて彼女の事をじいやさんと呼ぶのだ。あとがきのコメントも貴重であり、2003年2月の時点でみけおう先生がシスプリがオワコンになりつつあると嘆いている。また、みけおう先生は天広先生をリスペクトしており賛辞を送っているが、この時期になるとみけおう先生の作画も洗練されてきている。
みけおう『four seasons』PINK CHUCHU、2006.1、(サンクリ30作品)

f:id:h30shimotsuki14:20190911194448j:plain:h300f:id:h30shimotsuki14:20190911194453j:plain:h300

鈴平ひろ作品

鈴平ひろ『Pouring my honey to you all night long』HEART WORK、2000.12、(C59作品)

f:id:h30shimotsuki14:20190911202449j:plain:h300f:id:h30shimotsuki14:20190911202453j:plain:h300

  • 概要
    • 現在だとNavel系列の作品でお馴染みの鈴平ひろ先生のシスプリ本。画力的には2000年の時点でもう既に完成されており、クォリティの高い絵柄となっている。内容はキャライラスト&短編漫画で表紙の千影漫画がメインとなっている。前書きでは、旧妹・新妹問題(シスプリ初期は12人の妹ではなく9人であり、後に3人追加された)について言及しており、当時のシスプリ界隈の雰囲気を知る貴重な資料となっている。またキャラ造形に対しても鈴平ひろの視点からコメントがなされており、キャラに対してどのような属性を付与し、設定を加えるかについて勉強になる。千影の漫画描写では中二的なセリフや言い回しに工夫が見られる。シスプリの千影というキャラクター造形は、現在で言えばデレマスの蘭子等の系統に受け継がれたという事ができるかもしれない(千影は素で言っているが、蘭子はそれを演じようとしているので違いがあるかもしれないが)。