AKABEiSOFT2系列

Re CATION ~Melty Healing~ 体験版の感想・レビュー

やる必要のない仕事を自己満足で抱え込み自滅していくIT土方の話。 代替可能で喫緊でない仕事を自己都合で推し進め空回りするピエロ。 共通ルートでは延々と仕事パートが続けられ自発的社畜生活を読まされる。 ITインフラという仕事の面白さが表現出来ていな…

墓多 DYING ZOMBIES -体験版-の感想・レビュー

修羅の国である博多でゾンビがアイドルを目指す話。 ゾンサガの脚本はその構造がノベルゲーと類似している点が指摘されていましたが…… しかしながらゾンサガをモロにオマージュした作品が製作されるとは!? キャラ造形もさくら・純子・サキ・まさおの4人の…

『電子処女が現れた!コマンド!? 体験版』の感想・レビュー

リアル女子が苦手な主人公の前に画面から飛び出したVtuberとFPSをする話。 鈍感難聴主人公がリアルでも賛美しているのに気づかないフリをしてスルー。 Vtuberもひたすら主人公を持ち上げ賞賛していくので少し辟易してしまうかも。 さらにピンヒロインものな…

白詰指輪 体験版 の感想・レビュー

四つ子ハーレム抜きキャラゲー。五等分花嫁パロであることを自ら暴露。 四姉妹全員最初から好感度マックスで全員抱かれることを承知している。 だが長女が抜け駆けしたことで全員一斉プレイの前提が崩壊してしまう。 そのため体験版では一人ずつと関係を結び…

スイセイギンカ(体験版)の感想・レビュー

学園異能バトル。製薬会社の人体実験で異能者と化した熱血単細胞系主人公くんが社会の闇に立ち向かう。 幼少期に事故に巻き込まれた主人公くんは十数年の時を経てから故郷へ舞い戻り過去の事件の謎を追い始める。 体験版では敵対勢力の紹介とそれに捕まった…

PURELY×CATION(体験版)の感想・レビュー

キャラゲーだが単なる属性記号消費ではなく人物像の掘り下げがしっかりしているのでやっていて楽しい。 「癒しの日常」を謳っており「PURELY」をテーマにしているだけあってヒロインがとても可愛い。 現実にいるそこらの女ではなく物語消費の中だからこその…

働くオトナの恋愛事情(体験版)の感想・レビュー

のっけから「飲みにけーション」で上司から「ありがたい訓辞」を垂れられる説教ゲー。 「人生は楽しい」から「楽しまなければいけない」という価値観を、生活が安定したプチブルに押しつけられて辛い。 典型的な日本式経営方式で飼育された豚め。お前らは同…

グリムガーデンの少女(千歳・白雪・春奈)の感想・レビュー

グリムという異能を持つが故に社会から排斥された少女たちを救済するはなし。 積みゲー消化。黒髪と腐女子は攻略していたものの長らく放置しておりました。 グランドエンドは結構面白いがそこに行き着くまでが大変でした。 実家のしがらみ系俺TUEEE要素と挫…

グリムガーデンの少女「楠木由真シナリオ」の感想・レビュー

両親の不和に巻き込まれ、他人を信じられなくなった少女の物語。 しかし結局勘違いであり、誰も悪くなかったというオチ。 いやむしろ自分の旦那を信じ切れなくて娘に呪いをかけた母親が根本原因か? 最後は父親と和解してハッピーエンドを迎えるというあっさ…

グリムガーデンの少女「和泉桜子シナリオ」の感想・レビュー

武士デレ娘が道場の乗っ取りを防ぐはなし。 父親と和解して終了とせずに死亡させることでラスボスへと繋げる二段構え。 明確な悪意のある敵を倒す勧善懲悪モノでござい。 典型的な少女救済モノで異能に苦しめられる少女たちを主人公くんが救済していく。 和…

ぼくの一人戦争の感想・レビュー

友情や家族などの人間関係の尊さを「異界バトル」を利用して描いた作品。 人間関係を平然と切ってきた主人公くんが絆の恢復を結ぶという展開がポイント。 自分の固定観念による思い込みで見ようとしなかった関係性を見出す所はグッと来る。 しかし「絆モノ」…

ぼくの一人戦争 第二体験版の感想・レビュー

第二体験版は主人公の蓮司が弟の永治を見切る所から戦争に巻き込まれる所までプレイできる。 永治のこれからの扱いが気になるところ。まだ序盤であり、物語の目的はまだよく分からない。 家庭環境が最悪な貧困下位層が閉鎖的な田舎で繰り広げる猟奇的戦争ご…

ハロー・レディ! New Division 簡易感想

ハロー・レディ!の菱吾√と美鳥√のファンディスク。 菱吾ルートでは、主従の絆によって見事復讐を果たしましたエンド。 成田真理の過去(インド)を期待していたが、あまり描写されず残念。 美鳥ルートは暴走した異能を止めるため個体の時間停止を行うエンド。…

ぼくの一人戦争(第一体験版)の感想・レビュー

体験版第一弾は元チーマーのヤンキーが田舎で更正を目指す話。 『車輪』や『魔王』と同様に視点入れ替えとミスリードのギミックを遺憾なく発揮。 チーマーの視点なのか、その兄貴の視点なのか一瞬分からなくなるね。 通常は三人称なのに回想シーンとか入れら…

ハロー・レディ!の感想・レビュー

学園異能バトル×復讐譚×世界変革。 一族を滅ぼされた主人公の個人的な復讐が世界を変える革命へと繋がる。 全体的な印象としては、コードギアスを類推させる。 グローバル資本主義による世界の黄昏と落日のはなしは面白かった。 個人を飲み込む「世界の在り…

できない私が、くり返す。(体験版)の感想・レビュー

タイムリープ×ホスピスもの。 タイムリープに関してはシュタゲや古色迷宮円舞曲、まどまぎのように積極的に過去改変に挑む。 ホスピスにかんしてはナルキッソスのように明確にヒロインが死ぬ。 死因は癌だが、様態はこなかなのように詳述されているわけでは…

ハロー・レディ!(体験版)の感想・レビュー

ハロー・レディは中2的学園異能バトル社会反逆左派思想系のおはなし。 テーマは「特権的支配者階層による社会指導の否定」。 「―― ノーブルこそが人を導く・・・何とも滑稽だ。」 21世紀初頭における社会的背景をきちんと設定しておりファンタジー世界ではな…

レミニセンス 消化試合・簡易感想

発売日に買ったのに即座にクリアできなかったので、チョコチョコとやってた。 内容としては近未来における閉じられた地下コロニーの中でのおはなし。 福祉国家と新自由主義国家が対決する擬似的縮小国家論バトルも繰り広げられる。 フェイクアズールアーコロ…

レミニセンス(体験版)の感想・レビュー

『レミニセンス』の趣旨 「優秀だけれども社会的には評価されないアウトロー系の主人公が、周囲からの妬みや嫉みに煩悶しながらも、、資質と能力を示して困難を解決していく」というパターン。 実に衣笠彰梧イズムの溢れる作品となっております。『こんぼく…

暁の護衛 神埼萌シナリオの感想・レビュー

『暁の護衛』の神埼萌シナリオは、天然不思議っ娘ものがたり。キャラゲー。 格差社会をテーマにしてると思いきや、なんか屋台作ってファビョって壊して終わりな感じ。 舞台背景に踏み込まずシナリオ深化しないまま、キャラゲー路線に乗っかった。 神埼萌のキ…

暁の護衛 倉屋敷妙シナリオの感想・レビュー

『暁の護衛』の倉屋敷妙シナリオは「アホっ娘お嬢様がんばる」というキャラゲー。 当初は麗華に張り合うために海斗にちょっかいを出してくるが、接するうちに海斗に惚れちゃった。 海斗に無邪気に甘えるようになり、なし崩し的にフラグ成立。身分の壁もあっ…

暁の護衛 ツキシナリオの感想・レビュー

『暁の護衛』のツキシナリオは、レイプ未遂で男性恐怖症になった少女のおはなし。 割かしこちらも処女崇拝だけどシナリオの展開的に犯されてないと不自然だろと思いしが。 ところがどっこいレイプ未遂犯は主人公の海斗だという流れは予想できずに読解力の無…

暁の護衛 二階堂麗華シナリオの感想・レビュー

『暁の護衛』は新自由主義経済批判!!ジニ係数は0.4を超える。 抑圧される大衆下層市民のスラム化と監視社会の作られた箱庭で既得権益を守ろうとする特権階級。 内容は全体的に薄く、父親の歪んだ愛情は生存の術であったことに気づき、女を護る事に生存意義…

こんな娘がいたら僕はもう……! 大音渚シナリオの感想・レビュー

こんぼくの渚ルートは、メインヒロインたち攻略後のおまけシナリオ。ぶっこぉすぞ。 透が空手をやっていた当時からのおっかけファンであり、汚名を被ってもずっと慕い続ける。 疑わしくても信じていたからこそ報われたという展開でハッピーエンド。 大音渚の…

こんな娘がいたら僕はもう……! 下柳沙希シナリオ の感想・レビュー

こんぼくの下柳沙希シナリオは、主人公の成長譚;部活動いびりからの復活。 リンチ事件から透を嫌い避け続ける沙希だがあっさり誤解は解け透の心の支えと成らん。 心が張り裂けそうで死にたくなっても女という絶対的な支援者により厳しさと戦える。 横暴な先…

こんな娘がいたら僕はもう……! 神無月真帆シナリオの感想・レビュー

こんぼくの真帆シナリオは所謂「いじめ」問題。 転校生早々ストレートすぎて迫害されちゃう少女に対して、周囲から忌避されていた透が立ち上がる。 最後はご都合主義感が否めないが、野球しようぜと大活躍で、少女により承認される。 綾菜シナリオがありのま…

こんな娘がいたら僕はもう……! 小松あすかシナリオの感想・レビュー

こんぼくのあすかシナリオは部活動を廻る闘い〜現在編〜。 部活で問題を起こし学校全体から忌避される透が、少女の部活の廃部を救う為に立ち上がる。 透の支えで力を得たあすかは、人々の前で透の存在を肯定してハッピーエンド。 小松あすかのキャラクター表…

こんな娘がいたら僕はもう……! 鈴原志乃シナリオの感想・レビュー

こんぼくの志乃シナリオは、純朴貧乏少女が一躍成金になり心を無くすというおはなし。 金に目が眩み驕り高ぶるようになる鬱描写は杜子春も真っ青だが、あっさりと猫に説教され情欲に打ち克つ。 最後は貧困時に母親がくれた服をゴミの山から発掘し、資本蓄積…

こんな娘がいたら僕はもう……! 三瀬綾菜シナリオの感想・レビュー

こんな娘がいたら僕はもう……!の綾菜シナリオはキャラゲー幼馴染プロット。 幼馴染プロットで何より重要な過去回想でのフラグ構築が不完全燃焼で残念。 綾菜の性格の変容と「一年前の事件」を契機に何故綾菜が透に尽くそうと思ったのかの経緯はもちっと深め…

るいは智を呼ぶ 茅場茜子シナリオ(グランドエンド)の感想・レビュー

るいは智を呼ぶの茜子シナリオはグランドエンド。 呪いの謎を解き明かし、運命に縛られた世界をやっつけろ。 今までの個別ヒロインの伏線がひとつに収束されていく過程はカタルシスを感じるかもね。 裏を返せば遇有性(茜子ルート=グランドエンドの必然性)…