雑録

ウマ娘「ウイニングチケット」シナリオの感想・レビュー

感激屋で常に感情に身を任せて全力全開なウマ娘に頭を使うことを覚えさせる話。
ウイニングチケットは幼少期から様々なスポーツを経験し身体スペックは激高つよつよ。
ペース配分ができないため結果を残せずにいたがその短距離の将来性は買われていた。
スカウトも受けるがチケゾーがダービーを目指したいと言いだしたことから結局はご破算。
トレーナーさんは偶然チケゾーとダービーを観戦することになり、逆スカウトを受ける。
チケゾーに課された訓練は賢さトレーニング。最初は難航したがその素直さによりみるみる成長。
一時的にトレーナーさんは育成方針で悩むもチケゾーの個性を尊重。全力全開で大勝利する。

ウイニングチケットのキャラクター表現とフラグ生成過程

f:id:r20115:20210919205425j:plainf:id:r20115:20210919205429j:plain

  • 身体能力だけでかけっこしてたチケゾーがトレーナーさんの指導でレースをするようになる
    • ウイニングチケットことチケゾーは感激屋。一時の感情に支配されるとそれが全てであり、全力全開になってしまうという悪癖を抱えていました。しかしながら身体スペックは高いため、単なるかけっこでも中々良い走りが出来る為、スカウトの話が舞い込んできます。実際、何も考えなかったとしても短距離ならいい結果を残せるまでは成長できたのでしょう。しかしながらチケゾーはダービーに拘った為、スカウトの話も白紙になってしまいます。トレーナーさんとチケゾーの本格的な出会いはダービー観戦時(一応そのまえにアリさん仲間になる)。生のダービーを見て感激するチケゾーは偶然出会ったトレーナーさんに自分の熱き魂を語ります。そしてトレセン学園のトレーナーさんであることを認識すると逆スカウトかましてくるのでした。
    • トレーナーさんはチケゾーの想いが本物だと知り、専属になります。そしてチケゾーの特徴を分析。兎にも角にも賢さトレーニングが必要だという結論に至ります。当初は苦戦するチケゾーでしたが、その長所は素直なところ。トレーナーさんにバツグンの信頼を寄せるチケゾーは一途に賢さトレーニングに励んでいきます。乾いたスポンジのようにみるみると知識を吸収していくチケゾー。ペース配分を覚え、自分のスピードを意識し、苦手だったスパートまで体力を残して勝負をかけられるようになります。もう単なるかけっこじゃない。チケゾーはレースができるウマ娘に成長していたのです。
    • しかしながらチケゾーの性格は周りのウマ娘の能力を引き出してしまうという相乗効果がありました。そのためなかなか模擬レースで勝てなくなってしまいます。トレーナーさんは一時的に育成方針に悩みますがチケゾーの実直さを見て、今のままで良いと確信。全力全開な所がチケゾーの良さだったのです。その比喩として語られるのがクレープ屋の店長さん。チケゾーのお気に入りのお店だったのですが、マスコミで話題になりキッチンカーから店売りにまで発展すると、その味が劣化してしまったのです。それは店長さんが全力全開でなくなってしまったから。チケゾーの激励で目を覚ました店長は、美味しいクレープを作る熱情を取り戻したのでした。
    • ラストは夏合宿。チケゾーの暑苦しさが周囲のウマ娘に相乗効果を与えていきます。自分の小さな勝利にコダワリ姑息な手段で勝利しても業界全体は衰退してしまう。皆で切磋琢磨することで成長するんだ!ということをチケゾーが体現するのです。チケゾーと共に歩み力を引き出せるのはトレーナーさんだけ!二人のダービー道が始まります。

f:id:r20115:20210919205501j:plainf:id:r20115:20210919205436j:plain

f:id:r20115:20210919205432j:plainf:id:r20115:20210919205440j:plain

f:id:r20115:20210919205453j:plainf:id:r20115:20210919205457j:plain

関連