孕女 ~精子を欲しがる淫らな教え子~体験版の感想・レビュー

封建的な因襲が残存する田舎で子孫を残すために夜這いされる話。
「田舎での夏休み」や「天文部の活動」が舞台装置となっているが、それほど機能しない。
抜きゲなので話に内容を求めてはいけないのだろうがワンパターン過ぎ。
酒飲んで寝てしまいそこを襲われるというのを4回繰り返すだけ。
流石に夢ではないと気づいた所で女当主から田舎の因襲を聞かされる。
そして主人公は夏休み中、田舎に滞在して、種馬になることを求められるのだ。

雑感

f:id:h30shimotsuki14:20191214043603j:plain

  • 人の良い教員が教え子に騙されて種馬にされた結果
    • 主人公くんは物理教師ですが天文部の顧問をしており、2人の姉妹の部員から自分たちの田舎で夏休みの合宿をしようと持ちかけられます。星が良く見える田舎で夏休みを過ごすのも有意義だろうとホイホイ許可する主人公くんでしたが・・・待っていたのは種馬ライフでした。一応、本作の舞台の設定としては「夏休みの田舎」や「天文部の活動」が装置として用意されているのですが、体験版では殆ど機能していません。本編ではそれらを活かしたイベントがあるのでしょうかね?
    • で、シナリオの感想に戻りますと、主人公くんは二人の姉妹の他にもう2人の従姉妹を加え、合計4人のヒロインと夏を過ごすことになります。しかし着いた早々、酒を勧められて酔っぱらった結果、毎晩順々に犯されてしまうことになるのです。早々と伽描写を入れないといけないのは分かりますが、酒→寝る→夜這いという同じパターンを4回見せられるのは、もう少し見せ方に工夫が必要なのではなかろうかと思ったりなんだり。
    • 当初、主人公くんはこれらを夢だと思い込もうとしていたのですが、4人目の炉利に犯された時点で現実だということが判明し、4人の祖母から事情を説明されるのでした。なんでも田舎の古い因襲として当主が60になるまでの間に世継ぎが必要であり、女当主は来年60になるので、孫たちの子作りを焦っているとのことでした。反発する主人公くんでしたが、村ぐるみで監禁することも可能だとも示唆されることになります。和姦で済むうちに受け入れた方が良いと諭される一方、ヒロイン達と交流して関係性を深めることになり、一夏のアバンチュールが始まるのでした・・・といったところで体験版はお開きとなります。

f:id:h30shimotsuki14:20191214043607j:plainf:id:h30shimotsuki14:20191214043613j:plain