雑録

スイセイギンカ(体験版)の感想・レビュー

学園異能バトル。製薬会社の人体実験で異能者と化した熱血単細胞系主人公くんが社会の闇に立ち向かう。
幼少期に事故に巻き込まれた主人公くんは十数年の時を経てから故郷へ舞い戻り過去の事件の謎を追い始める。
体験版では敵対勢力の紹介とそれに捕まったヒロインズを助けるイベントの途中までプレイできる。
ハロレの体験版が実に良くできていたのに対し、スイセイギンカ体験版は何とも中途半端なところで終わる。
メインヒロインの役回りが謎であり、シナリオにどう絡んでくるかで面白さが変わりそう。
せめてメインヒロインの立ち位置は体験版で確定して欲しかったものよ。

雑感

  • 帰郷編
    • 主人公くんは幼少期に製薬会社の人体実験に巻き込まれ一度は死んでしまいます。紆余曲折を経てゾンビみたいなものとして復活した主人公くんは世界各地を回ったうえで、故郷へと舞い戻ってきます。それは上記の製薬会社の人体実験の謎を突き止めるためだったのです。故郷に帰った主人公くんが街を探索すると、そこで大親友と再会します。しかし過去には男友達だと思っていた大親友が実際には女性でした!!というあるある展開が待っています。夫婦漫才タイムをお楽しみください。しばし日常パートを眺めていると早速怪異が襲い掛かってきます。ここで主人公くんの異能が紹介されるのですがパワフル馬鹿プレイで突っ込んでいくだけです。もうちょっと何とかならんかったのかと思わなくもなかったのですが、まだ体験版ですしね。ここからきっと戦略性とかに発展していくことを願ってやみません。

  • 黒髪ヒロイン姉編
    • 続いて、黒髪ヒロインの姉なる人物が主人公くんたちに襲い掛かるイベント発生。このイベントを通してライターさんは色々とプレイヤーに説明してくれます。
      • 主人公くんは製薬会社の事件で死んでいるバケモノであること。
      • 警察は製薬会社の事件に動こうとしないので、熱意ある刑事が警察を辞め、事件を追うようになったということ。
      • 主人公くんはこの元刑事に拾われて仕事を手伝ってきたということ(ピンクヒロインはこの刑事の娘)。
      • 事件を起こした製薬会社も一枚岩ではなく離脱派と揉み消し派に分かれてしまったこと(水泳部貧乳ヒロインは揉み消し派に所属)。
      • 黒髪ヒロインの姉も主人公くんと同様なバケモノ的存在であり、離脱派の命令で主人公くんに襲い掛かったとのこと。
    • この「黒髪ヒロインの姉イベント」でメインヒロインと黒髪ヒロインは人質に取られてしまいます。これを主人公くんが救出にしに来るのですが、ハンマーで殴られてフルボッコ状態。主人公くんが攻撃されているスキにピンクヒロインがメインヒロインを救出することに成功し、主人公くんのもとへと駆け付けるのですが、そこにはボコボコにされる主人公くんの姿が!!メインヒロインが衝撃のあまり叫んで体験版は幕を閉じます。えー、これ救出するところまでやんないとメインヒロインの立ち位置や役割が良く分かんないと思うんですけども。皆さまはどう思われましたか?