雑録

源流思想

倫理 源流思想【5】古代中国

なぜ中国古典思想を学ぶのか 自己とは何か→他者関係における存在・社会の一員→人と人とのつながりの中で人生を考える→人間関係に配慮する知恵 = 中国の先哲の思索 1.中国思想の源流 (1)周王朝と封建制 (2)諸子百家の時代 2.仁の思想 (1)孔子の教え (2)仁と…

倫理 源流思想【4】古代インド

1.バラモン教 1-1.古代インドの社会と思想 1-2.ブラフマンとアートマン 1-3.バラモン教への反発 2.ゴータマの登場 2-1.悟りへの道 2-2.縁起の法 2-3.悟りの境地 2-4.四諦と八正道 2-5.慈悲の心 3.大乗仏教と上座部系仏教 3-1.部派仏教 3-2.大乗仏教 3-3.ナー…

倫理 源流思想【3】イスラーム

1.イスラーム世界の成立 2.イスラームの教え 3.イスラーム世界の展開 (1)シーア派とスンナ派の対立 (2)イスラーム文化 4.現代世界とイスラーム 1.イスラーム世界の成立 イスラームとは 唯一神アッラーへの絶対的服従を意味。 アッラーが定めた人類が守るべき…

倫理 源流思想【2】キリスト教

0.ユダヤ教 0-1.キリスト教の母胎 (1)ヘブライズム (2)ユダヤ教の特徴 1.イエスの思想 1-1.イエスの教え 1-2.神の愛 1-3.キリスト教の誕生 (1).イエスの復活 (2)パウロ…信仰義認説を説く!! 2.世界宗教への展開 2-1.キリスト教の発展 (1)教父哲学 (2).アウ…

倫理 源流思想【1】ギリシア思想

0.なぜ源流思想を学ぶのか 1.神話から哲学へ 1-1.ポリスと市民 1-2.哲学への道 2.自然哲学の誕生とソフィスト 2-1.自然哲学の成立 (1)自然哲学 (2)アルケ-の探求 2-2.ソフィストの登場 (1)背景 (2)人物 (3)ソフィストの詭弁 3.真の知への道-ソクラテス 3-1.…