雑録

夢と色でできている 体験版の感想・レビュー

幼少期に離散した幼馴染たちが再結集しお悩み相談部を立ち上げるキャラゲー
お悩み相談モノは容易にイベントを引き起こせるが、展開が薄っぺらくなりがち。
その分ライターの腕が問われるのだが、脚本は『聖域3』と『きゃべつ1』でコケた、なかひろ先生。
本作では謎解き要素の選択肢があり、なかひろ作品では『こいとれ』を彷彿とさせるのだが・・・
体験版メインの妹ストーカー事件は三文芝居だし作中でもコメディと自虐されてしまう。
(策士系ヒロインが幼馴染たちを結集するために仕組んだモノだったというギミック)
物語の原動力となる「主人公が過去にチームを解散させた理由」は製品版まで引っ張ります。

かつて解散させてしまった仲良し幼馴染グループを、リーダーの帰還を契機に、再結成させるんだ!

f:id:h30shimotsuki14:20190216181315j:plain

  • お悩み相談部ファイル1「妹ストーカー事件」
    • (1)幼少期に秘密基地を作り地球防衛軍を結成した7人の仲間たち。リーダーちゃんの引っ越しにより主人公くんが新たな団長となりチームを引き継ぐのですが、長くは続かず、解散してしまうことになりました。時を経てリーダー枠ヒロインが帰国する所から物語は動き出します。しかし幼馴染たちは疎遠になっていてリーダーちゃんはビックリ!さらに後を託したはずの主人公くんも腑抜けとなっておりガッカリするのでした。
    • (2)それでもリーダーちゃんはかつての防衛軍を再結成させようと奮起し、新たにお悩み相談部を結成します。最初の問題解決は「妹ストーカー事件」。猪突猛進するリーダーちゃんを陰で操るのは、幼少期にチームが離散しても主人公くんの下に留まり続けた執念のヒロイン:かもめ。体験版で発生する諸事件は全てこのヒロインの掌の上で転がされていたこととなります。なんとぉ!妹ストーカー事件をめぐる諸問題を解決するうちに、かつてのメンバーが自然と再結成するように仕組まれていたのです!!!この事件解決が情報を読み解いて正しい選択肢を選ぶような流れとなっていて、かつての『こいとれ』を彷彿とさせるのですね。
    • (3)事件の真相は、以下の通り。ストーカーされていたのは実は妹ではなく主人公くん本人であり、犯人は幼少期にメンバーにれてもらえずハブられてしまった少女でした。幼少期からずっと主人公くんに好意を抱いていたのですが、この度のお悩み相談部結成を受けて、主人公くんへの溢れる思いが爆発してしまったのです。事件はハブられ少女の告白という形で終局を迎えますが、これにより妹は自分の恋心に気づかされるという装置になっています。
    • (4)策士系ヒロインのかもめが暗躍した理由は、幼少期に主人公くんがチームを解散した原因を知りたかったからでした。しかし体験版では語られず、製品版へ持ち越し・・・。主人公くんが語ろうとすると、かもめはなんで過去の自分は相談に乗ってあげられなかったんだと歯噛みし、ストップさせてしまうのでした・・・。製品版を購入させるための布石ですね!!そしてもう一つの製品版への仕掛けとして「主人公くんの男友達の現状」があります。これまで主人公くんは男友達と毎晩メールで語り合う仲だったのですが、本当の人物はかつてのケータイは解約して現在は海外留学していることが明らかになります。「俺は今まで、誰とメールしてたんだ―――――?」と衝撃を受けるぅ!!!といったところで体験版はお開きとなります。

f:id:h30shimotsuki14:20190216181310j:plain

  • ライターなかひろは復活するか?
    • ライターのなかひろさんといえば『こいとれ』で恋愛の哲学的分析と家族愛を描いて知名度を上げ、『星メモ』、『はっさく』(『はつゆきさくら』ではなく『初恋サクラメント』のほう)、『アス永遠』などで屈折した少年少女の心情の機微や人間関係を描いて良作を生み出しました。聖域シリーズの1まではまだ質を保っていたのですが、聖域2以降目に見えて脚本が劣化していき、ついに聖域3ときゃべつそふとの処女作では粗雑すぎる脚本が話題となり、地に落ちてしまいました。その後、2017年1月以降なかひろ先生は姿を消し(fengの第8作のシナリオを担当することは発表されていましたが)、もはやこれまでか?とプレイヤーたちは残念に思っていました。そんななかひろ先生がついに帰って来たのです。ついでに3月発売の『リアライブ』も企画・原案・メインがなかひろ先生となっています。なかひろ先生のシナリオの質は復活するのか、それとも鳴かず飛ばずなのか!?
    • 個人的になかひろ先生のシナリオの見どころは、蘊蓄を踏まえた上でのクスリと笑えるテキスト、フツーではない歪んでいる家族がそれでも貫く一風変わった愛情、好感度マックスなのに自分の信念に固執して結ばれないヒロイン等々と思っています。『こいとれ』のうたは姉さんや『星メモ』の夢さんは、今でも大好きなヒロイン達です。なかひろ先生には是非頑張ってほしいところ・・と、いってももうマスターアップしてるのか。

f:id:h30shimotsuki14:20190216181306j:plain